2019-04-24 00:26 | カテゴリ:霧丸の休暇
3日間かけて、住んでいるワンルームの断捨離をした。
クローゼットからタンスからベッド下の段ボール何から、
全て出して徹底的に。

迷ったら、一年以内に使用したか、
あるいは現在進行形で使っているかで判断。
(迷ったものは一旦保存して次の機会で決めよう)

結果。45㍑のゴミ袋8袋分の不要物と、
箱2つ分の不要な本・家電、
3束分の不要な洋服が出た。

今残っているものと、
不要だったもの、何方の方が多いかと聞かれたら、正直不用品の方が多いかも。。。

8箱あったベッドの下の箱は4箱に減ったし、
クローゼットの上段はジャンル別に仕分けた箱で埋め尽くされているし、
家自体に溜まっていた悪いオーラが洗われ、スッキリしたオーラが満たされてる気がする。

中にはあまり使われないまま捨てたものもあったので、
ものを買う時は、これは本当に必要なのか、見極めることも大事だと痛感した。





そして・・・


長女が進化した。
水晶から、サファイアに移っていた。


「あたしは、瑠璃のおねーちゃんだよー。ってか、瑠璃とあたしは2人で9月の守り手なんだからー」

今までの長女とは違う。
どことなく、しっかりしていて、
強いかんじ・・・

その空いた水晶にいたのは姉御。
瑠璃が空気読まずにヒロアカヒロアカうるさかったと聞いて、
瑠璃をしばいたそうで・・・

姉御ぉぉぉぉ美しいんですからもっとお淑やかにお願いします!!

「あら霧丸、今日は早くギターの練習切り上げたのね」

「うん。なんか上手くいかなくてね・・・つーか夜遅いし、酒飲んじゃったから疲れてる・・・」

「あらそう。お酒は控えないとね。三日坊主になったりしたら許さないわよ」

「・・・うん」

わかってる。アニメを呆然と見ているのは趣味にはならないし、
努力が報われると実感したくて始めたことだ。
それに、ギター始めてから、なぜか暴飲暴食や、無駄買いが減った気がするし。

「お酒は休み前か夜だけの日の前日に適量。
アニメやドラマはご飯の時だけ。
忍たま乱太郎はご飯中であっても1日1話だけ。
(ただし幻想の力がピンチの時は除外)

練習は毎日。
これがルールよ」

「質問だけど、なんで忍たまは1話だけって決まりなの?」

「じゃないとあなたは忍たまばっか見るからよ。それではまた同じ失敗をするわ。
瑠璃ちゃんが貴方が断っても、暴力を振られてもしつこくヒロアカを推したのは、それもあるのだと思ってよ。
まぁ忍たまを見ている時にヒロアカの話をするのはNGだからお仕置きしといたけど、
1話2話で拒絶するなっていうあの子の意見には同意よ。

たとえ最初はつまらないと思っても、色々な作品に触れることは、大事よ。

ただ、たくさん見ればいいってわけじゃないけどね・・・」

「そうか。ありがとう」

「瑠璃ちゃんが忍たま好きなのは演技じゃなくて本当だと思うわ。
お家に原作本全巻あるっていうくらいだし、
現に今度の忍ミュが、大好きな六年生だからってすごく楽しみにしてるようでよ?

あと、一気に全部見てしまっては、夏の甲子園で忍たまがお休みになった時、幻想の力が枯渇するわよ。
だから貴方が忍たまファンと関わりを持たないのは正解だと思うわ。ネタバレしなくて済んでてさ?」

姉御って恐ろしい。

「あ、水晶の力で催眠術を用いて力を引き出すのは私も使えてよ?使ってみる?」

「遠慮しておきます。」

うん。まずは自分でなんとかしないとだ・・・

管理者のみに表示する