2019-05-02 14:10 | カテゴリ:霧丸の戯言
あ、気がつけば令和になってた笑



先月買った、2つ目のギタースタンド。
これはしばらくは、実際のギターなりベースなりが置かれることはないだろう。
最初は今月、急ぎで買ってこようと思っていたけど、
その必要はなくなった。

空のスタンドだけど、それを置いておくと、
相方がいるときは霊体のベースを置いてくれている時もあって、
瑠璃のヒロアカ(笑)と並んで、相方の固有の持ち物って感じになっている。
相方の綺麗な低音を聞くと、癒されるというか、落ち着く。




急いでいた理由は、やっぱり家族の中で僕だけが他の家族の真似をしているという劣等感が強かったから。


家族の中で、僕がオリジナルだと思っているものは、
忍たま乱太郎。ただそれだけ。

そう、俺は人真似しか能がない、愚かなアニオタ。

「霧丸、家族っていう狭い檻に囚われすぎ。霧丸は霧丸なんだからいいじゃん」

そういってくれた長女は優しくて、本当に頼もしい。

「瑠璃も言ってたけど、お父さんは余命3ヶ月とかじゃないんでしょ?だったら焦らないでいいじゃん。基礎練も兼ねてるんだし」

・・・

「霧丸が瑠璃にヒロアカは嫌い!僕には忍たまがある!って言ったのは評価できるけど、
だからっていって、逃げるのは良くないよ。
お父さんと被ってるから何?
やるなとは言わないけど、慌てちゃダメっていってるの。

そんなに家族とかぶるのが嫌だったら、昔やってたって言ってた鍵盤楽器にでもすればいいじゃない」


「それは職場のバイトの子でもやってる人いるし・・・」

「そうやって、理由つけて何もしないなら、前みたいにスカスカな萌えアニメでも見ていれば?
職場でも実家でもアニメ好きは霧丸だけだからいいじゃん。やったね!

でも、好きなアニメ聞かれても忍たま乱太郎とか名探偵コナンとかバンドリとか答えるのは辞めてね。
あたしはコナンも忍たまもバンドリも好きだけど、そんな人と同じだって思われたくないし、乱太郎やコナンくんたちに失礼だから」

長女にまでそんなことを言われてしまった。


管理者のみに表示する