2019-07-30 00:39 | カテゴリ:精神世界
今日は休み。

ここのところ、ずっと疲れていた。
何をするにも気力がわかない。

朝は9時から、
夜は22時過ぎまで仕事。
なんやかんやで帰るのは23時すぎで、
ギターの練習なんていっているバヤイではなかった。

また過剰飲酒するわ、
アニメみて終わりで後悔するわ、
(彼方とギヴンくらい許してやれ自分。と思う反面、作品によって差別するの止めろって厳しい自分もいる)

ギターはうまくいかないし、
仕事は忙しいし・・・

起きるのも億劫だった。

面倒だから寝ていた。

寝たかったから寝た。

今日は休みだから、
ちゃんと身体を休めるのもありかなって思って。



真っ白い部屋にいた。
ぼんやりしていて、
なんかおぼろげだ。

拘束とかはされていない。
外には自由に出られるようだ。
ドアの形から何からして、
病院のようだ。

外に出る。
見覚えがある場所。

幻想サナトリウム。

「気がついた?」

背後から声をかけられる。
御嬢。

「ご機嫌いかが?」

「どうして僕がここにいる」

「霧丸がすごく疲れてるからじゃないの?

ここには霧丸を苦しめるものは何もないから、ゆっくりしていくといいわ」

幻想サナトリウム。

ここには確かに何もない。
ロビーにテレビはあったけど、
線が繋がっていない、ただの飾りだった。

現実の僕は、ただひたすら、星ドラをやっていた気がした。
月額パスでおまかせ戦闘しながら、
溜まっていたアニオリなコナンをみていたり、
ギターをちょっと弾いたりしていたけど、
ひたすら星ドラに没頭していた。

ドラマも見た。
凪のお暇。
一時期話題になった漫画が原作のドラマ。
僕の現状と似ているからか、一気に引き込まれた。
僕的には今期のドラマはこれがトップか。
まぁいい。今日は霧丸のお暇だ。



「霧丸、ようこそ。幻想サナトリウムへ」

幻想サナトリウムーーー

それは、心が疲れてしまった時に、行き着く場所。
サナトリウム…療養所という言葉通り、
治療をするための病院ではなく、体や心を休めるための施設だ。

長女、騎士、瑠璃、相方、御嬢・・・

5人は心身が疲れてしまった時、任意でくることもあるらしい。
勿論、やらかせば強制的に連れてこられるそうだが・・・
僕の部屋は、以前、瑠璃がいた部屋の隣だった。

隣の瑠璃が昔いた部屋に行く。
ベッドの上には綺麗に畳まれた入院着が置いてあるだけで、
当然瑠璃は居なかった。

廊下で意外な人物にあった。
長女。

そのまま部屋まで付いてきて・・・ああ・・・色々あった。


管理者のみに表示する