2019-07-09 22:51 | カテゴリ:同居人の事
元のキャラを消すなりなんなりしなかったので、
騎士は消えなかったが、
魂が抜けたように、おとなしくなった。

「なんでだろう・・・あの石・・・恐ろしいものが宿っていて、僕はあれに乗っ取られた感がしたんだよね・・・でも、依り代を変えてから、楽になった」

騎士が言っていた意味はわからないが、
騎士の表情は、以前と違って、とても穏やかだった。

そして僕は・・・

最近の異常気象とか復讐の代償のせいで、
体調がすこぶる良くなくて、ぶっちゃけ萎えている。

「僕はわからなかったよ。霧丸が何がしたかったのかが。
ギターが上手くなりたい、アニオタになりたくないなら、飯や寝る時間を削ったり、
仕事辞めたりして練習したら上手くなれるのに、
なんでやらないのって」

「それは・・・今は仕事は辞められない。一人で生きていくためにも・・・」

騎士は理解できなかったようだ。
僕、霧丸が本格的に音楽を志していたのか、

騎士が相方に抱いたような、
(騎士は自分の居場所を奪った相方を、僕はギター含めた趣味の音楽で散々迷惑をかけた)親父を超えたかったのか、

それともただの道楽だったのか・・・

ギターが上手くなりたいって言っても、
どの程度なのかがわからなかったらしい。

趣味がアニメじゃなくてアクティブ系の音楽だから偉いのか?

うーーん・・・そうではない。


親父こそ趣味が音楽で、
僕の本当の名前も、実はとあるアーティストに由来するものの当て字的なものだと言われているけど、
親父はギターの師匠でもあるけど、音楽で家族に多大なる迷惑をかけたバカだ。

ぶっちゃけ親父がいなかったら、ギターをやりたいなんて思わなかっただろうし、
バンドリとかの影響で始めていたとしても今頃は、Fの壁にでも当たって、誰にも相談できず挫折していたか、
はたまたアンプを古いワンルームで鳴らして追い出されていたかもしれない。

あるいは、それこそただのアニオタ堕ちしていたか。

そう思うと、親父あってこそのギターと言える。

「あとそれと、長女はあのアニメ以外は興味ないし、霧丸も昔からあのアニメだけが好きってだけでしょ?
で、あのアニメ以外は興味がないから、こうして他の趣味を探してるんでしょ?

だったら、それはただの好き嫌いであって、
アニオタとは言えないんじゃないかな?」

騎士が言うアニオタというのは、
どうやら、いろんなアニメを見るのが好きという印象らしい。
たった一つの作品や声優を愛しているのは、ファンといって、また違う存在と言っていた。

「確かにあの作品だけを通年見ているというのは固着しすぎていると思うから、流石に周囲も注意するだろうけど、
通年もの抜きでアニメとドラマ2〜3作程度だったら問題ないんじゃないかな?

あと、テレビ見ながらギター練習するのもアリだと思う。
ギリギリしていたら、逆に疲れちゃうもん。
僕は夕方は実家の母親と一緒に日テレのニュース番組(every.ですね。わかります)みながら練習してたなー」

まぁ、最近はあまりにも合わないものはアニメもドラマも容赦なくカットしている。
合わないものでも知識がどうこういう人はいるだろうけど、
だったらリアタイでやっているバラエティ番組やラヂヲをBGMにして練習した方が、まだマシな気がする。

(ただし、特性上、Mステのような音楽番組は最近は見たら切らないようにしているが・・・)

「霧丸は、どんな風にギターを弾けるようになりたいの?」

騎士が聞いてきた。

ああそうだ。

僕は、腐●子とか言われるのが嫌だったんだ。

以前の職場のアニオタに言われたのが、

「え?●期物のアニメ見ないであのアニメとか通年ものだけ見てるの!?
アレってみんな同じ顔で何がいいのかわからないんだけどw」

って言われたことがあって、
僕の中ではそれっておかしいことだって思っていた。

でも、現実はそうではなかった。

それもそうだ。
僕は、その作品のファンであって、
アニメオタクじゃないんだから。

「あのアニメが好き→アニオタかと見せかけておいて、
ギター持つと別人的な感じになるというか・・・

昔のあのアニメのギャグの中で、
『時折見せる、鬱系でもファッションでもない、ほんとうの闇属性感』が好き。
まぁ今はご時世柄もあって、あまり濃い闇は見せられないだろうけど・・・

アニメが好きとか最近の煽りで興味持った腐●子だとか思われたくないし、
そんなつらじゃなかったのにっていう意外な一面が欲しかった。
でも、迷惑かけちゃダメだよね。それじゃあアニオタになるより最悪だわな。
以前であった害悪アニオタや、どっかの騒音親父と同じだわー」

僕は、ふっと笑って、
休憩と言って外に出た時に運命的に出会った中古の俗に「ぞーさん」と言われているミニギター(普通の大きさのと合わせて2本目のギター、しかもこのぞーさん、僕が中学時代好きだった某バトルアニメとのコラボデザインで、値段もお手頃だけどジャンク品じゃなくて十分なものだった)を抱いて笑った。

あの時出かけなかったら、
こいつにも出会わなかったし、
騎士が改心しなかったのかもしれない。

きっとこのギターは、その証なのかもしれないね。

2019-07-03 01:03 | カテゴリ:同居人の事
23時まで仕事の日が連続で続いた。

だけど月曜まで仕事で、
火曜休みだけど、
実家に行こうか休もうか迷う。

だから賭けに出た。


月曜日、早く帰れる(23:00までに)なら、
実家に行ってギターの練習する。
怠いとか言うなら湘南新宿ラインで割とすぐ行けるから、池袋(産廃処分場)へ行く。

遅くなるなら、その日はゆっくり休む。


結果は、
客が全然来ない。

当然、早く帰れた。

怠い。疲れた。
蓄積されたものが一気に解放された。


でも、ここで怠いとか言ってるの??
教えてもらうチャンスを自分で捨てるの?

「じゃあ、決まりだね。実家じゃないなら、池袋だね・・・結局口だけなんだね」

騎士が冷たく言った。

「結局霧丸は、いつも口ばっかり!!僕はこんなにも頑張ったのに!!相方を見返すために!!嫌じゃないの!?アニオタになりたいの??」

「そうだね・・・ごめんね」

無理矢理実家に向かう。
大宮で引き返そうか迷うも、強引に向かう。

10分練習の積み重ねもあってか、指はだいぶ動くようになっていた。

次の段階に、勧めそうだ。
自分もどんどんできるようになってきて、
嬉しい、楽しい。

そんな時だった。

騎士がこういった。

「霧丸の友達に、アニオタっていたよね?その人と、縁を切って。
アニオタを寄せないようにしないと、霧丸がまたアニメに戻っちゃう!!」

「え?」

流石におかしいと思った。

その友人は、高校時代のクラスメイトで、
たしかにアニメ好きだが、危害は加えられてない。

それよりも、ツイッターとかで知り合ったアニメだけの人とは違う。
友人は、お金でもなんでも買えないものだ。

自分がギターが今度は楽し過ぎて、
全てを捨てようとしている事に気付く。

仕事もフリーターでいいとさえ思うようになった。
そして自分の体調さえも無視するようになった。


世の中、捨てちゃならないものだってあるんだ……

それなのに…自分は、全てを捨てようとしていた。



僕はギターの師匠でもある親父に、
今回行くか辞めようかめちゃくちゃ迷った事や、
アニオタの友人と縁を切ろうとしている事や、
自分はアニオタには戻りたくないと思っている事、全てを相談した。

「霧丸は白黒決めたがる性格だから、気楽に行けよ」
話す事で、スッキリできた。

部屋に帰ったら、
それを聞いていた騎士が泣いていた。

「ごめん…酷いこと言っちゃって…やっぱり友達は大切にして…


ねぇ霧丸…おねがい…僕をもう殺して…
僕が人間であるうちに…
このままだったら、僕はもう人間じゃなくなる。
それが怖い」

騎士に悲願された。
2019-07-01 04:11 | カテゴリ:同居人の事
騎士が帰ってきた。
そして、瑠璃や相方を差し向けて、
長女をいじめ抜いた。

癇癪を起こしやすい瑠璃には

「大変だ!長女が霧丸の身体を乗っ取って、やっぱり次の休みは池袋のアニメイトに行きますので実家に行きません。って言おうとしてる!!止めないと!!このままじゃ霧丸がアニオタになっちゃう!」

