2018-09-01 17:42 | カテゴリ:精霊の事
気が付いたら長男に誘拐されていた。
長男が目を離した隙をついて次男の所へ逃げだした。

そしたら今度は次男のNTRを発症(?)して、
知り合い3人くらいに襲われかけるも、三男が次男と知り合いを刺して助けてくれる。

暫くいい雰囲気だったけど三男が突然発狂。
心中しようといって、馬乗りになってナイフで僕を刺そうとするも、
長女が後ろから椅子で三男を殴って気絶させる。

長女の家で過ごすも、誰が一番好きなのか聞かれ、
言えないといったら、お仕置きだと言われて大変な目に合うので姉御の元へ逃げ出す。

姉御とまったりした時間を過ごす。
大きな川のある普通の町。

姉御の家に帰ると、
先ほどのめんどくさい4人がリビングにいた。

どうやら、僕の誕生日を一緒に過ごすのは誰かで僕の争奪戦になっていたらしい。

ああもう。

お前ら全員めんどくさい。


素直におめでとうの一言で済ませればいいだろ・・・


はぁ・・・


9月1日・・・



僕、誕生日おめでとう。

管理者のみに表示する