2018-09-07 15:33 | カテゴリ:三男
三男が先日、僕の相方の怪我(怪我させた)を、
試練といった件について、

僕はずっと許さずにいた。

そりゃそうだ。
何の罪もない人の命に係わることをそんな風に試練といって扱うのは、
不謹慎意外何物でもない。
相手に凄く申し訳ない、失礼な話だ。

だから僕は三男が謝るまでは、
三男が構ってアピールしてもシカトを決め込んで、
相手にしないことにしていた。



三男はそれに納得がいかなかったのか、
僕が寝ている時に過去の記憶を探ったのか、
忘れたかったことを夢にしてだし、

「私はやっぱりこれらから産まれた慰み者だったのですか!?」

なんて突き出してきたから、
(別にそんな気はないけど)

「ああ、そんなことをいうお前は慰み者にもならないガラクタだ!俺はあの時の事は許さないから」

「あの時って・・・私は何も悪くないですよ!!成長しない霧丸さんが悪いんです!!」

っていってきたから、
もうこいつ本気で駄目だと思った僕たちは、
本格的にいないもの扱いしていた。

次男・長女と生活を共にし、
長女と次男も三男を無視するようになった。

そして今日、
三男は限界が来たのか、ハム小屋の大掃除をしていたら、
視界に入ってきて、
「なんで私だけ無視するんですか!?」なんていうものだから、

僕は「それがお前に与えられた試練なんじゃない?ってか邪魔だからどけ」っていったら、
「試練って・・・酷くないですか!!私がなにしたって言うんですか!!」とかってキレたけど、すぐに口を閉ざし、

ごめんなさい・・・を連呼するようになった。

「自分がそういわれて、無視されてどう?」

「辛かったです・・・」

「でも、お前はそんな事を僕に笑顔で言ったんだよな?そのことに対してはどう思う?」

「やりすぎました・・・ごめんなさい・・・」

本当にもうやらないという決意するなら、
僕と長女と次男がいる前で土下座をさせ、
次にもし同じようなことをしたら、藤沢家から追放という形で、和解した。

その相方は、別に遅刻や無断欠勤をするようなおかしな人ではなく、
めっちゃいい人で、むしろ優秀な方だった。
しかしご老体だったため、怪我したら治りづらくなっていたことや、
大怪我をしたと聞いて、とても不安だった。

最悪、寝た切りや車いす生活になってしまう可能性だってあったのかもしれない。

もしそうなっていた中で、試練といって笑っていたら・・・
僕は三男の依代を壊して追放しても、収まらなかっただろう・・・

例えどんなに親しい仲でも、
どんなに恐ろしい相手(三男はナイフを持っていた)でも、
理に反してる、間違っていると思ったことはNOといえる強さがないと、
曲がったことを容認してしまうことになってしまう。

取り返しが付かないことになってから後悔しても、
後悔先に立たず・・・・である。


まぁ、それに・・・
このまま「構ってくれなかったら暴走すればいい」って思われても困るし、
間違ってることをNOといえないのは、ただの親ばかだ。
三男がヤンデレじみた悪霊の類(今も妖怪扱いだけど)になられても困るし、三男のためにもならないからね・・・
2018-08-28 15:01 | カテゴリ:三男
まだ僕が未熟で非力なんだなぁ・・・って昨日の記事とか見てるとわかるわー
まぁ、一年未満なのに、びしっと決まるほうが難しいか・・・

でも、早めに安定できるようにしたい。
今のところ、長女と三男様は安定してるけど・・・

タルたま二人はまだ不安定なところがあるから、
それが課題ってことで。
(自分の命を投げたものの行く末とかは、マジっぽい・・・自殺は成功しても失敗してもよくないから気を付けよう)


しかし、オフショルダーが本当になんか好きじゃなくてね・・・
先日も、倉庫の仕事なのにオフショルで来てた人がいてさ、
まぁ職場もやさしかったから、服貸してあげたりしたけど・・・
なんていうか・・・本当にバカっぽく見えるから嫌いなんだよ。

