2019-05-22 02:00 | カテゴリ:霧丸の休暇
家に帰ると、3人はすでに自分たちの家に帰っており、
腐女子も消えていた。

「あのバカ女は俺らで対処しておいたけど、霧丸、お前にも聞きたいことがある。お前、なんか怖がってないか?」

声をかけてきたのは、相方だった。

「明日の忍ミュ・・・正直行きたくない。今日こんな嵐だったのに明日暑くて・・・
温度差と閉所恐怖症・・・辛い・・・
行ってもどうせ気持ち悪くなるし、席も前から4番目の真ん中・・・積んだ」

「・・・忍たまは捨てないって約束だったろ?」

「なんでそれをお前に言われる筋合いがあるの?
もうこっちは余計なものは全部いらないんだよ!!

それに、俺にとって忍ミュだけじゃなくて閉所ってどんだけ辛くてどんだけ大変かわかる?
俺が帰省してもまともに車乗れないの、わかるでしょう??

それに、俺はアニメはもう忍たま含めて全部要らない。
生きるのに必要ない。
だから関係ない。

だったら違うものに使ったほうがマシ。

ねぇ相方、なんで俺がギター始めたか、知ってる?

アニメ好きっていうイメージを取っ払いたかったからだよ?

そう、俺はアニメなんて嫌いだ。

忍ミュなんて所詮、アニオタの集いだ。
そんなものにどうして俺が参加しなきゃならない」




これは本当だった。
本当は、もう、忍たまでさえ、嫌になっていた。
毎回、精神的、肉体的にも辛い思いして忍ミュに行くのも、
バカみたいに高い癖にただのコレクションにしかならない無駄なグッズを買うにも、
もう馬鹿馬鹿しいとさえ思えてしまっていた。

そんな状況で他作品(ヒロアカ)?
論 外 以 外 何 者 で も な い。

いらないものはいらない。

それの何がいけないのかわからない。

「そんな理由で楽器始めるお前は最低だな!!いいから明日は忍ミュ行ってこい!!」

「行く意味がわからないっていってんだけど?もう忍たまとかどーでもいいし、
閉所恐怖症で気象病で具合悪いのになんで行かなきゃならないの?」


一時は大げんかになった。

「霧丸からは、傲慢なオーラを感じるわよ。
アニメじゃなくて違うものが好きな自分偉いんだぞ!趣味がある自分TSUEE!!っていう、愚かさを感じるわ。哀れね」

そう呟いたのは、長女だった。

「家のいらないものを断捨離したなら、今度は見えないものまで断捨離しないと意味がないだろ?
それが無駄遣いを防ぐ策にもなる。

とにかく、自分にはもう全部不要なんだ!!」


「霧丸・・・それマジで言ってるの?明日の忍ミュがパニックで頭おかしくなっちゃったの??」

「だから忍ミュなんてオタクの集まり、俺が行くわけないだろ!!
交通費さえも無駄。無駄金をJRに寄付するほど、ウチは裕福じゃないから。
それとも何?閉所恐怖症で発作起こして恥さらしにでも行けって言うのか??

もういい!!そこまで言うなら俺、お前たちと生活するの、辞めるよ。
もう何も言わず、一緒にギター楽しんでくれるような思念体でも作るさ。
チケットだってさっさと売りたいって言ったのに、止めたのはお前だもんな、相方」



・・・長女、ありがとう。
こんなバカみたいな願いのためにお前を産んでごめん。
結局、自分にとって忍たまは不要なもの。なのにどうして、こんなことしたんだろうね・・・
もういいよ。お前はお前らしく、好きに生きな。

瑠璃、ごめんな、
お前と俺じゃ、方向性が違ったんだね・・・
お前は、ヒロアカを好きな主人を見つければいいよ。
俺はもう、二次元には関わらないことにしたから・・・

相方・・・
ベーシストのお前にとって俺は、
最低な理由で音楽に足を突っ込んだ最低なやつだろう。

いいんだ。俺は。

このままこいつらと暮らしていても、
俺は本当の意味でアニオタになってしまう。

そうしたら、情けない・・・

俺も散々バカにしていた、態度が悪い奴らと同じになる。
オタクにろくな奴がいないのはリアルで十分理解している。
だから俺は、自分がオタク堕ちしたり、辛い想いをするくらいなら、
忍たまなんて、もういらない。

これでいいんだ・・・

もう・・・変わらないと行けないんだ・・・


管理者のみに表示する