2018-12-05 10:47 | カテゴリ:霧丸の戯言
ふと昼間、精神世界に行った時、
三男の忘れ物を発見する。

その後、ふとみられてる感がして、
外を見る。

ロビーに行くと、
首の縄の跡をしっかりつけた男がいた。

幽霊の長男。


しばらく話したあと、

長男は、あの薄暗い扉の先…立ち入り禁止の先に消えていった。


あの先は本当に何が…

調べたいけど1人では怖いし…


「あ……これを上手く使って…」

僕は三男を忘れ物があるからと呼び、
本人に忘れ物を手渡し、事情を話し、
肝試しに付き合うよう説得した。

午前二時。

懐中電灯片手に、
扉の向こうへ行く。

三男が霧丸さん、ここ怖いですってずっと僕にしがみついてくる。
物音が聞こえるたび、僕に腕から始まり、
体全体にまで抱きついてくる羽目に・・・

「歩けないんだけど・・・」
「あわわ・・・ごめんなさい・・・」

この屋敷は、二階がサナトリウムに繋がっているようだ。
一階に降りてみる。

なんか勝手に動くプラレールに似た鉄道の玩具とか、
いきなり話しだす人形とかあって、正直ホラーだった。

三男が座り込んだ。
「霧丸さん、あ・・・ああ・・・怖い・・・」

失禁してしまったようだ。

僕はなんとかしなきゃと思って、キョロキョロとしていた時だった。
突然気を失ったのは・・・

目を覚ますと、見知らぬ広い空間。
僕は鎖のようなもので壁に繋がれて居た。

「なんでここに来ちゃったの?立ち入り禁止って書いてあったじゃん。霧丸、人の言う事聞かないと」

そうして、長男が僕に入ってきた・・・

「おい、三男はどうした!?お前、何したんだ!?」

三男は、長男の横で、縛られて横たえられて居た。

五臓六腑を撫でられる感覚が僕を襲う・・・

「あはは・・・また一つになれるね・・・嬉しいでしょう?」

長男が不気味に笑ったのを聞いて、僕は気を失う。


気がついたら、いつもの僕の部屋。
腕の中には、三男がいた。
服は着替えさせられて居て、僕にしがみついている。

「今回は俺が助けたけど、次はフォローできないかも」

と、長男は言って、また消えた。


その後、仕事に行こうとした時、
僕がなんとかしないとという想いに襲われる。

「おい、イサク虫が沢山ついてるぞ」

と、今回のお供の次男が言った。

管理者のみに表示する