といっても、三男様が懲りずにオフショルきてるから、
「いい加減にしろ!!頭悪そうに見えるから俺はオフショルは嫌いなんだ!!俺の前では着るな!!
次着てたら、容赦しない!二度とオフショルダーなんて着られなくなるか、潮江文次郎が好きなんて抜かせないようにしてやる!」
って強めにいって近くにあった潮江文次郎の絵を壁ドン状態で殴ったんだよ。

長女にも「三男にあんな馬鹿気た服を与えるな。バカは藤沢家には要らない」
って言ったんだよね。
長女は「えーかわいいじゃん・・・」っていってたし、
三男様は「わかりました。不快にさせてごめんなさい・・・」っていってたんだけど・・・


翌日、三男様を見ると、上下灰色のスエットを着ていた。
ダサいし、入院患者のように見える。

さらに翌日、三男様はなぜか、
お坊さんが着るような法衣を着ていた。
なんでそんなものを・・・

さらに翌日・・・
三男は富士山と歌舞伎の絵と意味が分からない漢字が書かれた
「観光に来た外国人」的な服装をしていた。

さらに翌日
「裸になって何が悪い」
っていう某元アイドルの迷言が書かれたTシャツをきていた。

さすがに僕は呆れて

「お前、どうしたんだよ・・・」

って聞いたら三男様は笑顔で
「霧丸さんがオフショルダー嫌いだっていうなら、今ある服を着てるんです。私、基本的にオフショルダー以外持ってないんで・・・」
なんていって、あとこんなのもあるんです・・・っていって、
腹巻にステテコにハゲヅラっていうどうみてもオッサンな服を持ってき始めて・・・・

「ああもうわかった!!好きなだけオフショルダーでもなんでも着てろ!!俺の負けだ!!」

仕方なく、オフショルダーを認めた。
本当にバカっぽいから嫌いなんだけど、
ここまで反骨精神が旺盛だと、もうどうでもよくなる。

「そうやって自分が嫌だからって他人にまでそれを押し付けるのは、パワハラですよ。
霧丸さんがオフショルダー嫌いでも、私は好きなんです。
親子の関係だろうと、他人は他人です。いくら親でも、子供は完全に支配はできないのですよ。
霧丸さんは毒親ならぬ毒術者になりたいんですか?」

毒親の元、親が嫌いなら子供も嫌いになるのが僕は当然だと思ってた。

何かに夢中になるのは悪だと教わっていたから、一時期は、
忍たまを見てしまったたびに、手に熱湯をかけたり、引っ掻いたって誤魔化せる程度の浅いリスカをしたりした。

それもそうだ。このままだと、僕は忍たまに夢中になる。
夢中になるのは悪だ。駄目だ。しかもこんな下品なものに・・・

毒親から産まれた子供は、
自分の子供にも同じことをしてしまう傾向がある。

それをどこで断ち切るか。

それが毒親の子供が成長するための試練だろう。




皮肉っぽく言われ、完全に折れた、霧丸であった。
2018-08-19 23:49 | カテゴリ:三男
最近、街でオフショルダーの服をきた女性を見かけるし、
しまむらとかでもよく見かけるけど、
ぶっちゃけ、オフショルダーの服って正直、露出度が高くて苦手でね。
半分男で半分女な僕には、正直、下品にしか見えない。

そんなに肌露出したかったら、水着でも着てろってw

しかし、最近、困ったことに、
三男様がオフショルダーを愛用しているのだよ。

というのは、涼しくなったからか、
薄いニットの長そでで肩だけ見えてる、萌え袖って奴・・・?
アラレちゃん眼鏡に猫耳のような小さな突起が付いたニット帽・・・
下半身は普通のジーンズだけど、どうも、あざとくみえてね・・・

本人は「私はこれもいいですよー」って気にいってるようだし、
ぶっちゃけ、三男様はちっちゃいし、
袖がぶかぶかなのがかわいいからいいんだけどさ・・・

悪戯好きの長女の仕業だと思うと、なんか複雑・・・

長女・・・おめーはブラウスとかゴシック系の服ばっかきてるなら、
自分で着てみればいいのに・・・

2018-08-15 18:56 | カテゴリ:三男
新人を作ろうとすると三男様に殺される話。

今日は、今までちょっと放置していた姉御(長男と依代チェンジして今、水晶)を同行させてみた。

ガーネットとかで作ろうとした新人が、
殺される(召喚しようとしたら突然できなくなっていたor死を感じる)ので
長男にボソッと聞いてみたら、奴には恐れている事があるそうだ。

