2018-08-28 15:01 | カテゴリ:三男
まだ僕が未熟で非力なんだなぁ・・・って昨日の記事とか見てるとわかるわー
まぁ、一年未満なのに、びしっと決まるほうが難しいか・・・

でも、早めに安定できるようにしたい。
今のところ、長女と三男様は安定してるけど・・・

タルたま二人はまだ不安定なところがあるから、
それが課題ってことで。
(自分の命を投げたものの行く末とかは、マジっぽい・・・自殺は成功しても失敗してもよくないから気を付けよう)


しかし、オフショルダーが本当になんか好きじゃなくてね・・・
先日も、倉庫の仕事なのにオフショルで来てた人がいてさ、
まぁ職場もやさしかったから、服貸してあげたりしたけど・・・
なんていうか・・・本当にバカっぽく見えるから嫌いなんだよ。

といっても、三男様が懲りずにオフショルきてるから、
「いい加減にしろ!!頭悪そうに見えるから俺はオフショルは嫌いなんだ!!俺の前では着るな!!
次着てたら、容赦しない!二度とオフショルダーなんて着られなくなるか、潮江文次郎が好きなんて抜かせないようにしてやる!」
って強めにいって近くにあった潮江文次郎の絵を壁ドン状態で殴ったんだよ。

長女にも「三男にあんな馬鹿気た服を与えるな。バカは藤沢家には要らない」
って言ったんだよね。
長女は「えーかわいいじゃん・・・」っていってたし、
三男様は「わかりました。不快にさせてごめんなさい・・・」っていってたんだけど・・・


翌日、三男様を見ると、上下灰色のスエットを着ていた。
ダサいし、入院患者のように見える。

さらに翌日、三男様はなぜか、
お坊さんが着るような法衣を着ていた。
なんでそんなものを・・・

さらに翌日・・・
三男は富士山と歌舞伎の絵と意味が分からない漢字が書かれた
「観光に来た外国人」的な服装をしていた。

さらに翌日
「裸になって何が悪い」
っていう某元アイドルの迷言が書かれたTシャツをきていた。

さすがに僕は呆れて

「お前、どうしたんだよ・・・」

って聞いたら三男様は笑顔で
「霧丸さんがオフショルダー嫌いだっていうなら、今ある服を着てるんです。私、基本的にオフショルダー以外持ってないんで・・・」
なんていって、あとこんなのもあるんです・・・っていって、
腹巻にステテコにハゲヅラっていうどうみてもオッサンな服を持ってき始めて・・・・

「ああもうわかった!!好きなだけオフショルダーでもなんでも着てろ!!俺の負けだ!!」

仕方なく、オフショルダーを認めた。
本当にバカっぽいから嫌いなんだけど、
ここまで反骨精神が旺盛だと、もうどうでもよくなる。

「そうやって自分が嫌だからって他人にまでそれを押し付けるのは、パワハラですよ。
霧丸さんがオフショルダー嫌いでも、私は好きなんです。
親子の関係だろうと、他人は他人です。いくら親でも、子供は完全に支配はできないのですよ。
霧丸さんは毒親ならぬ毒術者になりたいんですか?」

毒親の元、親が嫌いなら子供も嫌いになるのが僕は当然だと思ってた。

何かに夢中になるのは悪だと教わっていたから、一時期は、
忍たまを見てしまったたびに、手に熱湯をかけたり、引っ掻いたって誤魔化せる程度の浅いリスカをしたりした。

それもそうだ。このままだと、僕は忍たまに夢中になる。
夢中になるのは悪だ。駄目だ。しかもこんな下品なものに・・・

毒親から産まれた子供は、
自分の子供にも同じことをしてしまう傾向がある。

それをどこで断ち切るか。

それが毒親の子供が成長するための試練だろう。




皮肉っぽく言われ、完全に折れた、霧丸であった。

管理者のみに表示する