2018-08-23 23:24 | カテゴリ:考察
先日のタル虐以降、考えることがある。

「反省はしているけど、後悔はしていない」

しいて言うなら、
人目にさらされるような環境でやってしまった事で他人を不快にさせてしまった事がよくなかったのであって、

虐待自体には、
なんでこんなむごいことを・・・とか
一ミリも後悔していない。


こんな発言を見て、
僕を外道だとか、鬼畜だと思った方は当然だし、
僕に失望したなら、それで結構だ。

どうぞ、Twitterでブロックするなり、
このブログを二度と見ないなりしてくれて結構。


確かに、僕の場合、
残虐だったのかもしれない。

でも、あの時、自分自身を作って虐待して、
無理に自分から劣等感やコンプレックス(僕の場合、忍たま乱太郎)を取り除こうとしたから、
本当に自分が好きなものって?幸福感とは?って疑問を解決できた。

だからこそ、この意見を言う。

僕は、タル虐について、
別にやるなとは言わない。

僕的に例えば、忍たまの土井先生が好きな腐女子が

「土井先生が大好きだから、自分だけの土井先生を作っちゃった(*´▽`*)」

的な目的で作る奴より、
自分と向き合って、自分が変わるために作ってる人の方が、
タルパづくりには向いてるし、共感できる。

(つーか↑の場合、
そんなに土井先生が好きなら、忍たまや落乱で土井先生が出る話でも見てろ。
二次創作なりなんなりやってろ。
あと好きなキャラをタルパにするのは、世界観やキャラの窃盗だとry)

だから、
どうしても困って、どうしても打開策が見当たらないなら、
やってみてもいいと思ってる。



ただ、これだけは守ってほしい。

・実際の人物やキャラがどんなに憎くても、その人やキャラをモデルにしない。
・モデルは人なら名前含めて自分そっくりにすること
・Twitterやブログ等の人目につく場所で公開しない(鍵垢などでやること!)
・その時に思ったことを殴り書きでいいからメモしていくと良い
・既にほかのタルパや人工精霊がいる場合、迷惑をかけないようにする
・悪化や体調不良を感じたら辞める
・実験目的や面白半分でやらない。
・何があっても自己責任
・最後はキチンとごめんね、ありがとうといって自分に返してあげる

とどのつまり、
自分の心というのは、自分でしか治せないものだ。

他人が治してくれる・・・

そう思う奴が、悪い医者に薬漬けにされたり、
悪い人に引っかかって犯罪に巻き込まれたりする。

未だに精神科には、
いきなり大量の投薬をしたり、反抗したりすれば、すぐに糖質認定する人もいるみたいだし・・・



自分でしか心が治せないなら、
いっそ、自分で憎い自分を気がすむまで叩き、
それで答えを出せばいいのではないか?

世の中、納得いかない事、
理不尽な事、たくさんあるけど、
表に出して爆発するくらいなら、
自分の中で無理に溜め込まないで処理する事もありだと思ってる。

「はいはい。辛かったね。可哀想だね・・・」

そんな同情だけでは、人は壁を乗り越えられない。

「自分自身とはいえ、虐待なんて最低!可哀想!!」

そんな綺麗ごとだけでは、自分は変えられない。
時には、汚れや汚臭まみれになってみることも、
人生必要である。



壁を乗り越えるためには、

「自分がなんで悩んでるんだろう」

「なんでこれがいけないのか」

「じゃあ、自分がどうだったらいいの?」

と、自分自身にも探究してみる必要がある。


「過去に酷い人がいた」

「〇〇って人が酷かった!!」

と、過去の事や人の事を語っても、何も解決しない。
過去や人の欠点を探して、そのせいにしてる時点では、
まだ、自分は悪くない・・・と、自分を正当化して、
自分自身と向き合っていない証拠だ。


もし自問自答でわからないなら、
自分自身を具現化し、自分を叩いてみればいい。
そこで、何かヒントが得られるかもしれない。


そこで僕が感じたのは、

自分自身を否定し続ける感覚は、
心の皮を、ピンセットで少しずつ剥いてゆくくらい痛くて、

血の涙を、静かに垂らしながら、
冷風にさらされ続ける、

痛い感覚しかなかった。


その痛みを経験したから、

僕は知った。



本当に僕が幸福を覚える事って何?

自分に素直になろう・・・と。

誰にも邪魔されず、
大好きな忍たまに囲まれて憧れの路線沿線の徒歩圏内で過ごし、
仕事終わりに忍たまを見ながら飲む酒が、
こんなに美味いと思ってたなんて・・・


自分でも、近くに幸福があったのに、わからなかった。

それを阻害してたのは、
自分自身への評価の低さと、
無駄な劣等感だった。




そして僕は、
いい人であることも辞め、

普段は保健委員のごとく、
困ってる人がいたらいいなりになっていたが、

Yes、Noをきちんと理由も含め、
無理なら無理と言えるようになった。気がする。

そこで知ったことが有意義なことなら、
その乗り越えた壁は波や風を避け、
自分自身を守るだろう。

その壁が自分を守ってくれる存在になるか、
はたまたさらに厄介な存在になるかは、
正直その人の気持ち次第だ。


ただ、何度も言うけど、
人に迷惑はかけるのはだめだからね!





ただ、僕は実験目的でタルパを生むことについては、
正直納得できない。
なんかモルモットみたいで可哀想だと思う。。。


管理者のみに表示する