2018-09-15 02:16 | カテゴリ:追憶
僕たち集団の呼び名は「廃墟帝國」

まさに、死と生の交わりだ。


現に、この記録を書いている藤沢霧丸自体が、
過去に両親からのモラハラ・パワハラで「精神的に死んでいた」のだ。

それが、今こうして生きている。
「生き返った死人」として生前の記憶を求めて細々と。

「生前の本物の藤沢霧丸」という人間がどういう人間だったのかはわからない。
今解っているのは、

・好きなものは「乱太郎」。
・平成初版の防災の日に生まれた。
・両親の精神的攻撃によって、精神を殺された。
・肉体は生きていて、肉体は一人で、交通だけは無駄に便利な場所に住んでいる。
・不正等のまがったことは大嫌い、なんでもストレートに生きたい。でも自分勝手は嫌い。
・一度好きになると盲目になる
・同居人曰く、KYだけどYDK(笑)
・料理は割と好き

というくらいか。

まだまだ生前の藤沢霧丸についてはわからないことが多いけど、
少しづつ自分を取り戻していきたい。


過去に毒親に殺された記憶を持っている次男に、

目的の為に第三者を巻き込んでしまい、制裁として一度は死刑寸前だった三男。

そして今を生きる長女に王子。



廃墟がいずれは自然に帰っていったり、
新しい持ち主に買われて再生したり、
はたまた新しいものに生まれ変わったりと、

自分たちという廃墟がどうなるか。



それが、僕が進む道だろうと思っている。


管理者のみに表示する