2018-09-26 09:04 | カテゴリ:長女
最近、僕が落ち込んでいる時、
長女のヤローがそんな僕を見ては、

とりあえずビールの要領で、
「とりあえず、忍たまでも観て落ち着こう」
なんて言ってくる。

僕が休みの度に雨が降ったり寒くなって萎えるというと、
「不運だー!」と、ご丁寧に善法寺伊作のモノマネをしてくれる。

いやさぁ、
こっちは落ち込んでるのになんでそんな事言うのか聞いてみたら、

「霧丸は忍たま好きだから、忍たま観れば元気になると思って…」

なんてほざき出したもんだから、
今は忍たまのような馬鹿を正当化してる物は見たくない!
金輪際、忍たま乱太郎の話はなんであろうと僕の前でしないように。
したら本気で○す!!

って怒鳴りつけて黙らせたが…

今こっちは個性だーなんだーでイラついてるのに、
ただうるさくて、個性を正当化してるような物…忍たまなんて見なきゃならないんだ。

親の顔が見て見たい…

あ、親は僕か…


そういえば、

長女には、忍たま以外まともに見せてなかったなぁ…

一時期、録画して観ずじまいだった花のち晴れだっけ?とか言う恋愛ドラマに興味があるって言ってたけど、
僕は恋愛物は嫌いだし、
僕は忍たまに一途だから、忍たま乱太郎を楽しく観られればそれでいい。

僕は忍たま乱太郎以外は要らない。

そうなってしまっていた。


だから、長女が何振り構わず忍たまの話しかしないようになったのも、無理がないのだ。

僕の家は、親父が嫌いな芸能人とかが出てる度にすぐにチャンネルを変えたがるから、
(僕はその人好きと言ったら、怒鳴られたりされた)
嫌いな物はなんでも拒絶するのが当たり前って思ってた。

親父の基準でテレビ番組を観ていたように、
僕もまた、
「こんな番組より忍たま乱太郎の方が面白い。CM飛ばせないの辛い」
と、自分基準のちっぽけな物差しでしか、物事を見られなくなっていた。

あれこれ理由をつけ、逃げていた。


というか、知る事を拒否していた。

だからこそ、軽く考えると言われて、
一年は組の落ちこぼれを正当化してるだけの、クソバカどもみたいになれとしか思えなかったのかもしれない。

ホントに馬鹿だ…はぁ…
2018-07-24 01:09 | カテゴリ:長女
今日、金魚たちが天に召されました。
実は先週のクソ暑かったころから元気がなく、
1/3の水替えは2日に一度してたのにどうしたんだろう・・・とかいろいろ考えましたが、
おそらく、僕の知識不足からのストレスだったのかもしれません。

ここ最近気温が上がってるというのにクーラーもサーキュレーターもつけずにでかけたりとか、
馬鹿な真似をしてました。


そして、水槽がある場所は、昔テレビがあった場所でして、
となりには電子レンジがあり、
一人暮らしで料理はしない系の僕には、
電子レンジは必要不可欠なものでした。

だから、操作音や、チーン!という音は隣の水槽にはよく聞こえます。
多分、それもストレスの一環だったのかもしれません。

あと僕が、水槽の水を神経質になり過ぎて大目に取り換えたりとか・・・

そう。僕の家には、
それなりの設備が不足していました。

(ハムの亜蓮ことあーちゃんは、テーブルの上にいます。今は簀子でワンクッション置いてますが、
冬はテーブルが炬燵になるので、簀子取れば軽い床下暖房的な感じになるのかも?
ずっとあっためっぱなしでも人間の僕も帰ってあったかい炬燵に入れるから一石二鳥だし、
そのまま寝落ちで炬燵ずっとつけっぱとかザラじゃないし(笑))

