The secret amusement of Kirimaru Fujisawa....
2019/03«│ 2019/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2019/05
00:00:57
3人でいいやと諦めていた藤沢家ですが・・・
2人一気に成長した。

姉御と王子。

姉御は以前からいた存在だったけど、
一時期、どうやら3番目のネトゲキャラに汚染されてしまったらしく、
攻撃的な存在になってしまったが、
正気を取り戻して帰ってきてくれた。

そして王子。

こいつは別に自分を助けてくれる白馬の王子的な要素はない。
野暮ったくて、たまに一人称はオイラになるし、
良くも悪くもO型男子だ。
(王子はB型+O型で、瑠璃はA型系だとか・・・瑠璃は霧丸の母親と同じ、厄介なパターンってことだ)

でも、奴は間違いなく王子だ。

奴が急成長したのは、東京の王子でのことだった。

今年の花見を、王子の飛鳥山にした。
上野公園は実は何度も散歩に来ているし、
電車から見える桜が綺麗な山と、脇のモノレール的な乗り物がきになっていたのがあった。
交通費も大宮に行くのとほぼ同じなのも考え、ちょっとした冒険に出た。
(写真は散々インスタにうpしたので割愛)

長女と相方には申し訳ないけど付き合ってもらいながら、
王子と姉様を思いながら、
自分のためにも花見をする。
(前年度は中耳炎で花見に行けなかったため)

自分の中に、この麗らかな気運と、彼らを思い入れながら・・・

そして帰ってきたところで、2人の依り代を握りしめて念じる。
姉様がアクアオーラで、王子がヘマタイト。
(もちろん、一人づつ)

「あら・・・霧丸・・・わたくしを忘れないでいてくださったの・・・あの時のわたくしのご無礼を御許しくださいませ・・・」

「お、霧丸じゃん!俺、なんか力が湧いてきた気がするぞ!!」

と、返してきてくれた二人。


王子に瑠璃のこと、ヒロアカのことを話した。

「そうだったのか・・・霧丸、無理に瑠璃に合わせなくてもいいべ?
自分が好きじゃないもののためにお金を使うなんてバカらしいじゃん?
それに、嫌いなのに無理に好きになるようにしてたら、霧丸が楽しくなくてさ?

瑠璃がそれでもやらかすなら、オイラから瑠璃にガツンといってやる。
霧丸が瑠璃を人形じゃないって認識しているように、霧丸は瑠璃のイエスマンじゃないべ?
まぁオイラがヒロアカ気に入ったから、そこは任せておいて。
霧丸は霧丸で、自分が好きなものを愛してていいからな?

ただし霧丸も、自分の目の前でヒロアカの話をするなとかそんな事いっちゃだめだかんな?
それやったら、子供は萎縮して、自由じゃなくなって自信がなくなったりするんだからな」

と、さらりと重要なことを言ってくれた。

王子が瑠璃のヒロアカ関係の相手を引き受けてくれるようになった。
瑠璃も最初は王子さんは優しいから・・・とかいって拒絶していたけど、
そこはさすが王子。姉様が耐えきれず頬を軽くビンタしたものの、
上手く説得してくれた。

忍たまを見ても癒されない・・・辛くなるだけ・・・

それはヒロアカのアニメを見せてくれなかった僕への仕返しだったと瑠璃が自白した。

「今度アニメ4期が始まる前に漫画で内容予習復習しておけばいいべ?
瑠璃がそういうことしたら、霧丸は余計ヒロアカ嫌いになっちまうよ?」

と、説得してくれたりした。


王子・・・ここまでしてくれるとは思ってなかった。

「霧丸、今までおつかれさん。」

そう笑ってくれた。

Category:霧丸の戯言コメント:0│ トラックバック :--

コメント
コメントの投稿










時計
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

95位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オカルト・ホラー
47位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村
かうんたー


プロフィール

藤沢 霧丸

Author:藤沢 霧丸
一人暮らし系20代の生きる屍です。

まったりやってます

Twitter→@dancing_junk

Instagram→@Glacial_Love

≪同居人紹介≫
【人工精霊(主要)】
・相方(アクアオーラ )AB型

・長女(サファイア)B型

・瑠璃(ラピスラズリ)O型

・姉様(水晶)A型




【同居獣】
・亜蓮(パールホワイト)♂



【備考】
・廃墟帝國は相互リンク募集中のようだ!
・ダイブ界有
・本名や見た目等詳細については精霊たちとの約束で非公開とさせていただいております。ご了承ください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: