2018-09-13 11:27 | カテゴリ:次男
次男に与えたチャロアイト。
どうもお気に召さなかったらしく、気が付いたら、アメトリンに戻っていた。

なんで戻ったのか聞いてみたら、
「諸事情」で名前が気に入らなかったのと、
水晶と違って浄化する力があまりないので、邪気を発散できないかららしい。

僕はとってもショックで、
折角水晶以外の同居人が増えたことと、
チャロアイトがきれいだったので不要になってしまって、
ショックだった。

王子もルチルだし、
水晶はもう要らないと思っていたし。


僕はそれを説明して、
次男に戻るよう説得したけど、
次男は断固拒否した。

じゃあ、そんなにいうなら、ずっと欲しがっていたラピスはどうかと聞いた。

三男はどうするんだって言われたから、
空っぽの予備のラピスに次男を移してみることにした。

結果・・・

・・・次男にラピスは合わなかった。


次男曰く、
コレじゃない感が強く、
力が強すぎるせいか、激しい頭痛や吐き気に襲われたという。

拒絶反応か?

結局、次男はアメトリンが落ち着くってことで、
アメトリンに宿った。

台風の中、
それだけを求めて御徒町に買いに行ったのを、
次男は知っているらしい。
その思いも大事にしたかったとか・・・


空っぽになったチャロアイトは、今回の事も踏まえて、
飾っておこう。いつかまた何か起きるかもしれない。

今回の件で、自分がラピスを追い出されるのではと、
三男が自分の領域にバリケードを張っているんだけど・・・

結局、当分はお前が唯一の非水晶だよ・・・
やっぱり先天的にラピスなのと後天的にラピスになるのは違うのだろうか・・・

ラピスは不思議な石だ・・・

管理者のみに表示する