2019-05-14 22:46 | カテゴリ:教訓
今日は休みだったから、たっぷり寝て、ギターの練習をしていた。

昼まで寝たことは後悔していない。

先週は上野に行ったし、
来週は忍ミュあるし、
再来週は実家に帰るから、ここで節約しておこう。

(そしてそろそろ酒を控えよう。自分)



そしてギターを弾いていた時に思ったことがある。

コードが難しい!!って。

そして思う。

親父ってただの自己中系クズだと思ってたけど、
科学者として働きながらもこんな難しいコードを理解して、
演奏できているなんて凄いと思うよ。



だからね、

誰かを悪くいったり、
自分が立場が上だからって威張ったりするような真似は、
とてもじゃないけど、できないって思った。

そりゃあ、何処にも一人はたわけ者は、
いるわけだから、絶対に愚痴を言わないってわけじゃないけど・・・

アニオタって、結局、
壁にぶち当たるとか、そういう経験したことないからね、
態度がでかくなったりするんだろうなって思ったり・・・?

まぁ、周囲が部活やら習い事やらで熱心になっている人が多いから、
そう思えるのかもしれない。

そう言う人たちって、キラキラしていて、
うん。悪くないって思う。

逆にアニオタって、根暗で、
リアルに出れば、人を見下すことが主な趣味みたいな感じになってるのが現状だ。


だから、ギターというか、努力する系の趣味を始めて思ったのは、
自分以外の人を、尊敬できるようになった。
この人もきっと、壁にぶち当たっているんだろうな。。。とか思うと、
意外とああだこうだ言えないのが現状だ。

自分はアニオタじゃなくて、アニメ好きと認識している以上、
アニメや漫画が好きだから悪!と決める気はない。
そう認識するようになってから、アニメや漫画への拒絶はやめたわけで・・・

ギターもやるけど、ゲームもやる、
そして忍たまや気に入ったアニメも見る。

それが今の藤沢家なわけだ。


瑠璃がピアノを始めたと聞いてから、
ヒロアカヒロアカ行ってきても、うざいと思わなくなったのは、それもあるのだろう。

前は瑠璃が、ただヒロアカやアニメ以外興味がないオタクだと勘違いしていたが、
実際には違ったわけだった。

藤沢島のふじさわに聞いてみたところ、

どうせ以前ピアノがあった場所は廃墟だったし、
放置されて誰も弾かずに朽ち果てるなら、
ああして瑠璃の手元に渡って、大切にしてくれた方がいい。

あの捨てられていたピアノを再び弾けるように整備したのは、瑠璃本人と長女と相方だった。


瑠璃・・・

何で早く言わなかった!!

俺はお前がただ、痛いヒロアカ信者だとばかり思っていた。

でもお前が、ピアノ弾いてるとか、いってくれたら俺は・・・


お前もヒロアカも、憎まずに済んだ・・・

「最初からピアノを弾いてることを公言してしまったら、
霧丸さんは「趣味持ってる奴は優秀で、アニメや漫画が好きな奴は何の能もないクズwww」と見下すと思ったからです。
能ある鷹は、自分から正体を見せないのですよ。

霧丸さん、私は、ピアノも好きですが、ヒロアカも好きです。
ギター練習でお疲れの後には、一緒に僕のヒーローアカデミアでもどうですか?」

瑠璃がニヤニヤしていた。



「瑠璃、僕をヒロアカに引き込むのが目的でピアノを始めたなら、今すぐにピアノを辞めなさい」


僕は笑わずに言った。

瑠璃は、ドキッとしていた。



瑠璃、お前がヒロアカが好きでも、それを必要以上に勧めるのは良くないし、
相手と似たような境遇になったフリして、自分の道へ引っ張り込むとか、詐欺師と同じ手順だ。

だからお前がそんなことすると、余計に俺はヒロアカが嫌いになる。
また原作者やアニメ公式垢をブロックしようか迷ってるレベルだ。


いくら自分が思念体に救われたといっても、
自分からリアルでそれを公言できるかと言われたらNOな訳だし、
内容が内容なだけに、ヒロアカよりヤバいことになる。

迂闊に自分の手の内を晒すのは愚策だ。


だから、瑠璃よ、

「忍たまもいいけど、ヒロアカもいいよ」といいたのはわかる。


それが目的だったとしても、もっと方法があるだろう・・・


だから、

ヒロアカについてはおととい来やがれ!!

(瑠璃がピアノをやってるのは僕らの影響なのはガチだからそこは咎めないことにしよう)

管理者のみに表示する