2018-07-14 01:05 | カテゴリ:追憶
N○Kは本当に悪質だ。

5年前、一人暮らしを始めて間もなかった僕の家に、
午後10時過ぎに電波調査と称して押しかけ、
一方的に契約を迫った。
突然、高額な金額を見せられた僕は、
ちょっと考えさせてくれといっても義務だからなんだといわれ、
クレジットカードを使ってその場で契約させられた。

しかも僕のマンションにはBSのアンテナがあるからといって、
僕の家では設備不足で見られないBS代まで要求された。

当時の僕は無知だったので、
テレビがあるからN○Kと契約しないと!といって、
いわれるままに契約してしまった。

当時は、忍たま乱太郎も見ておらず、
テレビは両親が引っ越しの際に勝手においていった物で、
民放を暇なときにチラチラ見るしかなかったのに・・・


でも僕は3年前、
忍たま乱太郎に再会し、どハマりしてしまったため、
高いDVD代だとか、忍たまへのチップと思ってあきらめていた。
(というか、BS代まで徴収されていると気が付かないでいたし)

そして去年の冬。
僕が見られないBS代まで徴収されていたことを知り、
ネットやTwitterでN○Kの醜態の各々を知り、
僕と同じように無知をダシにして契約させられた方や、
集金人のせいで怪我をしたり等と酷い目に合った人や、
消費者センターに寄せられたN○Kへの相談(外部リンクへ)などの現状を見て、
解約を決意。とある方法で解約した。

酷いケースになると、
女性が集金人に無理矢理キスされたり
N○Kの記者に強姦されたりといったケースもあるので、
女性は特に注意が必要だ。

解約した後も僕は、
テレビを撤去しないで民放をみていた。
リアタイじゃなくて録画なら・・・といって、忍たまも見ていた。

N○Kが来てもばれなきゃいいと、思っていたけど、
もしばれた際のリスクは大きいことと、
僕の家は新しい世帯として、
集金人がしつこく押し寄せている事を目の当たりにし、
テレビを封印することにした。

もしも何かあった場合、
テレビを見ていたという罪悪感で、
N○Kに負けてしまっては意味がないと思ったから。

再度言うが、
N○Kのやっていることは本当に悪質だ。
見る、見ない関係なしに料金を徴収し、
使わない人間であっても平気でオプション料金まで上乗せで払わせるのだから。

電車で例えよう。
例えば、大宮から宇都宮まで帰るAさんがいる。

お金を払うのが嫌なら、大宮から宇都宮まで歩くなり自転車で行き来すれば、代金はかからないが、
そんなことできないので、大宮駅からJRにお金を払って東北線の普通車に乗ることにする。
座れなくっても困らないから普通車でもいい。その分安く帰れるし(笑)←わかる

同じく大宮から宇都宮まで帰るBさんがいる。
彼も同じくJRにお金を払って東北線に乗った。
でも彼は大宮から宇都宮まで2時間近くたっているのは辛かったから確実に座りたい為に、
追加オプションとして追加料金を払ってグリーン車に乗り、快適に宇都宮まで帰った。←わかる。

しかし、N○Kはそうはいかない。
嫌ならN○K見なくてもいいけどテレビがあるなら金払え。
BS見られなくってもマンションにアンテナがあるならBS代まで払えというのは、
↑の例の大宮から宇都宮まで帰る人全員に対して、

「大宮から宇都宮まで立って帰るの大変だから、勝手にグリーン券付けたから!
その分料金いただきますよ!
あ、使わなくても座れなくてもグリーン券代はいただくから!」

と言ってるのと同じくらい横暴である。
(因みに、グリーン券はグリーン車が満席等で座れなかった場合、返金保障的なのがあるそうだ)

・・・という、どうでもいい話が多くなったが、
解約した当初は、
「忍たま乱太郎なんて見てなかったらもっと早くN○Kを解約できた」とか、

「忍たま乱太郎の信者は僕含めて、N○Kに騙されていることを知らない頭が弱い人だらけだ!」とか、
思いこむことが多かった。

僕自身、ものすごい罪悪感と嫌悪感に苛まれ、
忍たま乱太郎のグッズもすべて処分し、
記憶からすべてを消そうとした。

忍たま乱太郎に費やした金や時間を集めたら、
一体どんだけ自分は良い方向へ進めただろうとさえ思えた。

運転免許だってとれたはずだし、
もっと人から笑われないような、
高貴な趣味だって持てたはずだ。

自分、

忍たま乱太郎、

N○Kを解約する時に相談に乗ってくれた両親、

他の忍たま乱太郎のファン・・・

皆がみんな敵に見えて、
辛かった。

どんどん自分がやんでいるのを感じた。

そんな時、僕を励ましてくれたのが、
僕の精霊たちだった。

長女は
「家で忍たまが見られなくなっても、あたしが利吉さんが好きなことは変わらないし、
今度はあたしを忍ミュに連れていってほしいなぁ~」
って言ってくれたし、

三男と長男は、N○Kへの怒りを露わにした後、
「悪いのはそんなことをするN○Kであって、
乱太郎君や忍たま乱太郎という作品には罪がないんだから、
そんな理由だったら忍たままで嫌いにならないでありのままの僕でいてほしい」
といってくれて、

「その‘忍たま‘と再会して嫌なことだらけじゃなかったんでしょ?
楽しい思い出だってあったんじゃん?」
って言ってくれた。

そして次男が言ったことが、
「お前、BSまで契約させられてるってわかったとき、なんで消費者センターに相談しなかったんだ?
見られないのにBS代まで取られてたんだったら一相談しにいったり、地上波契約だけにしてもらえばよかっただろ。
それで駄目なら仕方ないけど、お前はそれを怠り、一方的に突っ走って解約したんだろ?
だったら見られないのは仕方ないだろ。厄介ごとになる前にテレビは封印した方がいい。

コナンとか民放の番組だったら一週間以内なら無料配信してるところもあるからチェックしてみるといい。

ただ、ほかの奴が言う通り、忍たま乱太郎っていう作品に罪はないから、
俺は忍たまから足を洗えとは言わない。

でも、折角だったら、テレビの跡地を使って、なんかもっと堂々と人に言えるようなことしてみたら?
忍たま乱太郎が好きって言ったら笑われたり、ドン引きされたりしたけど、そんなことがないような趣味を見つけてみない?」

と。

そこで始めたのが、水槽・・・という訳だ。

アクアセラピーという言葉がある通り、水の音を聞くと確かに落ち着くし、
水槽で泳ぐ魚を見ていると、心が癒される。

それに、生体故に自分の生活がだらしなくなっているかなどが表れやすいし、
水槽の掃除などで休みの日なども充実した日々を送れるようになり、
魚も夜遅くまで起きているのはストレスになるからといって、過度の夜更かしをするのを控えるようになった。

確かにテレビが見られないのは辛いけど、
忍たま乱太郎へのトラウマが酷くなることなく、
忍たまから足を洗わないで、自分の思いを大事にするという決断ができたのは、
彼らのおかげだ。

(忍たま26期が再開される前に実家に僕の家のテレビを持ち帰って録画にしとこうか検討中…
流石に、実家に元からある両親の外付けHDDを週五日、忍たま乱太郎で埋めるという暴挙、
僕には無理だ…orz)

無音が耐えられないならラジヲを導入するなど、検討しているので、
次の休みに都内やさいたま新都心のヨドバシにでもいってみようかなって思ってる。
(radikoはいいけど、時報の音が流れないのは寂しいなぁ・・・)

ラジヲってやっぱいいよね笑

管理者のみに表示する