2018-09-20 00:21 | カテゴリ:トラウマ100%シリーズ
『こんなバカみたいな思いをするなら、いっそのこと、あの事故が起きる前に戻って過去をやり直したい・・・』

もしも僕が、正常にあの時、
「にんたま」ではなくて「ぎんたま(銀魂)」と検索していたらどうなっただろうか・・・
スマホ入力で『か』行の下は『な』行だ。

それを見て見た。

前と同じ日々が続いていた。
食事はコンビニで適当に拵え、
特に好きな作品もなく、ただただ、惰性で生きるだけの生活。

特別見たいものがなかったので録画装置を買ったり、
テレビを買い替えるなんてことはしなかっただろう。

深夜アニメやドラマを観ることもなかっただろうから、
バンドリにも出会えなかっただろうから、
今自分が聴いている、ロゼリアやポピパといった物とは無縁な生活になっていた。


じゃあ予定通りに冷蔵庫を買って料理をしていたかといわれたら、
答えはNOである。

前に料理をしていてやめた原因は、
孤独で寂しかったから。

誰も食べてくれない料理に価値はあるかといわれてもNOであるし、
自堕落なその僕に恋人なんて出来るわけがない。

忍たまに出会ったから、
そのトラウマを克服したくて長女を生んだ。



そしてのちに生まれた王子が食いしん坊だったので、
僕が料理をしていたら、味見をしに来てくれた。

例え多少味が失敗したと思っても、
「美味い!」と豪快に食ってくれる様は、
作った本人にとっては、涙が出るほどうれしいものだった。

『何この味付けw豚のえさかよw下手くそw』
『これでよく調理師免許取れたねww』
『才能ないからやめちゃえば?』

そう、自分の声が聞こえて、
一時は辞めようとさえ思っていたが、


次男も次第に色々、実家で食べていた料理を思い出してあれこれ言ってくれるようになったし、
三男も長女も、リクエストをしてくれた。

休日はスーパーに行くだけで、
とても楽しいと思えた。

あれ食いたい、これ食いたい。
これは翌日○○に出来そう。
そう聞くだけで、僕はうれしかった。


「私の色 本能 取り戻したいから」

僕の本質は、
戦乱の今を能天気に生きる一年は組の阿保共とは違い、
失ったものを取り戻すという記憶喪失な主人公のようなものだろうけど、


殺伐としているのに、何故か涙が出る。

自分の料理を食べてもらえるって、こんな嬉しいことだっけ・・・




どうしてあそこで事故があったのかは知らない。

でも、あの時の些細な事故で自分自身の運命が変わった。


これはいったい、どういう事なんだろうか。
不思議なこともあるものだ。

(よし、明日の昼は人生初のロコモコ丼を作ってみよう。もちろん、味付けは自己流でw)

20日中に圧力鍋も来るから、更に料理の幅が広がりそうで愉しみだ。
2018-09-14 15:33 | カテゴリ:トラウマ100%シリーズ
最近、困ったことがある。


先日の件で、
自分が忍たまが好きだという事を認める事が出来たけど、
今度は「忍たま以外興味がない」という困った状況になってしまった。

テレビを見ていても、

すぐに飽きてしまって、
気が付けば忍たまのDVDや録画の忍たまをみて終わりにしてしまう。

精霊たちとの会話も、徐々に減ってしまった。

忍たまオタクの長女でさえ、
今はちょっと大好きな山田利吉でもお腹一杯・・・っていわれてしまって、
依代の中で寝て過ごしてる日が多くなった。
かろうじて自炊してるから、味見には来ているが・・・

三男様は、なんかもう潮江文次郎が出ていても忍たまは見たくないって言われて料理を作っても、出てこない。


次男には、なんでそうなったのかは自分の頭で考えてみろと言われて、
考えたけど・・・


そうか。会話ネタがないんだ・・・

たとえ相手が情報を知っていても、
僕が知らなかったら会話にならないし、

「藤沢家の主は俺だ。気に入らないなら出ていけ」

といっている本人が忍たましか見てない以上、
他の住人は意見しにくくなっているし、

三男曰く、

「折角僕が忍たまが好きって言う自分自身を認めたのに、下手な事いって、
僕が『忍たまなんて嫌いになってやる!!』って言いだしちゃうんじゃないかって不安になっていた」

らしい。

長女は、
「霧丸が好きなんだから仕方ない」
って思っていたらしい。

次男は以前から、ドラマとか見て見たら?って言ってくれた。
でも復讐だー恋だーっていうのがめんどうだからっていって、どれも投げてしまっていた。

忍たまに一途だっていいじゃないって思ってたけど、
それでは生活は成り立たないんだよね・・・

ましてや僕の仕事は客商売だ。
客や他のメンバーとの会話のためにも、
ある程度の会話はできなければいけない。

「無知が慌てる原因になる」

コミュ障を作るのは無知だ。
無知が原因なら、無知でなくなればいい。
そう。知ればいい。色んな事を・・・

という事を書くと、
僕を発達障害だとかアスペだとか思う人もいるだろう。
でも、僕はそんな風に思ったことはみじんもない。

逆に、そう思ってしまうと、
「自分は病気なんだ・・・」って言うネガティブな認識になってしまうので、

此処は、

「忍たま乱太郎大好きすぎて、周りが見えなくなっちゃった(テヘペロ
客商売だからニュースとかみないとだけどどうしよぉw」

くらいの軽ーい気持ちで居よう。


次の課題は
「すべてのバランスを取る」
だ。

仕事の一環と割り切って、少しづつならしていこう。

「浅く広く」

この精神をみにつけられるよう、頑張っていこう。


王子は
「自分で気が付けるなら、霧丸は凄いや」
っていってたけど・・・そんな事はないぞ。
2018-08-02 02:40 | カテゴリ:トラウマ100%シリーズ
高貴な趣味って何?

どうすれば笑われない?

何だったら恥ずかしくない?


あんなことがあっても、
長女はなんやかんやで忍たまを見てますし、
三男も大好きな潮江文次郎が出ていればテンションがやばいくらい上がります笑
長男も、最近は理解したのか、色々感想を言ったり、
次男はやれやれって感じだけど、別に止めたりはしないです。

ただ、僕だけが一人、
忍たまなんてはしたない!恥ずかしい!笑われる!って思っているのです。

長女「じゃあ、霧丸はなんだったらいいの?霧丸がいう恥ずかしくないものって何?」

「・・・・・」

答えられませんでした。

実際、水槽は立地の都合でNGだったからテレビ戻したし、
(今思えば地震や事故で水槽の水が零れた場合、感電死してもおかしくなかった)

何かを習いに行こうにも、習いたいものはないし、
何かしたいものもない。

ドラマもアニメも見て見たけど、
当たらなければふーん程度。
忍たまやコナンのように、毎回見たい!ってわけでもありませんでした。

自分は何を求めて何がしたいのか。

高貴なことって何?

ブランド品を持っていれば笑われない?

恋人がいて、うまくやってれば本当に幸せ?


自問自答を繰り返すうちに、
自分が何を求め、何がしたいのかわからなくなっていきました。

男性陣は言った。
「一体誰がそこまで忍たまを馬鹿にしたのか」

『また昔みたいに笑われるからやめておきな』
『霧丸が駄目なのはこんなのに夢中だからだよ』
『忍たまなんて好きってばれたらいじめのターゲットにされるだけだよ笑』
『他にもっと色々面白そうなことがあるのに・・・』
『年考えろよwww』

誰がこんなこといってるの?

過去に笑った人?

職場の人?

毒親?

友人?

長女?

長男?

次男?

三男?



いや、違う。



この声の主は、
そう。自分だった。

勝手に自分の好きなものを値踏みし、
勝手に自分を駄目だと催眠をかけていたのは・・・

藤沢 霧丸という奴でした。



結果として、
忍たまにトラウマを持った人間が、
架空の忍たま信者を作ってトラウマを癒すという試みは、

失敗で成功でした。

確かに人工精霊は、
根本的なトラウマの原因を突き止めたりしたわけでもありませんでした。
長女を作ることで、
トラウマがある日さっぱり消えた訳ではありませんでした。

一時は逃げてしまえば楽になると思ったりしました。
嫌いになればいい。とさえ思ってました。

そして先日の虐待騒動・・・

その時点で、もう長女には嫌われた、
暴走してしまってもおかしくない・・・
やられる前にやるしかない・・・とさえ思ってました。

それでも長女は帰ってきてくれて、
一緒にいてくれた。
「下らないプライドは捨てて、自分に謙虚になりなさい」
と肩たたきをしたのも、長女でした。

今までは孤独に目に見えないトラウマと向き合っていたのが、
長女がいることで、孤独でないと思えました。

このオカルト的な考え方をしってから、
トラウマの黒幕が、精神世界で視覚化できた気がしました。


「無意味な言葉で慰めないで」
と思っていた通り、
周囲の上辺だけの励ましなんかよりずっと、同居人の存在は大きかったです。


そしてなぜか潮江文次郎好きになった三男に、
すべてを受け入れてくれた長男、
否定せずに見守ってくれた次男・・・

今では
「もしもお前の前で忍たまを馬鹿にした奴がいたらぶっ○してやる!」
と、同居人一同は言ってくれました。
(それは価値観の違いもあるし、ただの質が悪いファンと同じだから辞めろといいましたが・・・)

途中、危ういところはありましたが、
彼らの協力があったからこそ、
このような結末を迎えることができたのだと思います。

別に腐女子とか他のファンと仲良くする必要もないのです。
僕の場合は長女と2人で盛り上がればいいので・・・


次の目標は、
「アクティブなオタクになる」

オタクというと、
家に籠っているとか、
ア〇メイトや秋葉原にいるイメージが濃いし、

一途でいる以上、
そのことばかりにとらわれていては、ただの井の中の蛙になってしまいます。

だからこそ、忍たまとは別に趣味を持つ必要があるのです。

僕の場合、同居人たちと一緒に東京の街を散歩したり、
寺院めぐり(御朱印集め)をしたりする事を以前からしていたので、
それも継続でやっていきたいです。

いずれは免許を取り、
ドライブもしてみたいとか思ってます。
やっぱ、電車だけだと行ける場所が限られてきますからね・・・
(車限定で今気になっている場所は、海ほたるです)

で、この要領で閉所恐怖症や、
外食恐怖症も、
少しずつ直しておこうと思います。

やっぱり、外に出て何も食べられないっていうのは、
正直しんどいですよ・・・

でも、今はなんか、
行けそうな気がする・・・

まぁ、油断はいけませんね・・・・笑
2018-07-17 23:12 | カテゴリ:トラウマ100%シリーズ
長女は僕が水槽を置いたことについて、
納得がいってないようだ。

「霧丸が水槽を置いたのは、臭いものにふたをしているのと同じに見えるわー」
らしい。

長女は僕がテレビを封じたのは、
自分が過去に抱いた劣等感(トラウマ)から忍たまを封じて、
水槽に逃げたと思ったらしい。

実際、長女は

『僕が忍たま乱太郎へのトラウマを克服するための、
腐女子のような忍たまを慰み物扱いしない、
言ってしまえば自分にとって都合がいい忍たま信者』

として生み出された存在であったので、
今、N○Kを解約し、テレビも封じ、その跡地に水槽を置いたことは、
彼女にとっては、

「僕が忍たま乱太郎を捨てて違うことに逃げ、忍たまを自然に記憶から消すの?」

だとか

「自分はもう要らないんじゃないか?」

とか思ったのだろう。



まぁ、実際、
フリーターの現状を知って、
「三度の飯より忍たま乱太郎!」とか下らないこと言って、
忍ミュとかに行ってる暇があったら運転免許を取ってればよかった。とか、

「忍たま乱太郎が好きってバレたから変人扱いされた、苛められた」
とか、思うこともあって、それこそ声に出さなかったけど、長女にはいろいろばれていたらしい。

本当に、当時の興味を、
忍たまではなく、ほかの、もっと有意義なことに向けていたら、
履歴書に運転免許有とかけたりしたのだろう・・・

長女が言うには

「あたしは霧丸の過去に何があっても、山田利吉が好きなの!
だから忍たまの悪口は、聞きたくない!!貶さないで!」

「魚とかは男三人が好きだから、
彼らと一緒に愉しめば?」

といって、籠り続けている。


確かにそうだ。
僕が水槽を始めたのは、
人に笑われないような趣味が持ちたかったという、
コンプレックスの裏返しでもあった。

忍たま好きだったら笑われたりドン引きされたりするけど、
水槽だったら、笑う人はあまりいないはず・・・

大丈夫、自分は変人ではない。

笑われない・・・

けなされない・・・

「完璧で完全な人間」でいたかった。


僕はネットで見逃し配信されている名探偵コナンを見せ、
こんな感じで、民放だったらアニメやドラマを観れることを説明し、
僕は忍たまを嫌いになったわけではないことと、
9月の学園祭は応募する意向を説明した。

それでも、長女はまだ半信半疑って感じだ。
「どうせ、閉所恐怖症だとか、仕事に迷惑かかるとか理由をつけて、逃げる気なんでしょ?」
って感じで。



確かに、一般的に好きなアニメを聞かれて「忍たま乱太郎」と答えれば、
ドン引きされるのは事実だ。

一般的には「え?子供向けアニメだよね?」って思われて終わりだろう・・・
かといって、腐女子とかファッション系のオタクでもない。

じゃあどうしたらいいか。


・・・!

そうか・・・そういうことか・・・

人工精霊と僕の忍たま乱太郎への考え方は同じなんだ・・・!

「僕は自分から、人工精霊をやっているとリアルで言うか?」
と言われたら、答えはNOである。

こんなこと言ってしまうのはあれだけど、人工精霊やタルパは、
自ら人に話すものではないし、話したところで、変な人扱いされるのと同じだし、
病人扱いされるのは、目に見えている。

自分で霊感あるという人が、変な人が多いのと同じで、
堂々と好きなアニメを聞かれて忍たま乱太郎と答えるような人とは関わらなければいい。

実際、N〇Kに騙されたので解約した人間としては、
好きなアニメを忍たま乱太郎と堂々という人を観ると、
「うわー、N〇Kやジャ〇ーズに踊らされてるって気づいてるのかなぁ」
なんて軽蔑と憐れみを含んだネトウヨ的な目で見る事も。。。

(その代り、たとえば高山みなみさんといったら?と言われたら、コナンとか、
田中真弓さんは?といわれたらone-pieceのルフィ等と答えられるようにする必要がある。。
まぁそれはそれで、声優さんやアニメへの知識が広がることにもなって一石二鳥だけど笑)

第一、真性なら黙っていて、自分の中で楽しんでいる。そう思えばいい。

いいんだよ。

人工精霊も忍たま乱太郎もぼっち宗教で
人に迷惑かけないで、僕一人が楽しんでいれば。



職場は遊びの場ではないから、
仕事は仕事で割り切ればいいし、
人がどんな趣味、どんな宗教を信仰してても関係ないし、
それで万が一露見して、
笑ったりするやつがいればパワハラになるし、
逆に笑い返してやればいい。

そりゃ、シフト申請せずに突然前日になって
「明日、忍ミュだから休みます!」とか言ったら問題だけど、
きちんと忙しい時を避けてシフト申請をするなど、
人に迷惑かけなければいいし、人に笑われないような行動を普段から心がけていればいい。

水槽にしても、
正直やってよかったと思ってる。

忍たまに興味がなかった、次男や長男、
潮江文次郎というキャラが好きってだけで熱心なファンではなかった三男との話題が増えた。

あと、早寝早起きは魚にも生活リズムをつけるうえで大切だと物理的にわかったし、


いつかは、水槽の背景に廃墟の写真を張って、
墓の模型とか壊れた樽のオブジェとかいろいろ入れて、
プチ水中廃墟を作りたいなーとか思ってる。

(廃墟って実際に行くのは危ないから嫌だけど、
通りかかったり、写真とかで見る分には、ものすごく楽しい)


やっぱり世の中、
卑下することは良くないけど、
言わない方がいい事もある。

で、やっぱり、
普通の趣味を持つっていいね。
2018-07-06 06:10 | カテゴリ:トラウマ100%シリーズ
(先ほどの続きです)

そんなわけで、僕は長女を作りました。

初心者だったので、水晶のタンブルを依代にして作りました。
(とか言ってますが、行った先で誕生石のラピスラズリに出会ってry)

水晶には、悪いものを浄化するという力があるため、
僕のトラウマ(悪いもの)も浄化されないかな~とか思いながら、
僕は水晶に、思い描いた長女の姿を重ねていました。

そして産まれた長女。
割とすぐにやってきてくれました。

見た目は僕と同身長くらいの、
可愛らしい女の子です。
まだ、生まれたてほやほやで、
?って表情をしていました。


よし、これから彼女と一緒に、
僕のトラウマを解消して行こう!

・・・といっても、いきなり忍たま乱太郎を長女に布教するのは、
長女からしたら迷惑だろうし、これではただの洗脳だ。

だから、最初から忍たまについていろいろ話したりするのはやめ、
彼女が興味を示したら、いろいろと忍たまについて話していこう。
それまでは、普段通りのことを話して、普段通りの生活をしよう。

・・・しかし、せっかくチャンスが来たのに、僕がそれを無駄にしてしまいました。

(忍たま閲覧中)

長女「霧丸っていつもそのアニメ見てるけど、好きなの?」

僕「・・・まぁ、暇だから見てる。別に特別好きってわけでもない」

長女「そうなんだ・・・暇つぶしかぁ・・・」

僕「うん・・・」

長女「でもなんで、この家にはそのアニメ(忍たま)の物が多いの?この壁の絵とか、暖簾とか・・・」

僕「それは・・・前好きだった時の名残」

長女「今は好きじゃないの?」

僕「・・・・・・・・(いざとなると、言いづらいし、言ったとことでつまらないとか言われそうで怖い)」

長女「あたしね、このアニメに出てくる利吉って人が好き!かっこよくって、バリバリ仕事できるんだもん!」

僕「え!?利吉さん好きなの?」

長女「そうだよーw霧丸は誰が好きなの?」

僕「乱太郎とか久々知先輩とか・・・つーか、基本みんな好き」

長女「やっぱ好きじゃんw」

・・・こんな具合に、長女と僕は忍たまを一緒に見ることが多くなりました。

長女が山田利吉が好きだったことは想定外でしたが、
(別にそんな風に仕込んだ覚えない)

長女のおかげで、少しづつ、
忍たま乱太郎の事や、
忍たま乱太郎が好きな自分を受け入れる事ができてきました。

後に生まれた三男は、最初は僕の部屋にあった原作本(落第忍者乱太郎)を読んでしまった為に、
最初は忍たまに対して、ごちゃごちゃしてるとかという苦手意識があったようですが、
潮江文次郎が大好きなのか、潮江先輩が出てくるたびに、
勝手に出てきては一緒に見ています笑
(時たま、ギンギーン♪とか言い出して周囲をびっくりさせたことも。つーかお前がやると可愛い)

そして僕の中にいた次男は、
僕が忍たまにはまりだした時から知っていたのですが、
最初は、え~・・・マジかよ~・・・的な感じでしたが、
最近になって受け入れ始めたようで、色々調べるようになりました。
(が、特に好きではない。とのこと)


僕がこうしてまた、
忍たま好きでいられるのも、
彼らのおかげであります。

といいたいけど、
忍ミュに行ったとき、閉所恐怖症が出るのがつらいという、
また新しい問題が出てきましたが、
それはどうしようか、現在考え中です。

まぁ、ありがとう・・・