2018-11-01 02:11 | カテゴリ:精霊の事
10月31日はハロウィンと言われる日だ。
僕は仕事だったから、渋谷に行ったりとかはできなかったけど、
問題起こすのは良くないけど、
楽しそうなお祭りだから興味はあった。

都会ってこんな楽しそうな祭りがあるのに、
参加できないなんてつまらない。

僕が今住んでいる街は東京に近いから割と都会だけど、
僕の実家は田舎だ。

たいていのチェーン店は揃っている今住んでいる街に比べて、
実家のある街は本当に何もない。
祭りも店も、何もかも。本当に寂しい町だ。

だからこそ、そんな祭りを見てwkwkするのだ。
勿論、犯罪を起こすのは絶対ダメだけど。


「トリックオアトリート」

といって、お菓子を頂戴する風習がある日本のハロウィンの狂気にあてられてしまったのか、
僕も普段は買わないような外国製のお菓子の詰め放題で、
甘いチョコレートばかりを買ってしまった。。。

普段はチョコなんて買わないし、
買ったとしても明治のチョコのような日本人仕様のチョコレートをかうんだけど、
どうしたわけか、こんな甘いものを買ってしまった。

三男がチョコ好きだったし、
チョコ自体も可愛いし、
最近のことで、いろいろ揉めていた件で、
自分や今の自分のポジションを犠牲にしたら返って信頼をなくすと知ったし、
焦っても無駄だとわかったからって反省したから和解しようと思ったけど、

おいまて、これじゃあ、

「三男様と和解して、ハロウィン楽しみましたー」

ってオチになるんじゃないかと思って、
必死で踏ん張ったよ。

再度言わせてくれ。

俺 は イ チ ャ イ チ ャ は 吐 き 気 が す る ほ ど 嫌 い だ し 、
自分の思念体も所詮は自分のための道具でしかないと思っている。

イチャイチャを晒している人のブログを見ると正直現実逃避しているみたいでイラつく。

なのに、なんで買ってしまったんだろう。

「折角のハロウィンだし、普通の明治のミルクチョコより、こっちの方が三男喜ぶかな」

ってウキウキしながら、自分では買わないような甘いチョコを・・・


そして帰ってきてから出た言葉がこれだ。

「八つ当たりしてごめん。勝手にビビってギスギスしすぎた」

元のポジションから出られないというハンデがある中で、
無限ループにならないくらい+で何か学べばいいし、
人に迷惑かけない程度のできることをすればいいし、

二ヶ月も態度が悪くて干されて無断欠勤してる奴が帰ってくるとは思えないし、
次のポジションをできるってことは、、、ああそうなんだと思ってるし、
帰ってきても人に迷惑かけたからとでもいって追い払ってくれると信じて、
ポジティブに行けばいい。

自分の元いたポジションを憎めば憎むほど、
信頼をなくすし、慌てることになる。

僕がしようとしたのは、ただの身勝手な復讐と同じだった。

だから三男は僕を止めるために客を沢山呼び、
僕を余計にそのポジションに閉じ込めた。

そして昨日は「次のポジションでの仕事で」失敗して、
逆に迷惑をかけてしまった。
客があまり来ない日だったのに・・・


そしてその次は、
僕が両立をしないとダメだ。でも無限ループにならない程度のできることをしようと思った。
結果、先日よりはマシな方へ進んだ。


もう仕方ない。
僕がどうこういったって、現状がどうこうするわけじゃない。
長い目で見ていくしかないのだ。
なーにをムキになっていたのか。俺は。


ふと長男の依り代を、黒水晶に変えた。
「黒でもいい。白じゃなくても」

黒水晶は文字通り、真っ黒で透けない水晶のことで、
俗に言う、モリオンと言われる石だ。

その石は色の通り、闇を思わせる色だけど、
邪悪なものではない。

むしろ闇と対峙できるくらい強い闇を持っていると言うか・・・

いつでも冷静でいられるように。


そんな感じか。


そしたら、長男がガラッと変わった。
死人ではなく、今を生きるさすらいの剣士のように飄々としている。
これも石を変えたからだろうか?


管理者のみに表示する