その水槽の前は、ベッドです。
そして、コンセントも水槽の下です。

水槽を置く場所には、適さなかったのもあります。
だけど、僕は水槽を置いてしまいました。

それでも、僕は、劣等感故に、
「こんな素敵な趣味を持ってる僕は凄い。素敵。笑われない!」
と思っていました。

でも結局は、その金魚たちをも不幸にさせ、
自分自身も、自虐的になってしまいました。

その行動は、無理に自分にとっての穢れそのものである「忍たま」を消そうと、
自分自身をモデルにしたタルパを生み、
虐待に走った。そんな感じです。

その時の僕は、まるで自分自身が乖離しているような感じになり、
自分が空虚な人間になるのもまた、感じました。

ましてや、自宅に帰ってきて自分にお疲れ!って労う場において、
無言というのは、辛いです。

僕はバカみたいにうるさいだけのバラエティー番組や重いだけのドラマも、エログロだらけの下品なアニメも嫌いですが、
無言で黙々と酒を飲むのは辛いです。
実家にいても職場でも、話のネタとしてテレビの影響はデカかったので、
やっぱりある程度はないと辛いです。

アド街が幼少期から好きだったのですが、
今はアド街を見ては、
「今度、○○行こうか~」とか、精霊たちと話していました。

(ただし、幼少期に見たこのCMはちょっと怖かったなぁ・・・)

そんなこともなくなり、ただ淡々と無音の世界で過ごす日々の中、
これが僕が望んでいた生活だったのかな?って思えてきたのです。

次第に、長女、三男様との会話も減っていきました。
それに耐えきれなくなった結果、
僕も暴走し、
トラウマ克服目的で生み出された長女もまた、アイデンティティを失い、暴走してしまいました。

結果として、
自分自身への気持ちに様々な理由を付けて封をし、
恥ずかしいとか馬鹿にされる・・・とか思っていると、
結局は悪い方向へしか進まないのです。

別に、僕は自分から、忍たまが好きです!って公言する必要はないと思ってますし、
人工精霊同様、周囲に言いふらすのもどうかと思うのは変わりありません。

ただ、今回は自分の下らないプライドが原因で結果的に知識不足で命を粗末にしてしまったこと、
そして先日の自分自身への虐待。
そう、あれは、自分で自分に呪いをかけたも当然でした。

その呪いを解こうと、
長女も三男様も苦戦し、結局負けてしまいました。

長女は何かあるたび、
「忍たまをまた一緒に見よう」といってましたが、僕には嫌がらせにしか思えなかったりもしました。

僕が運転免許を取りたいといってた時も
「藤沢さんは心療内科通いなんだからやめときなよw乱太郎見てなよwww」
ばりに言われたりしましたしw

今思えば、糖質寸前だったのかもしれません。
糖質の症状に、妄想とかありますし・・・

そして長女は金魚が死んだと僕が気付いたとき、肩に手を添えてこう言いました。
「もういい加減、諦めなよ。これ以上は、無駄に犠牲を増やすだけだから、素直になろうよ」と。
そして「霧丸は、ゴミ屋敷とトイプードルと私っていう漫画の主人公みたいになりたいの?」
と追い打ちをかけてきました。

その主人公は自分の見栄のためにトイプードルを飼っては虐待し、
借金をしてでも、自分を綺麗に見せていましたが、結局は自分を粗末に扱ってボロを出し、ぼろ糞に扱っていたブスな姉に仕返しされるという物でした。

僕はそうなりたくないって思ってましたが、
先日の通り、僕だって自分だからといって、虐待をしてしまいました。
しかもそれを周囲のせいにしていました。

まぁもう、自分の本当に好きなものが何なのかわかってしまった以上、
本当は嫌ですが、見ることになる以上は、地上波契約だけでも払うしかないのでしょう・・・。
(まぁいざという時のために、自分自身での防衛方法や最寄りの消費生活センターや相談機関の情報は網羅しています)

自分に謙虚じゃ無い行動をした結果、
すべて自分自身に跳ね返ってしまう事になった。

自分にも謙虚であることは、大事なのです。
そして自分に謙虚になると、他人にも謙虚になります。

嘘で塗り固めた自分を作ろうとすると、
いずれはぼろが出てきて、
結果的に自分を傷つけ、更に深いループにハマるだけになります。

その結果、統合失調だとか、解離性人格障害だとか、鬱だとかになるんです。

まぁ、自分だって穢れ多い人間だから、見たくない場所だってあるし、
僕も正直、こんなの恥ずかしいから認めたくないですけどねw

ああ、長女、僕の負けだ。
完敗だ。明日から、また一緒に忍たま見よう・・・
だけど、あーちゃんの世話も手伝ってね。