The secret amusement of Kirimaru Fujisawa....
2019/03«│ 2019/04| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2019/05
15:36:37
先日、騎士の家に諸事情で行った時、
頼んでもいないのに騎士が料理を作ってくれた。

作ってくれたといっても、
自分が食べた分の残り物をレンチンしただけだが・・・

「いいよ。僕は飯食ったし・・・」

と、僕はやんわりと断るも、
いいから。といって茶碗一杯の白飯と、
温めた肉じゃがとほうれん草のおひたしを用意してくれた。

「あ・・・いや・・・その・・・僕は・・・」

「お前さんが外で飯食えないのは知ってるさ。別にそれくらいで嫌いにならねーし」

「だったら、答えはわかってるだろ」

「まぁ、一口でいいから食ってみろよ」

あ・・・そう。


僕はしぶしぶ席に着き、
白飯一口と肉じゃがを口に運ぶ。

味は・・・普通のおいしい家庭の肉じゃがだ。

「美味い・・・」

「そうか。ならよかった」

僕は続けて2口目を食べた。

苦手だった煮物の人参も、何故か美味いと感じた。

「今、あり合わせの食材が卵しかなかったからオムレツしか作れんかった」

騎士が綺麗に巻かれたオムレツを僕の前に持ってきてくれた。

ここは卵焼きだろう…と、心の中で苦笑いする。

「かけるのは醤油?」

「いや、何もかけない」

まずは一口。
ただのオムレツだと思ったら、
中にチーズが入ったチーズオムレツだった。

ふわふわ

はふはふ

「美味しいな」

「霧丸が腹減ってそうだから作った」

「は?飯なら毎日食ってるぞ」

「胃じゃなくて、心だ」

あぁ、そうか。
最近、自炊してないな…

「お疲れ様」

帰り際、

騎士が僕にキスをした。


やめろ

僕には相方が…

Category:同居人の事コメント:0│ トラックバック :--

コメント
コメントの投稿










時計
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

87位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オカルト・ホラー
41位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村
かうんたー


プロフィール

藤沢 霧丸

Author:藤沢 霧丸
一人暮らし系20代の生きる屍です。

まったりやってます

Twitter→@dancing_junk

Instagram→@Glacial_Love

≪同居人紹介≫
【人工精霊(主要)】
・相方(アクアオーラ )AB型

・長女(サファイア)B型

・瑠璃(ラピスラズリ)O型

・姉様(水晶)A型




【同居獣】
・亜蓮(パールホワイト)♂



【備考】
・廃墟帝國は相互リンク募集中のようだ!
・ダイブ界有
・本名や見た目等詳細については精霊たちとの約束で非公開とさせていただいております。ご了承ください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: