2019-04-12 16:02 | カテゴリ:ちびさわ日記
ちびさわが死んだ。

いや、ちびさわは殺された。


今までちびさわだと思っていたのは、
相方が作り出したまやかしだった。

相方は僕が高校時代、
逃げたいくらい辛かった時に作ったIF的存在で、
ちびさわという幻影を作って、自分を隠していた。

僕は相方に改めてお礼を言った。
今まで辛い時も、どんなときも一緒にいてくれてありがとうと・・・

もう、まやかしは辞めてくれ。
こんなことをしても誰も何も得をしない・・・

そう言おうとした時だった。

誰かが相方の部屋に入ってきた。


瑠璃だった。


手には大きな鉈のような刃物を持っていて、
刃には血のような赤いものがついている。

メガネの下の眼は恐ろしく、
息も荒い。

「見つけた・・・この黒幕が!!霧丸さん!!離れてください!!・・・・・この男は私が成敗します!!」

瑠璃が相方に襲いかかった。

「瑠璃、待て!!なんでそんな荒ぶってるんだ!!」

僕は相方の手を引いて逃げる。


どこへ逃げるか迷う。

藤沢島から、サナトリウムに行ける。
瑠璃が暴走した旨を伝えれば、助けてもらえるか?

確か藤沢島からサナトリウムに行くには、
廃墟の病院を通って、奥のドアを開けるんだっけ?

モタモタしてると瑠璃に殺されると悟った僕らは、
立ち入り禁止の廃病院の入り口に入る。

廃病院は窓が全て板で覆われてるからか、
光無く薄暗く、
何か出てきてもおかしくない雰囲気だ。


いや、今はオバケより瑠璃の方が怖いか。


一階、二階…と階段を登って行き、
ようやく三階にたどり着く。

構造はよくわからんが、壁伝いに歩いてゆけば、行き止まりにドアがあるはず…



流石病院。


病室多すぎ…


そんな病室の一角に、
明かりが灯った部屋があった。

開けてみる。


聴こえてきたのは光GENJIの勇気100%。
そして壁一面に、至る所に、忍たま。

ブラウン管のテレビからも古い忍たまが映されている。

よく見ると、絵柄が今より古い。
作画が変わる前の旧世代の忍たまだ。

「キャハハー乱太郎、きり丸、しんべえ、今日は何して遊ぶ?」

子供の声が聞こえる。

「何この部屋…」

「これは、本当のちびさわだ…」

相方がバチが悪そうに言う。

これはヤバい。見てはいけないものを見てしまった。

「あ、お姉ちゃんご飯にしよう!お腹すいたでしょう?」

と、子供はスープのような食事を奥のベッドへと運んだ。

静かに見てみるとベッドには、
ぐったりした大人の女の子が縛られていた。

よくみるとそれは、長女だった。


ちびさわは、長女に食事を食べさせながら、
楽しそうに笑っていた。

「お姉ちゃんだけだよ・・・大人の霧丸も、所詮は瑠璃って人の味方して・・・結局ヒロアカにハマって、忍たまを捨てたいんだ・・・」

その時、後ろから殺気を感じた。



瑠璃だった。


「見つけました・・・今度こそ、成敗します!!」

瑠璃は相方に襲いかかるも、
相方が近くにあった消火器を振り回して反撃し、瑠璃を転倒させた。

「相方、瑠璃を抑えておいて!!」

その間に、僕はちびさわに近づく。


「大人の霧丸は、僕を殺して、瑠璃君と一緒に僕のヒーローアカデミアのファンになるの?」

「違う!!そんなつもりはない!!」

「嘘つき・・・大人はみんなそうやって僕を騙す・・・僕はもう騙されない!!」

そう言ったちびさわの頭に、何かが当たった。

相方が投げつけたようだ。

「てめぇ・・・それは瑠璃のスマホだ!!そのストラップ見てみろ!!それはお前が憎んでいる、僕のヒーローアカデミアのキャラクターか!!??」

???

僕も気になって見てみる。

確かに身に覚えがない赤い手帳型のスマホケースで、
ケースの下にはストラップがつけられるようになっていて、何かのラバストがついている。

よく見てみると、それは、家にある七松小平太のストラップだった。



「どうせ相方のスマホだろ!!僕を騙すために、わざと大人の僕の家からとったストラップを使って、
瑠璃君が好きだって嘘をついて・・・!!」


ちびさわはなおも信じない。


「これが俺のスマホだ」

といって見せたのは、青い手帳型カバーがかかったアンドロイド(S●NY?)のスマホだった。

「今から瑠璃のスマホに電話を掛ける」

といって、連絡先から瑠璃の電話番号を呼び出し、スピーカーモードにして電話を掛ける。


その七松小平太がついたスマホから流れてきたメロディーは・・・




聞き覚えがある曲だった。





勇気100%。


「はいそうです。sexyzoneの勇気100%です。ジュニアboysというアーティストが見当たらなかったのでsexyzoneで代用しました」

瑠璃が代わりに代弁する。


(どうでもいいけど現実の僕の着信音は光GENJI版である)



「よろしかったら、待ち受け画面も見て見てください」

!?


それを見て、僕は唖然とする。

不在着信を伝える通知と時計の背景・・・




それは、忍たま乱太郎の六年生の集合画像だった。


「瑠璃・・・これはどーいうことだ・・・」

「私は潮江や小平太といった忍たまの六年生が大好きです。
だから・・・忍たまが嫌いだからヒロアカを勧めたんじゃないってわかって欲しかったんです・・・
私も、あの時忍たまなんて!!って売り言葉に買い言葉で返してしまったから、こんなことになってしまった・・・
でも、霧丸さんは夢中になると周りが見えなくなってしまう。そのせいで、損をしてしまうことになるのを止めたかったんです・・・だから私はヒロアカを・・・」


「瑠璃・・・そうか・・・お前も霧丸が大好きだったんだな・・・」

相方が瑠璃を抑えていた手を離す。
瑠璃は立ち上がって、鉈を手に取った。

「霧丸さん、そこを退いてください。ちびさわは過去の霧丸さん・・・死人はあの世へ返すべきです!!」

「待て、そうだとしても、俺がやる!!」

瑠璃から鉈を取り上げようとする。

「いいです。私がやります。悪いものを退治する妖怪。なんていうのも素敵でしょう?

私は、忍たま乱太郎を見てたから、僕のヒーローアカデミアに興味を持てました。
個性とか、なんかどこかいい意味で似てる気がして・・・

だから、信じてください・・・私が・・・忍たまを憎んでいたんじゃないってことを!!

でも、このままこの子を許していたら、あなたはいつまでも同じ場所にしか止まれない。
そうなったら霧丸さんはいつまでも同じことの繰り返しになってしまいますよ・・・」


「・・・」

僕は黙ってその場を譲った。



「え・・・どうして・・・僕を殺すの?やめてよ!!」



「さようなら・・・過去の霧丸さん・・・私は、忍たまを絶対に嫌いになんてなりませんから!!」

瑠璃の鉈が、ちびさわを頭から真っ二つにした。


幸せな場所は一気に、血なまぐさい殺人現場になった。

「何がインナーチャイルドだ・・・そんなことして、霧丸さんが逆に忍たま以外いらないってなったらどーするんだ・・・」

相方が、おもしろそうにいう。

「へぇ・・・お分かりなんですね。てっきり、相方さんも騙されてるのかと思ってましたよ。だからコイツを庇うなら、成敗しようと思ったわけです。誤解してすみませんでしたね」

瑠璃がちびさわの死体をゴミを見る目で見つめた。





「霧丸さん・・・本当ですよ。私は、ヒロアカも好きですけど、忍たまはもっと大好きです」

血まみれの瑠璃が、目の前に七松小平太のラバマスがついたスマホを目の前に見せて、ニコリと笑った。


最初に長女を作った時に願った、

「一緒に忍たまを見てくれる仲間が欲しい」

この願いが、まさかこんなに大事になるなんて、思ってもいなかったと痛感した。



(続くかも?)
2019-04-10 03:03 | カテゴリ:ちびさわ日記
姉御・・・綺麗な顔して恐ろしいです。

「瑠璃ちゃんは私が折檻しておいたわ。まぁ、霧丸に謝れと言っただけで土下座しろとまではいってないのは事実だけど」



姉御は綺麗な人で、
たまに和服着て美しい時だってあるっていうのに・・・どうした?


今日は仕事中に依り代を持って行かなかった。
忍たま効果もあってか、3時間睡眠でもイケてる。
生きがいオソロシス・・・
(ただし乱用しすぎると効果がなくなるので注意)



ふと横にちびさわがいた。
「姉御ねーちゃんが、瑠璃兄に『霧丸を追い詰めてるのは貴方、瑠璃なの!!』っていってなんか説教してた」

と、無邪気に笑って言っていた。
瑠璃ざまぁwwwと字幕が見えたのは気のせいか?
(どうでもいいけどちびさわの依り代は僕自身である)

「僕はまた忍たまが見られて嬉しいけど、霧丸は瑠璃兄をどうしたいの?」

お前は許さない気満々なのが気で見てわかる。


当然だ。



僕だって、瑠璃を許さない。




正直いう、僕は瑠璃を甘やかしすぎた。
瑠璃がチョコが好きだからとチョコを与え、
あそこに行きたいと言えば付き合い、
それが欲しいと言えば買い与えた。
ヒロアカとか。

そんな感情で育てられた奴がどうなるかなんて、
目に見えているだろう。



ここで許しては瑠璃のためにもならないし、
かといって忍たま乱太郎という狭い世界に引きこもるのはよくない。

だからこーする。

「瑠璃、お前は絶対許さないし、
僕のヒーローアカデミアという作品は吐き気がするほど大嫌いだ。
正直、全巻今すぐ破り捨てたいくらい目障りだ。

だからあ・・・うん・・・てなるような再放送期間、或いは『はながっぱ現象』
(忍たま乱太郎をオート録画にしてると甲子園期間の放送休止期間にはながっぱが撮れてる現象)の時までヒロアカの話はしないでくれ・・・」

「霧丸!!それはただの押さえつけよ!!」

姉御が止める。

「霧丸は自分が好きな忍たまを貶された事で瑠璃に怒ってる。
その気持ちもわかる。
だから私は瑠璃に怒った。
でも瑠璃は忍たまにばっか夢中になってる霧丸を心配していたのもあるの!!

何かに夢中になると霧丸は周囲が見えなくなるらしいから。


相方とかから霧丸は忍たまの再放送になると元気がなくなるとか、瑠璃は色々聞いてたのよ!!
だからヒロアカを勧めていたのもあるの・・・」

わかってる。そんなの。

せめて27期初回放送中は・・・
忍ミュに参戦するまでは・・・



忍たまオタクの藤沢霧丸でいさせてくれ。

GWとかの激務を乗り切るためにも、特に生きがいは必要なんだ・・・



でも再放送期間なり、はながっぱ現象が起きるようになったら、
ヒロアカの3期までのアニメを見ておくのも手だろう・・・
10月に4期が始まるらしいから、浦風先輩よろしく予習しておこう。

あまりヒロアカも悪くないことを伝えて瑠璃が調子乗っても困るから、
これは黙っておこう。


「でも、霧丸が瑠璃の思考に流されてヒロアカ信者にならなかったのは正解だったわよ」

ここで忍たまを瑠璃と一緒にディスって、
ヒロアカに鞍替えしていたら、きっと同じことの繰り返しになっていただろう。

もう違う。

僕は僕、瑠璃は瑠璃だ。

それだけなんだから・・・


「わかりました。では、夏は私のヒロアカに付き合って頂きますよ。もちろん10月までに3期まで全てですからね」
と、瑠璃が冷静に言った。
2019-03-26 09:06 | カテゴリ:ちびさわ日記
ちびさわがなぜいなくなったか、
僕は奴らを問い詰めた。

ちびさわを隠したのは、相方と長女だった。


どんなに嘆いても、どんなに哀れんでも、
どんなに可愛くても、ちびさわはもう死んでいるから、あっちに帰るのが本来であり、
時には心を鬼にして決断しなくてはならないと諭された。

「ちびさわは満たされたから大丈夫。
でもちびさわは心で生きてるよ。霧丸が変な態度とるとまた暴走するから、気をつけて・・・」

と、釘を刺されてしまった。


それはそうと、
新たなる事実が発覚。
2019-03-24 14:44 | カテゴリ:ちびさわ日記
朝起きたらちびさわがいなくなっていた。

どこへ行ったのだろう・・・?


また勝手に散歩に行った瑠璃に聞いても、一緒にいないというし、
(ちびさわは天気がいいと瑠璃と散歩に行く)

ちびさわ・・・

「ちびさわは、帰ったんだよ・・・あるべき場所に・・・」

寂しそうに言ったのは、長女だった。


どうして・・・あのちびさわが・・・

「なんでお前は冷静なんだよ!!お前、ちびさわと仲よかっただろ!!なのに・・・まさか・・・お前がちびさわを殺したんだな!!」

「・・・そうかもしれない・・・」

長女がちびさわをいないものにした。






ショックだった。






感極まって、長女の首を絞める。

じわり・・・じわりと・・・

「お前の考えることは予想がつく。どうせ自分が構ってくれなかったから、自分だって姉だから辛いのに・・・ってくだらない理由だろ!!お前、瑠璃が自分より優秀なのを根に持ってたもんな!!このガラクタ女!お前なんて瑠璃以下だ!」

「そう・・・あたしはガラクタ。優秀な瑠璃(おとうと)と違って、平凡か、それ以下でしかないつまらない存在。あなたと同じよ、美術の才能を持って生まれた妹と違って平凡・・・あるいはそれ以下に扱われた哀れな貴方と!!」


はぁ・・・意味がわからない・・・
だから何?あたしだって辛いんだよアピールか?

「あんたのやってることは、ただ自分に甘えて、弱いものにつけ込んで苦手なことから逃げているだけ。
もちろん、身体的に問題がある先輩に気を使うことは大事だけど・・・

あんた、あのブスを憎みすぎて結局大切なことを忘れてる!

ちびさわが・・・瑠璃が・・・ってあんたはそればっかり!!
『藤沢霧丸』が『藤沢霧丸』を一番わかっていないの!!」

「ほぉ、僕に楯突くのか・・・僕はあのブスみたいな自己中になりたくないだけ」

「そんなことしてたら、あんたもブスと同じになるよ!空に唾を吐いたら自分にかかるのと同じ。勘違いしないように言っておくけど、
あたしは忍たまの一年は組みたいに脳みそ空っぽになれとか人を憎むなとは言ってないから。

あたしも職場で漫画読むなんて信じられない
(小声でそんなに漫画読みたいなら京浜東北に乗って大船まで行ってろと聞こえたのは気のせいか)と思ってるし、

暇ならきになる場所を掃除しましょうって路線に持って行った貴方は立派だと思うから、
ブスは反面教師にすればいい。

あんたがその時のポジションを犠牲しない程度に元のポジションにいた時やってほしいことをやればいいし、
中耳炎になってブスに見捨てられた挙句、先輩の悪口言われた時のことを思い出してくれればいい。

霧丸がお人好しだけど根は素直で優しくていい子なのはわかってるの。
でも、それに酔っちゃダメ。

・・・まぁ、平凡な長子同士、そうなりたくなるのはお互い様だけどね・・・」

と、長女が苦笑いした。


ちびさわがなぜ消えたかは、次頁で書くとしよう。

2019-03-22 23:40 | カテゴリ:ちびさわ日記
暇だったから、
ブックオフにヒロアカを買いに行く。

最近、なぜか知らないけど、
ヒロアカを買うのが楽しみになってきた。
アマゾンとか使えば安く買えるのだけど、
僕はアマゾンとかはあまり使わない主義なので、
18〜20巻くらいまでは中古でとの約束で我慢してもらっている。