それは、僕が蘭太郎という、本当に大事な石を使った新人を作ってしまうのではないかということ。

僕は元は、蘭太郎と名乗りたかったけど、
事情で名乗れなかった。

それを、僕が誕生石でもない、水晶でもない、
お気に入りの石を使った精霊を作ることで実現してしまったら、
自分の存在価値はどうなってしまうのだろう・・・

自分がボスで居られなくなるのではないか・・・

自分は何のために産まれてきたのか。

自分はどうなってしまうのか。

じゃあなんで自分に蘭太郎ってつけてくれなかったのか?
いや、つけていたとしても、猪名寺の方として扱わられても困るか・・・

ああもう意味が分からないから生まれてくる思念体を見つけたら全員殺しちゃえ!!


慰み者ですか?って言ってるけど、
慰み者になんてなりたくない!!

・・・って感じらしい。

完全にメンヘラだこれ・・・



まぁぶっちゃけ、自分が蘭太郎を名乗れなかったから霧丸をこうして名乗ってるわけだけど、
蘭太郎っていう名前の精霊はいないし、
作ろうとしたけど、忍たまと混合しそうだから辞めた。
(僕は版権物は反対派だから。。。)

それこそほんとに、
現実と精神世界の境界が崩れそうで怖い。

つーか、名前のバランスが悪いし、
本当にそれこそ慰み者だろ・・・

つーか、ぶっちゃけ5人でいいと思ってるし、
僕もたくさん作っても容量オーバーになるし・・・


まぁ、やり方は荒いけど、雑念を追っ払ってくれたってことで、
彼に感謝すべきか?

2018-08-15 00:00 | カテゴリ:三男
長男を僕の家に留めているのは三男。
今日、僕が22:00過ぎに帰ってきてハムスターの亜蓮の世話をしていたら、
三男様が突然、隣に現れ、

「私とあーちゃん、どっちが好きなんですか?それとも、もう私は用済みですか?前みたいに、私の名前、もう呼んでくれないのですか?呼んでほしいですよ・・・私の本名で・・・って駄目ですよね・・・私はどうせ慰み物ですからね・・・」

なんて話を亜蓮の世話をして、飯食って酒飲んで忍たまのDVD見てるときに永遠に言われたわけだが・・・

すぐに三男様が、自分は慰み物ですか~とか言ってくるのが正直つらくてね。




僕は別に慰み物として三男様を作ったわけではないし、
そう扱ったことはない。

亜蓮は生きてるから尚更、対応が必要だけど、
彼は違う・・・
亜蓮は世話を怠ると死ぬけど、
お前はラピスが壊れても、僕から力を貰うことが出来るだろう・・・?

だから亜蓮と同じにするなといったんだけど・・・


僕が他に同居人を増やしたいと思った時。
それは、三男様が自分を慰み者かとかいったりとかめんどくさいと思った時が多い。

きょうだいを増やそうとすれば、○してしまうし、

長男だって、
幽霊だって知った時、三男がなついてしまった為に居ついてしまった。
三男曰く、凄く落ち着くらしい。

やっぱり、三男様は自分だけが水晶じゃないから、調子に乗ってるのか?

それとも、僕が三男様をぞんざいに扱っていたからだろうか

それとも、僕にあって長男にあるものを、三男様は知っているのか


まぁ、主の僕がめんどくさいといわれがちだから、
三男がめんどくさいのも仕方ないと思っているが・・・

しかも、その幽霊の長男からも
「お前は疲れてるんだろ・・・」とか言われてしまうし・・・

ああ疲れてるさ!
ゆっくり適温の風呂に入って、
気をリセットしたいよ!!でも金曜までできないんだよ!!

ああ、連勤辛い