2018-10-17 16:43 | カテゴリ:霧丸の戯言
本当にこれで良かったのだろうか。

僕が言わば店の二番手になる事について。

前は散々、

「人間として下種な奴が社員で僕がバイトとか辛いわー」

とか馬鹿な事抜かしてたけどね、
いざ自分でやってみると、
覚える事たくさんで泣きたくなる。

あの時、了承しなきゃ良かったのか?

いや、それじゃあずっと制限されたままだ。

ああもう!

「あんな常識ない奴がいるからアニオタはダメって言われるんだ!僕がそれを違うって思わせてやる!!もう嘘つくのも辞めた!好きなアニメは忍たま乱太郎って言っても笑われないくらいの人間になってやる!!」

何抜かしてるんだ自分よ。

忍たま乱太郎(失笑)ごときでアニオタ気取りか?

こんな子供から相手にされずに腐れ女どもに媚び売って…枕営業してるような糞作品が好きな馬鹿が人の上に立つ?ふざけんなwww

現実見ろ現実www

僕にそんな力あるか?

ないだろう?

人の上に立つなんて出来るか?

出来ないだろう?

すぐにテンパる奴が何言ってるんだ?

身の程知らずも大概にしろよ藤沢霧丸さんよ!!




前いた社員は忍たま乱太郎(爆笑)みたいな糞アニメの信者じゃなくてみんなから愛されるような作品好きだったんだろ?

みんなそれぞれ好きなスポーツチームとか言ってる中で藤沢一人だけがそんなゴミ作品の信者?

情け無い情け無い情け無い情け無い情け無い情け無い情け無い



藤沢霧丸には、現実を見ずに、
やたらポジティブになる癖がある。
そして現実をみて藤沢は落ち込む。

それを藤沢は、自分でこう呼んでいる。

「忍たま乱太郎症候群」と。

アニオタであることを馬鹿にされたくない。
アニオタだってやるんだぞ!って言いたかった。

馬鹿だろ。


活力さえ奪えば僕はまた現実をみている人間になれる。

全ては打ち間違いで世界が変わった。

元に戻らねば。



藤沢を変えてしまった、
この目障りな忍者のアニメがとっとと消えることを願っている。

管理者のみに表示する