2018-09-01 23:28 | カテゴリ:次男
よく頭が逝かれてる奴として、
僕と三男様が象徴的に書かれている廃墟帝國だが、
次男も相当なものだ。


次男は「寝とられ」という性癖がある。
ざっくり言ってしまえば
「好きな人がほかの男に犯されているのに興奮する」という困った性癖だ。

そのため、夢で知らない複数の男
(次男の知り合いと思わしき同年代~ちょい↑くらいのイケメソ。不細工やオッサンは容赦なくNGなようだ)に様々なシチュでズタボロにされる中、
次男らしき男が、そばで優雅にワインを啜っているという物をよく見ては良くも悪くも魘された物だ・・・
(そのたびに、おめーまたやったな!!っていってるが。。。)

最近は、長男という、
次男的には元自分の現他人という同居人である、
長男の存在は、次男的にはありがたい物だったのだろう。
(因みに僕は誰とも恋人の関係ではない)

長男には寝取られ癖はないが、誘拐・監禁癖はある。

だからこそ、最初は自由にさせ、
ターゲットである僕に近づける。

長男は、おそらく普通に僕に好意を抱くようだ。

そして長男にある誘拐・監禁癖は僕に向けられ、
僕が怖がったりするたびに、次男は満足する・・・という訳だ。

あまり外部からの連中を使えば、若干気がふれている三男が発狂して友人に危害が行くことになり、
いずれは自分も本格的に〇されてしまう・・・

しかし、同居人で、尚且つ三男も信頼している長男だったらどうだろう・・・

長女と三男様を気に入ったといって別の所に監禁したうえに、

僕を更に知らない場所に監禁して好き放題させ、
自分はその様子を、違うところで優雅に見ているとしたら・・・・

長男に監禁される度に、
次男だけは助けに来ないのも納得がいく。

この二人が元はグルだったとしたら・・・

まぁ、僕はそれで・・・癒される時もあるから、まぁたまにはいいと思ってるけど・・・


管理者のみに表示する