2018-07-06 06:10 | カテゴリ:長女
(先ほどの続きです)

そんなわけで、僕は長女を作りました。

初心者だったので、水晶のタンブルを依代にして作りました。
(とか言ってますが、行った先で誕生石のラピスラズリに出会ってry)

水晶には、悪いものを浄化するという力があるため、
僕のトラウマ(悪いもの)も浄化されないかな~とか思いながら、
僕は水晶に、思い描いた長女の姿を重ねていました。

そして産まれた長女。
割とすぐにやってきてくれました。

見た目は可愛らしい女の子です。
まだ、生まれたてほやほやで、
?って表情をしていました。


よし、これから彼女と一緒に、
僕のトラウマを解消して行こう!

・・・といっても、いきなり忍たま乱太郎を長女に布教するのは、
長女からしたら迷惑だろうし、これではただの洗脳だ。

だから、最初から忍たまについていろいろ話したりするのはやめ、
彼女が興味を示したら、いろいろと忍たまについて話していこう。
それまでは、普段通りのことを話して、普段通りの生活をしよう。

・・・しかし、せっかくチャンスが来たのに、僕がそれを無駄にしてしまいました。

(忍たま閲覧中)

長女「霧丸っていつもそのアニメ見てるけど、好きなの?」

僕「・・・まぁ、暇だから見てる。別に特別好きってわけでもない」

長女「そうなんだ・・・暇つぶしかぁ・・・」

僕「うん・・・」

長女「でもなんで、この家にはそのアニメ(忍たま)の物が多いの?この壁の絵とか、暖簾とか・・・」

僕「それは・・・前好きだった時の名残」

長女「今は好きじゃないの?」

僕「・・・・・・・・(いざとなると、言いづらいし、言ったとことでつまらないとか言われそうで怖い)」

長女「あたしね、このアニメに出てくる利吉って人が好き!かっこよくって、バリバリ仕事できるんだもん!」

僕「え!?利吉さん好きなの?」

長女「そうだよーw霧丸は誰が好きなの?」

僕「乱太郎とか久々知先輩とか・・・つーか、基本みんな好き」

長女「やっぱ好きじゃんw」

・・・こんな具合に、長女と僕は忍たまを一緒に見ることが多くなりました。

長女が山田利吉が好きだったことは想定外でしたが、
(別にそんな風に仕込んだ覚えない)

長女のおかげで、少しづつ、
忍たま乱太郎の事や、
忍たま乱太郎が好きな自分を受け入れる事ができてきました。

後に生まれた三男は、最初は僕の部屋にあった原作本(落第忍者乱太郎)を読んでしまった為に、
最初は忍たまに対して、ごちゃごちゃしてるとかという苦手意識があったようですが、
潮江文次郎が大好きなのか、潮江先輩が出てくるたびに、
勝手に出てきては一緒に見ています笑
(時たま、ギンギーン♪とか言い出して周囲をびっくりさせたことも。つーかお前がやると可愛い)

そして僕の中にいた次男は、
僕が忍たまにはまりだした時から知っていたのですが、
最初は、え~・・・マジかよ~・・・的な感じでしたが、
最近になって受け入れ始めたようで、色々調べるようになりました。
(が、特に好きではない。とのこと)


僕がこうしてまた、
忍たま好きでいられるのも、
彼らのおかげであります。

といいたいけど、
忍ミュに行ったとき、閉所恐怖症が出るのがつらいという、
また新しい問題が出てきましたが、
それはどうしようか、現在考え中です。

まぁ、ありがとう・・・

管理者のみに表示する