金銭的な問題等、全てを説明した上で・・・

でも、出先ではちゃんと新品を買ってあげることも検討している。
それが最強のお土産になると、実感しているから。

だから絶対にアマゾンは使わない。


自分では読まないヒロアカだけど、
やっぱり出向いて買うっていうのは嬉しいね。
これで瑠璃が喜ぶ顔が観れると思うと・・・

そのついでに、とある本を手にする。

神風怪盗ジャンヌ


僕が小さい頃に講談の魔法少女に対抗するためにテレ朝でやっていた集英の魔法少女でな・・・
あっちがロリィタ系なら、こちらはヴィジュアル系という言葉がしっくりくる。
天使と悪魔とか・・・
内容は今は絶対にあの時間帯には放送できないなー

あの時代はよかった。マジで・・・


そんなジャンヌの単行本を、僕も買っていた時代があった。
というか、親父に買ってもらった。

でも、ある日、捨てられた。
僕が宿題をやらなかったからっていって。
取り上げならまだしも、捨てるってないだろう・・・

それ以降、買おうとしてもダメだと言われたり、
アニメを見るときも、嫌な顔で見られたりした。

それから十数年・・・
こうして文庫版として手に入れられた僕・・・

今は一人暮らしだから、
自分が好きな漫画を読んでも怒られない。
親の顔色を伺うこともない。
かといって、瑠璃に合わせて無理にヒロアカを好きになる必要もない。

つーか、
真性の漫画好きは職場のような場所で漫画を読まない、
家や電車とか静かにすべき場所で静かに読んでいるのが真性だと悟られて、
少し自信を持てた。



きっと長女あたりが気に入ってくれるんだろうな・・・と思いながら、
瑠璃にヒロアカを渡す。

「おや、霧丸さんが忍たま以外の単行本を買うなんて・・・」
と言われて、以外に思った。
そして、この作品は実はこう言うわけで・・・と言うことも説明した。

そしたら瑠璃のやつ、なんか涙流し始めてね・・・

「霧丸さん・・・辛かったんですね・・・私・・・それなのにヒロアカをバカみたいに強請って・・・」

すみません・・・

瑠璃が僕に泣きついてきた。

「いや、悪いのはヒロアカをねだったお前じゃない」

「霧丸さんの状況も考えずに、頭ごなしに説教した自分が後ろめたいです・・・

霧丸さん・・・なんで私にちゃんとそのこと話してくれなかったんですか?ちゃんといってくれれば私は・・・」

瑠璃が泣き出した。

でも、悪いのは瑠璃じゃない。
むしろ、瑠璃がヒロアカをねだってくれなかったら、僕はずっと、
忍たま乱太郎という、狭い檻に閉じ込められていることになった。
感謝すべきは、僕の方だ。

「僕の方こそ、ありがとう。瑠璃」

瑠璃はちびさわと一緒に外のミニストップでアイスを買って食べたこととか、
いろんなことを話してくれた。

ちびさわ・・・こんなよく笑う子だったんだ・・・

「これでまたジャンヌが読めるー」
なんて笑ってた・・・


ちびさわは不安がっていた。
こうして瑠璃にヒロアカを与えたりするのはいいけど、
瑠璃がバカになってしまうのではないか、
前言っていた、無断欠勤ブスみたいになってしまうのではないかと、不安になっていた。

大丈夫。

・TPOをわきまえるのが真性、TPOをわきまえないのが似非

・職場とか関係ない場所では下手にアピールしない、グッズとか持ってても下手な布教をしない(嫌がったら止める)の
が真性、逆にアピール大好きで、迷惑がっていても布教するのが似非。

・人に迷惑かけないのが真性、人に迷惑かけるのが似非。

・他を受け入れる、合わない場合でも丁重にお断りするのが真性、他を頭ごなしにディスるのが似非。

・実生活に支障を来さないのが真性、実生活を犠牲にするのが似非。

だから、漫画が好きなのは罪ではない。
悪いのは、人に迷惑をかけたり、T.P.Oをわきまえない時だけ。

「そっか、悪いことをしたり、人に迷惑かけないなら、趣味なんて勝手なんだね・・・
だったらなんで霧丸はこんな遅い時間まで起きてるの?早く寝ないと、体調崩すよ?」

と、逆に聞かれてしまった午前25時であった。