2019-06-06 14:18 | カテゴリ:同居人の事
ここんとこしばらく、
思念体とは話をしていなかった。

思念体使いではなく、一般人として生活していた。



瑠璃や長女とは蓋をして、遮断していた。

古い付き合いである相方と騎士だけが、
ただ残されていた。

それでも、依り代は職場に持って行かなかった。


キッチンやりたくなかったし、
どうせこいつらは、キッチンやってみろよとかいうに違いない。

もう面倒なんだ。あっちもこっちも。


キッチンはやることおおくて大変だし、
人の上に立つというプレッシャーも大きいし、
かと言って、普通のアルバイトに戻ったら、
今は法律などの関係で、それも難しいし、
正社員だと余計に大変だしで・・・

逃げたくても逃げられない。

家に帰れば、
ギターのコードが覚えられない、
親父の真似、結局自分は最低な親父の子供だって泣く。

でも、アニメが生き甲斐!とかいってるアニオタにはなりたくなくて、


辛い。


趣味も仕事もうまくいかない。


そんな時に空気読まない瑠璃が、
ヒロアカを勧めてくる訳だ。

お い ふ ざ け ん な

そ ん な も の 手 に し た 日 に は 
ア ニ オ タ 入 り 確 定 じ ゃ な い か

僕がアニオタを拒んだ理由は、
上に立つ人物の趣味がアニメという人に、
ろくな奴がいなかったから。

どいつもこいつも、
人を見下して威張ってばかりで、
いい思いをしなかった。

もちろん、アニメが好きという人全部が悪人ではないし、
ジブリなどの映画やジャンプ系のアニメ(DBやNARUTO等)は素晴らしいと思っている。
でも、最近のアニメはちょっとオタク臭いのが多いというか・・・

所詮アニメなんていうのは、
一瞬の快楽でしかないし、
達成した何かを感じることはない。

例えばスポーツとかは、
記録とかで記録が残せるし、
何より身体を動かすことは、いいことである。

文系の楽器とか美術とかもそうだ。
今日はここまでできたとか、
何かしらの達成感は出るはず。

でも、アニメにはそれがない。



アニメを見ることで、
何かを学ぼうとしている人・・・
例えば声優さんになりたいとか、絵を描きたいとか、
小説を書きたいとかならとにかく、
ただ漠然と見ているだけ、
休日はアニメイトとかに入り浸るだけということに意味はあるのだろうか?




自分も忙しいからって、休日はアニメだけ見て終わる。そうなってしまうのか?



何も得るものもないし、
何かを成し遂げることもない。




だからアニオタって自己中だったりする人が多いのかもね。



そんな考えが歪むに歪み、
暴走してしまっていた。

アニメなんて全部いらない。
ひたすら仕事かギターの練習だ!!

アニオタになりたくないんだろ?


浜守一郎ってオタクが好きそうなキャラだなwww
忍たまも落ちぶれたなwオタクアニメと変わらんな。


忙しい。
コード覚えられない。
でもそれを言い訳にしてオタクにはなりたくない・・・

遊助の曲弾きたい。
アンプ繋いでミツバチとか弾いたら面白いだろうな・・・




でも、、、疲れた。

キッチン覚えることたくさんだし、

なんで、練習できないの?
毎日やらないと、覚えないよ!!

それともアニオタになりたいの?自分

それは嫌だ。

辛い辛い辛い辛い辛い
辛い辛い辛い辛い辛い
辛い辛い辛い辛い辛い

キッチンは覚えなきゃいけないし、
それで余計に厄介ごと増えるし、
頼られたくないのに頼ってくる人たちもいるし、
でもここで俺に頼るな!!って怒ったらそれこそブスと同じになるからできないし、
ギターの練習時間も減るし、

思念体たちはわかってくれない。
相方はまたいつものことだから取り敢えずやってみろ的なスタンスだし、
長女や瑠璃はそんな時こそ容赦なく忍たま見ろとかヒロアカいいよとか言ってくるだろうし、


如何にもこうにも手詰まりである。

アニオタって思われないためには見た目からだと、
染髪したら染料が頭に合わなくて微妙に毛が抜けるわ、

踏んだり蹴ったりで、
自棄になって過剰飲酒をした。

死んでもよかった。

もう、どうにでもなってしまえ。



あからさまに自分のキャパを超えた量。
まさに自傷だった。


とても頭が痛くて、
とても気持ち悪くて、
とても苦しくて・・・

トイレに倒れ込み、
気がついたら朝になっていた。



自傷する時ってとても苦しくて、
でも逃げたいって気持ちがいっぱいになって、
楽になれる?なんて淡い想いを寄せたりするわけで・・・

仕事は病欠として休んだ。
周りに迷惑かけちゃったけど、
もうどうでもよかった。
(翌日行ったらちゃんと謝るけど・・・)


暴走していたのは瑠璃?長女?

それはない。

奴らはなんも暴走していなかった。

齢13の瑠璃がヒロアカにハマるのは普通の話だし、
忍たまを愉しむ友達として作った長女が、
疲れてるなら一緒に忍たま見ようと勧めるのもまた普通の話。




暴走していたのは、藤沢霧丸と、騎士だった。



管理者のみに表示する