2018-08-15 18:56 | カテゴリ:同居人の事
新人を作ろうとすると三男様に殺される話。

今日は、今までちょっと放置していた姉御(長男と依代チェンジして今、水晶)を同行させてみた。

ガーネットとかで作ろうとした新人が、
殺される(召喚しようとしたら突然できなくなっていたor死を感じる)ので
長男にボソッと聞いてみたら、奴には恐れている事があるそうだ。

それは、僕が蘭太郎という、本当に大事な石を使った新人を作ってしまうのではないかということ。

僕は元は、蘭太郎と名乗りたかったけど、
事情で名乗れなかった。

それを、僕が誕生石でもない、水晶でもない、
お気に入りの石を使った精霊を作ることで実現してしまったら、
自分の存在価値はどうなってしまうのだろう・・・

自分がボスで居られなくなるのではないか・・・

自分は何のために産まれてきたのか。

自分はどうなってしまうのか。

じゃあなんで自分に蘭太郎ってつけてくれなかったのか?
いや、つけていたとしても、猪名寺の方として扱わられても困るか・・・

ああもう意味が分からないから生まれてくる思念体を見つけたら全員殺しちゃえ!!


慰み者ですか?って言ってるけど、
慰み者になんてなりたくない!!

・・・って感じらしい。

完全にメンヘラだこれ・・・



まぁぶっちゃけ、自分が蘭太郎を名乗れなかったから霧丸をこうして名乗ってるわけだけど、
蘭太郎っていう名前の精霊はいないし、
作ろうとしたけど、忍たまと混合しそうだから辞めた。
(僕は版権物は反対派だから。。。)

それこそほんとに、
現実と精神世界の境界が崩れそうで怖い。

つーか、名前のバランスが悪いし、
本当にそれこそ慰み者だろ・・・

つーか、ぶっちゃけ5人でいいと思ってるし、
僕もたくさん作っても容量オーバーになるし・・・


まぁ、やり方は荒いけど、雑念を追っ払ってくれたってことで、
彼に感謝すべきか?


管理者のみに表示する