2018-11-01 15:44 | カテゴリ:三男
変な夢を見た。
ぼんやりと三男を感じる夢だ。


朝起きたらなんかふわっといい匂いがする。
洗剤というか・・・シャンプーのような甘い匂い。

布団の中になんか違和感を感じる。
ああこの感覚、実家で猫を飼っていた時と似ている。

俺の腕の中、
黒っぽいものがうっすらと見える。

ちょっと怖い。

「おい・・・てめぇ何やってんだよ・・・」

壁にその侵入者の顔面を叩きつけた。
バチンといい音がした。

「霧丸さん痛いですよ!!何するんですか!!??」

鼻を押さえながら彼がいう。

「何するんですか?じゃねーよバカ!!勝手に布団に入ってくるな変態!!心臓に悪い!!」

「なんでダメなんですか!?」

「おめーにはデリカシーってものがないのか!?
そもそも藤沢家は馴れ合いを求めていないと言ったはずだ!!馴れ合いを求めているなら藤沢家から出て行きなさい」

「嫌です!!」

「てめぇ、いい加減にしろ!!
藤沢はイチャイチャは嫌いなんだよ!!
お前は道具扱いされてるより、優しい主君の方がいいだろう?」

「いや、霧丸さんがいいんです!このチョコだって、私のために買ってきたって長男さんが言ってましたよ!だから御礼を言いたかったのに!」

「御礼がいいたいけどベッドに入ってくる意味はわからないら。藤沢はイチャイチャはしないと言ったはずだろ?このままだと、ブログに
『三男様がお布団に入ってきてくれた〜❤️』とか書くしかなくなるんだよ!!」

「イチャイチャが嫌なら書かなきゃいいじゃないですか?」

「廃墟はアンチイチャイチャブログだから!それに、散々自分は慰みモノかって嘆いて置いて今度はそれかよ!!お前のやりたいことは意味がわからん!!
そんなに構って欲しいなら他所に行って!」

「むかっ💢」


それから、僕は暇だったから本を探していた。

ドグラ・マグラ

三大奇書だとか読むと発狂だとかするとか言われている本。


勿論、あの角川文庫版だ。

「霧丸さん、何してるんですか?」
「見てわからないのか?本を読んでるんだ」
「えっ…この時間からそんな性的な本を読むんですか!?」
「バカ!表紙はアレだけどミステリーだよ!かなり特殊だけど……貸してやる。良かったら読んでみたら?」
「いいんですか!?」
「発狂するなよ」
「え!?そんなヤバイ本なんですか?」
「読んでみればわかる」

まぁ、発狂した三男を見るのもまた、
面白そうだけど笑

って俺はなんて記事を書いてるんだ。
イチャイチャ話になっちまったよ…

はぁ…

管理者のみに表示する