といって、

相方には
「長女がアニメ見せてくれなかった恨みで霧丸を陥れてる!」
とデマを流したとか。

まぁ騎士とは腐れ縁な相方が、
騎士の仕業と気がつき、止めてくれたはいいが・・・

騎士になんでこんなことをしたのか聞いてみたら、
騎士は、僕の姿勢が気に入らなかったらしい。

相方に居場所を奪われた騎士は、
相方がベースではなく、ギターを弾いていると思っていたらしい。

相方が親父から失敬してエレキをやっていた。
そう思っていたとか。

まぁ、ベースとギターは似ているし、
騒音親父がたくさんギター持ってるしね笑

それで、相方を見返したくて、
エレキを騎士は必死でやっていたらしい。
相方がやっている似ている楽器、ベースと勘違いして。

その結果、騎士はX JAPANの紅を見様見真似程度でできるようになったらしい。

だから、騎士は気に入らなかったらしい。

僕のギターに対する姿勢が。


・仕事が忙しいからと、仕事を言い訳にして、ギターに一切触れない日が続く。

・難しいからって、練習を疎かにする。

・どうせ自分はできないからって、弱音を吐く。

・でも、アニオタにはなりたくないと嘆いているだけで何もしない。

・騎士も『忍たま乱太郎』はしっているそうだが、最近の回は「これじゃあエロ釣りしているラノベレベル」ってショックを受けていた。

・長女がアニメ好きな傾向があることと、今の家は少し行けばすぐにゴミ捨て場(池袋)に着くことを危惧している

・騎士はだったら長女なんとかしないと!と、思うようになったとか

・⬆️肝心の長女は、そんなことはなかったので杞憂に終わるどころか、騎士は長女に土下座させられた。

・・・

騎士は、

何もしないくせに自分が、
力だけ欲しいと言ったことが気に入らなかったそうだ。

だから騎士は、

僕が練習をサボろうとすると、怒ってきた。
おかげで酒も控えめになったし、
遅くなっても一気に和音を弾けばうるさいだろうけど、
一限づつ静かに弾けば静かだし、
(手首の動きは、駅から家までの帰り道にでも、振っておけっていってた)

バレーフォームが慣れるまではそれの練習で、
どの指が弾けてないとかの訓練にもなるし、
これからはアルペジオ程度ならできるだろうという結末になった。

それに、たくさんの人が独学しか道がない中、
僕は親父がちゃんと教室に通った経験もある、長年のギターの経験者だから、
親父がいれば1000円以内で実家に行って、食事、風呂、アンプつきで経験者の基礎指導を受けられる。
(もちろん、ギターに興味がない母親にも公平に、一部の家事は手伝ったり料理作ったりしている)


わからないことは気軽になんでも質問できるという、
恵まれた環境だ。

それに、実家の最寄り路線は宇都宮線。
ラッシュとグリーン車の前後さえ避ければ、普通にギターケースを持っていても余裕な路線だ。
これがラッシュが半端ない高崎線(大抵埼玉県の「A」で始まる駅が原因だが)だったら死んでた。
上野東京ライン実装前にそのA駅からラッシュの電車乗ったことあったけど、あれはヤバイ・・・
特に湘南新宿ラインは普通に死ねる。ギター壊れても文句言えない。





要は、
工夫次第で、無理と思われていても、
案外どうにかなるということを、騎士は言いたかったのだ。

〜〜だから

〜〜だから仕方ない

そんな言い訳をするたびに、騎士は、

「じゃあ、次の休みは池袋に行く?」とか
「言い訳はアニオタの始まり」とか
「霧丸が好きなお店はアニメイトなんだね(皮肉交じりに)
次の休みは実家で練習するか、アニメイトに行くかだったら、どっちがいい?」とか

色々言ってくる。

それを聞いて、僕はヤバイと思って、練習する。
一弦一弦、力まずに静かに弾き、
角部屋の我が家の、隣が関係ない方に限りなく近づいて、
折りたたみの椅子を展開して、抑えだけでも練習をする。

アニメイトなんてゴキ腐リの巣としか思ってないし、

自分も(いい歳こいてアニメに夢中な、池袋という人間ゴミ捨て場で遊ぶような)子供向けアニメの忍たま乱太郎を捨てられないなら、油断すれば、自分もゴミ溜め池袋やアニメイトに入り浸る人間になってしまう資格は十分にあった。

僕の心は、落ちればアニオタという地獄に落ちる、
カイジの鉄骨渡りをしている気分だった。

自分はFを克服できず、辞めてしまった人たちよりも恵まれている。
しかも、凄く身内にそれを克服して、教えてくれている人だっている。

だから騎士、
僕は嘆くんじゃなくて、君のいう通り、
ギターに関しては修羅になってもいい。

ただし、
寝たりとか、仕事をきちんとこなしたりとか、
現実を疎かにしないようにするとか、

親父の技ギターの術やよいところは真似しても、
騒音おじさん行為(窓全開でアンプ大音量にしてギター弾く)、
父親失格行為などの短所は反面教師にするなど、
人としての威厳は忘れないようにしたい。
それは肝に免じさせた。

まぁ、何かを得たいなら、
楽なんて許されない。

何かを得たいなら、
自分で得に行くしかない。

そうするしかないのだろう
2019-06-22 02:00 | カテゴリ:同居人の事
長女と一緒にいる夢を見た。

見知らぬ街。
都会。
地方都市だろうか?
ビルが建っていて、大きな街だ。

途中でタクシーに乗る。

運転手さんがいろんな意味でイケメンだった。

ホテルに着く。

自分と長女は同じ部屋だけど別々に戻る。


自分が部屋に戻ろうとした時、
部屋の中から変な声が聞こえてくる。

テレビの音だろうと、
鍵を開けて部屋に入ると・・・

そこにいたのは、
ベッドで横になって、必死で・・・口では言えないような・・・あれをしている長女だった。

服を着たまま、必死で自分で自分を慰めている(意味深)長女を見て、
僕は見ていられない気分になった。

「き・・・霧丸!?」

長女が起き上がって、驚いたようにいった。

「さ・・・さっきの運転手さんがカッコよかったのでつい・・・」

顔を赤らめて、長女が言った。

「変なところ見せちゃってごめんねー」

と、長女が言ったのは覚えているが、他は覚えていない。


それを仕事中、連れていた騎士に相談した。

「きっと長女ちゃんは、何か溜まっているんじゃないかな?」

とはいっていた。

「イケメンに惹かれるのはリアルでも思念体でも同じだと思う。多分長女ちゃんは男に飢えてるんだと思う・・・」

でもリアルで男に合わせるのは・・・と僕は困惑する。

「だからこそ、二次元があるんじゃない?
まぁ、そればかりに夢中になるのはよくないけど・・・

ちなみに僕はギターもやってたけど、
霧丸が瑠璃ちゃんのために買ったヒロアカを読んだりしてたよ。
昔は銀魂とか好きだったけど、ヒロアカも面白いね」

と、妖しく騎士が笑った。

「見せてあげたら?長女ちゃんのために、イケメンがたくさん出てくるアニメでも」

瑠璃のヒロアカの時と似ているぞ。


まぁいい。

大切なのは、言ってしまえば「心」だ。

アニメやアニオタを憎んだところで、
何も変わらない。

居場所がアニメしかないアニオタになりたくない、
それを良しとしないなら、

自分がぶれない心を持って、
でも他人を否定する事なく、
地道に努力すればいいだけ。

「大丈夫だって。僕がいる限り、霧丸はギターを辞めることはないし、辞めさせないから。

絶対続けていれば、かっこいいし、
ちゃんとした姿勢で取り組んでいれば、霧丸のオーラも綺麗だし、
なにせ、きっといいことあるから!!

でも、アニメも毛嫌いしないでイケメンだらけのやつで気持ち悪くても見ようね。
長女ちゃん、寂しがってるから」

「・・・そうだな。わかった。ギターの練習するときは、きちんとそばにいてくれよ!!」

「わかってるよ!」


結局、自分をサポートしてくれるのは、
自分が最初に作った想像上の人物である、騎士であった。

騎士は自分が最初から作ったキャラであったから、
やっぱり僕を見ていたのだろうか?

「僕もこのまま霧丸にギターやめられちゃったら、相方に負けた気がしてね。
見返してやりたかったんだ。
自分が霧丸をここまでギター弾けるようにしたって。

まぁ、僕も割とアニメとか好きだし、そんな自分に嫌悪したことがあるから、
気持ちはわからんでもないよ」

「そうなのか・・・」

騎士は、遠くを見るように言った。

「あ、そういえば、例の末っ子(輪廻)だけど、アイツが、町外れのスタジオで、ドラムを叩いていると風の噂で聞いたんだが・・・」

「ほぉ・・・あってみるか」

「廃墟帝國ってのは、架空のバンドの名前かい?」

「何を言い出すのやら。廃墟帝國って名前は、最初は僕が作ったんだけど、
いつの間にか相方の野郎にギルドの名前として取られちゃってた。
まぁ、僕にリーダーは向いてなかったし、
おかげで記憶から消えずに残ってくれたからいいんだけどw」

騎士がえへへと笑った。
呑気だな・・・

それでベースの相方、ギター&ボーカルの騎士、キーボードの瑠璃、そして・・・ドラムの輪廻ってか?

「長女はどうするんだ?」

「本人がやる気ないなら、無理に誘うことはないなー」

「まぁ、そうだな。輪廻もまだ待つか。ただの風の噂の可能性もあるし、
もし本当だとしても、自分から出てくるまで・・・
焦っていいことなんてないから」

「それがいいよ。また瑠璃が暴れるよー」

騎士がケラケラと笑った。
縁起でもないことを言うなw

2019-06-21 01:27 | カテゴリ:同居人の事
先の記事の続きです。

騎士はいった。
「大丈夫。ネトゲ依存になりそうなったら、僕が止めるから」
と。

でも騎士、それじゃあ新作をプレイして、
君が生きたい、と言った意味は?

「新作なんて、ただ僕を思い出させてくれるためのツールでしかないよ。
実家に帰ったら、ネトゲに篭るんじゃなくて、
是非とも両親と出かけるなり、アンプ使ってギター弾くなりしてほしいんだ。
もしパニックでそうなら、僕がついてるから」

「じゃあ、なんでこんなことを・・・」

「僕は、自分が生きていた証を残したかったの。
だってね、ネトゲとかってさ、いくら強くなっても、
サービス終了しちゃったら、全部消えちゃって、二度と会えなくなっちゃうじゃん?
でも、この形だったら、形あるものとして、残っていられるかなって思って」

まったく、お前も相方と同じか。

「そうだ。僕の兄弟の3番目の格闘家が、目を覚ましたそうだよ。
今はまだ精神世界の片隅をさまよっているそうだけど、
もしもこのゲームが終了する時になったら、
霊力をあげて出てくるかもしれないね。」

と、はぐらかした騎士。
まぁそいつは、輪廻という愛称と、依り代はスギライトともう決まっているからいいや。

「僕はね、相方や長女みたいな快楽を求めるセックスは苦手だけど、
瑠璃君みたいに穢らわしいとかいって拒絶するのは違うと思う。

子孫を残す。それは人間の・・・いや、生命の使命じゃないかって思うんだ。
それは別にセックスだけじゃないよ。
目に見えないものだって同じ。
伝統だったり、伝承だったり・・・
そんなのもアリだと思ってるよ。

例え自分が消えてしまっても、残して、残せるものを作る。
それが僕の望みだよ。僕は。

ネトゲが終わっても、永遠に霧丸から消えないものでいたい」


騎士はロマンチックに言った。



なるほど・・・そんな考えで思念体を作るのもありか。

少し不思議に思った、騎士との会話だった。