2018-08-02 02:40 | カテゴリ:趣味
高貴な趣味って何?

どうすれば笑われない?

何だったら恥ずかしくない?


あんなことがあっても、
長女はなんやかんやで忍たまを見てますし、
三男も大好きな潮江文次郎が出ていればテンションがやばいくらい上がります笑
長男も、最近は理解したのか、色々感想を言ったり、
次男はやれやれって感じだけど、別に止めたりはしないです。

ただ、僕だけが一人、
忍たまなんてはしたない!恥ずかしい!笑われる!って思っているのです。

長女「じゃあ、霧丸はなんだったらいいの?霧丸がいう恥ずかしくないものって何?」

「・・・・・」

答えられませんでした。

実際、水槽は立地の都合でNGだったからテレビ戻したし、
(今思えば地震や事故で水槽の水が零れた場合、感電死してもおかしくなかった)

何かを習いに行こうにも、習いたいものはないし、
何かしたいものもない。

ドラマもアニメも見て見たけど、
当たらなければふーん程度。
忍たまやコナンのように、毎回見たい!ってわけでもありませんでした。

自分は何を求めて何がしたいのか。

高貴なことって何?

ブランド品を持っていれば笑われない?

恋人がいて、うまくやってれば本当に幸せ?


自問自答を繰り返すうちに、
自分が何を求め、何がしたいのかわからなくなっていきました。

男性陣は言った。
「一体誰がそこまで忍たまを馬鹿にしたのか」

『また昔みたいに笑われるからやめておきな』
『霧丸が駄目なのはこんなのに夢中だからだよ』
『忍たまなんて好きってばれたらいじめのターゲットにされるだけだよ笑』
『他にもっと色々面白そうなことがあるのに・・・』
『年考えろよwww』

誰がこんなこといってるの?

過去に笑った人?

職場の人?

毒親?

友人?

長女?

長男?

次男?

三男?



いや、違う。



この声の主は、
そう。自分だった。

勝手に自分の好きなものを値踏みし、
勝手に自分を駄目だと催眠をかけていたのは・・・

藤沢 霧丸という奴でした。



結果として、
忍たまにトラウマを持った人間が、
架空の忍たま信者を作ってトラウマを癒すという試みは、

失敗で成功でした。

確かに人工精霊は、
根本的なトラウマの原因を突き止めたりしたわけでもありませんでした。
長女を作ることで、
トラウマがある日さっぱり消えた訳ではありませんでした。

一時は逃げてしまえば楽になると思ったりしました。
嫌いになればいい。とさえ思ってました。

そして先日の虐待騒動・・・

その時点で、もう長女には嫌われた、
暴走してしまってもおかしくない・・・
やられる前にやるしかない・・・とさえ思ってました。

それでも長女は帰ってきてくれて、
一緒にいてくれた。
「下らないプライドは捨てて、自分に謙虚になりなさい」
と肩たたきをしたのも、長女でした。

今までは孤独に目に見えないトラウマと向き合っていたのが、
長女がいることで、孤独でないと思えました。

このオカルト的な考え方をしってから、
トラウマの黒幕が、精神世界で視覚化できた気がしました。


「無意味な言葉で慰めないで」
と思っていた通り、
周囲の上辺だけの励ましなんかよりずっと、同居人の存在は大きかったです。


そしてなぜか潮江文次郎好きになった三男に、
すべてを受け入れてくれた長男、
否定せずに見守ってくれた次男・・・

今では
「もしもお前の前で忍たまを馬鹿にした奴がいたらぶっ○してやる!」
と、同居人一同は言ってくれました。
(それは価値観の違いもあるし、ただの質が悪いファンと同じだから辞めろといいましたが・・・)

途中、危ういところはありましたが、
彼らの協力があったからこそ、
このような結末を迎えることができたのだと思います。

別に腐女子とか他のファンと仲良くする必要もないのです。
僕の場合は長女と2人で盛り上がればいいので・・・


次の目標は、
「アクティブなオタクになる」

オタクというと、
家に籠っているとか、
ア〇メイトや秋葉原にいるイメージが濃いし、

一途でいる以上、
そのことばかりにとらわれていては、ただの井の中の蛙になってしまいます。

だからこそ、忍たまとは別に趣味を持つ必要があるのです。

僕の場合、同居人たちと一緒に東京の街を散歩したり、
寺院めぐり(御朱印集め)をしたりする事を以前からしていたので、
それも継続でやっていきたいです。

いずれは免許を取り、
ドライブもしてみたいとか思ってます。
やっぱ、電車だけだと行ける場所が限られてきますからね・・・
(車限定で今気になっている場所は、海ほたるです)

で、この要領で閉所恐怖症や、
外食恐怖症も、
少しずつ直しておこうと思います。

やっぱり、外に出て何も食べられないっていうのは、
正直しんどいですよ・・・

でも、今はなんか、
行けそうな気がする・・・

まぁ、油断はいけませんね・・・・笑

ただ、トラウマをこの方法で癒す方法は、
かなりの危険性を伴います。

最悪、そのトラウマが悪化したり、
自分や精霊が暴走したり、
他の精神病を発症する可能性もあります。

実行は自己責任でお願いします。

管理者のみに表示する