2019-03-13 02:14 | カテゴリ:霧丸の戯言
今日はよりによってホールの日・・・

お客さんも来ずに暇だったから、掃除をすることに。
水回りとか、冷蔵庫とか、意外に汚れてる。

「冷蔵庫ってすぐに汚れるだろwww魚とか扱ってたら尚更だぞwww」

と、笑う長男。


僕がなんでホールが嫌いになったか。
それは、ホールの人が僕のポジションから見たら、
ホール様(笑)だったからだ。

ホールの人とホール様は別物。

・キチンと仕事をしているのがホールの人。
・場をわきまえ、暇でも積極的に仕事を見つけるのがホールの人。
・他のポジションを敬い、キチンと困っていたら手を差し伸べるのがホールの人。
・一人でもそれなりに仕事をこなせ、辛い時は素直に辛いと言えるのがホールの人。
・暇なら外中問わず掃除したりするのがホールの人。(掃除も仕事。給料出ますので)

・暇なら客の前でもおしゃべりに興じるのはホール様
・他の部署はどうでもよくて、他部署の失敗を罵るのがホール様
・暇なら休憩するのがホール様(学生が勉強するならまだわかるが、漫画などはやっぱり認めん。電車じゃないんだから・・・)

・・・他にあげたらきりがない。

鯔のつまり、大事なのは他者を思いやるこころなのだと思う。
自分だったらどう思う?
自分が他部署で、やって欲しいことは?

考えたら、答えは出てくる。

そう。そういうわけだ。


そうならないよう、
かといってしつこくなりすぎないようにすればいい。

過去にトイレの神様という曲が流行った。
その歌詞の中で掃除が嫌いな主人公にトイレを綺麗にすると綺麗になれる、トイレには綺麗な女神様がいるとおばあちゃんがいっていた。

これはトイレに限った話ではない。
お店だってそうだ。

店を綺麗にすれば、
こちらもスッキリするし、
何故か上質な客が増える気がする。

掃除を始めたら、
変にキレる客が減ったし、
シフトを積極的に出てくれる人が増えたし、
ミスもそれなりに減ったし、
ホールでも気を使ってくれる人が増えた・・・気がする。

お店にも、
土地神様?だか座敷わらし?だかに似た存在がいて、
綺麗にすればいいお客さんが増えるし、
汚いままにすれば、ダークな存在が多くなる。

トイレの神様・・・
長い曲だと母親は忌み嫌っていたけど、
今になってはその曲がその通りだと理解できる。

そして、思う。

勇気100%ってなんて、
ちんけで、
クソッタレで、
薄っぺらで、
スカスカな曲なんだろうと。。。

こんなクソ曲以外にもいい曲はたくさんあるし、

こんな曲だけに夢中になってる自分が歯がゆい。

「と、思うことは大事だけど、勇気100%自体を否定してはいけないし、勇気100%をいい曲だと思う自分の心を否定してはいけない」

と、長女が言った。


そうだ。

ここで勇気100%とか忍たまを否定してはそのまんまだし、
いいところがある。


ああ、途中でお客さん来ちゃったから、
途中で掃除が終わったけど、
今度は彼処とかそことか・・・
掃除する場所はたくさんある。

休憩なんて言って漫画なんて読んでるバヤイじゃない!!

管理者のみに表示する