2019-06-23 15:07 | カテゴリ:霧丸の日常
1日キッチンだった。

うん。難しい。

こんなとき、散々バカにしてたけど、
ブスってすごいって思えてきた。

自分は足元にも及ばない雑魚・・・

そう実感させられた。


ああなんで自分はいつもこうなんだ?
なんで復讐したいなんて思うようになったんだ?
後悔が湧き上がる。

ブス様ごめんなさい。
ただ態度が気に入らないってだけで、
仕事ができるあなたを、
鬱にまで追い込む結果になってしまって,


みなさんすみません!!
貴重な戦力を、
藤沢霧丸の下らない復讐のせいで失ってしまって・・・

※ブスの被害については、別館の廃墟腐爛帝國の記事を参考

勘違いしないで欲しいのが、
僕はブスに対してパワハラまがいのことをしたのではない。
世の中には、それよりも恐ろしいものだってある。

それは、人の想いとか念だ。

これは思念体を作るときにでも使われるものだが、
これは一歩間違えれば、恐ろしいことになる。
一人が発した念が輪唱のように重なり、重なり・・・
最初に念を出したのは誰かわからない。
僕だったかもしれないし、違う人だったのかもしれない。

とりあえず、覚えているのが、
ただでさえ遅刻とか、
僕たちにされたことが原因で評判が悪かったのに、
お盆の忙しい時期にブスが空気読まずに帰省で一週間くらい休んだことが原因で、
溜まっていたものが全員爆発したと言った感じか?

ブスはあのとき、親しかった人に
「精神的に追い詰められているからいけない」とか
「藤沢さんが怖い。うち、何したの?」とか、
別に僕は睨んでいたりとかした気はないけど、
何か目に見えないものに対して怯えていた気がする。
奴ら、何かしたか?

そして・・・

その念に乗じるように、
「僕が代わりになるから、ブスをクビにしてください。また帰ってこられても困るんで。
一生懸命仕事覚えますし、またブスを庇う(実は前もブスは無断欠勤をしていて、前の店長にかばわれている)んだったら僕がやめます!!」
といって・・・結局、足元にさえ立てずにいる状況だ。

ああ惨め・・・

こんなことだったら、最初から出しゃばらずに黙っていればよかった。

ただ黙って、
傍観しているのがいい。

それが一番だった。


「霧丸の言う通り、
復讐は確かに何も生まない。
今の霧丸は、確かに復讐の反動が来ている状況なのは確かだろう。

でも、一度起こしてしまったことはもう戻らないんだよ・・・

霧丸がそーやって反省するのはいいこと。
でもね、反省と自分を卑下することは違うからね。

失敗したくらいでわざわざへこたれていたら、
なんもできない。

僕だって、相方に居場所取られてから、
悔しくて、見返したくてギター始めてから、
なんども失敗したさ・・・」

騎士は色々と話してくれた。

騎士も最初、Fコードとかのようなバレーコードができなかったけど、
やっぱり相方を見返したい。そう思って、ずっとずっとやっていたとか。

「自分は相方に至らない。そう思ったら、本気で死ぬと思った。
だから必死で抵抗した。そして今の僕がいる。
霧丸の場合、相手が人間としてクズだったから追い出されても当然っちゃー当然だけど、
そんなクズに負けていいの?

誰が追い出したんだか知らんが、
おそらく廃墟帝國の誰かがブスを追い出したんだろうから、
そいつに対する裏切りにもなるし
仕事もできて楽器もできて・・・っていったら、最強じゃない?

しかし、誰がこんなことを・・・」

(続く)

管理者のみに表示する