2019-01-16 02:56 | カテゴリ:追憶
※残酷発言注意※

私の名前は藤沢霧丸。

ちょっとミステリアスと言われる「ふじさわ」という種族です。

そんな私は今、忍たま乱太郎にハマっていて、
忍たまはちょっと好きな人が周りにいないけど、
とっても面白いから、大好きでした。

今日も、私は大好きな忍たまに囲まれた部屋で生きていられて幸せでした。
忍ミュにもいって、イベントにもいって、
本当に生きがいがあるっていいなぁって感じていました。


そんなある日、土井先生ときり丸のグッズが私へのプレゼントとしておいてあった。
私がそれを喜んで開けようとした時でした。

誰かに殴られました。

それは、私と同じ顔をした子だった。

「痛いよ・・・なんでこんなことするの?」

「忍たま乱太郎・・・こんなもののせいで僕はいじめられた・・・排除しないとまたいじめられる・・・
このまま消えてくれればよかったのに・・・お前らバカな腐女子のせいで・・・!!」

「なんで!?私は腐女子じゃないよ!!忍たまをそんな目でみてないし・・・そもそも、あなたは誰?」

「僕は藤沢霧丸」

その子は私とおんなじ名前でした。

それから、私の地獄の日々が始まりました。

その人は、私を事あるごとに殴り、蹴り、
水責めして勇気100%を歌わせる、
熱湯を何度もかけられる、
冷水のシャワーを延々と頭からかけられる等、酷い拷問でした。

「この世で一番クソで消えなくちゃいけないアニメは?」
と、何度も聞かれ、グッズは全て目の前で破壊されました。
次第に私も、忍たま乱太郎ですと、答えるようになりました。
もう、この地獄のような日々から逃げられるなら、抵抗なんてしません。

どうして同じ藤沢霧丸なのに、こんなことを・・・

きっと私たち「ふじさわ」は全て同一人物の藤沢霧丸なんでしょう。
でも、私にひどいことをしている藤沢霧丸も、今こうして耐えている藤沢霧丸も、
実際、名前と見た目が同じだけの他人なんです。

ある日には炎天下の中、全裸で日陰もないベランダに放り出され、
たくさんの男の霊を呼ばれ、拷問まがいの強○を受けました。

そんな私を助けようと、
酷いことをしている「ふじさわ」を止めに入った子がいました。

この家で一緒に暮らしている、瑠璃君です。
でも、瑠璃君も潮江が好きだからっていう理由でビンタされてしまいました。

私の拷問をみて耐えきれなくなった瑠璃君がある日、
床に吐いてしまいました。

私は酷い「ふじさわ」から彼が汚してしまった床を掃除するよう言われました。
ごめんね、私が迷惑かけたがばっかに・・・
瑠璃君は自分で掃除するからいいっていってくれました。
瑠璃君が掃除してるのをみた酷い「ふじさわ」は激怒し、
なんでお前が片付けないんだ!!と怒鳴りました。

お前が悪い。

お前のせいだ。

お前なんていなければ・・・

私に投げかけられる言葉はそんなことばかりでした。

瑠璃君が何度も吐いてしまい、
幽霊のお兄さんに連れられて病院に行きました。

瑠璃君は入院になったそうです。


そこでやっと、酷い「ふじさわ」は目を覚まして拷問は終わりました。

それでも私はきっと酷い「ふじさわ」は何かあってこうなったんだ。と彼をしんじることにしました。



でも、その思いは跡形もなく崩れ去りました。
酷い「ふじさわ」は、瑠璃君にも手をあげようとしたのです。
瑠璃君には試練を引き寄せる力があり、それが酷い「ふじさわ」の癇に触ったようで、
拷問の末に、瑠璃君は涙を流して死んでしまうという最後を迎えるとか。



それをみた私は、瑠璃君にそれを暴露し、
一緒に酷い藤沢に復讐しよう。と瑠璃君に掛け合いました。

「酷い・・・霧丸さん・・・」
一瞬だけ、彼はショックを受けたように俯いていました。
でもそのあと瑠璃君は、笑ってました。

「あー鬱陶しい私が死んだ。ざまぁですよ」

と。


瑠璃君が壊れたかのように見えました。
愛する人にそんなことされようとしていただなんて知って、
かわいそうだと思ってました。

「私は私が嫌いだったんです。すぐに慰み者だって泣くし、
霧丸さんの目の前で名前の元ネタのキャラの画像を藁人形でうちつけたり、
リスカして家出して、わざと怪我したりして、注目を集めることにしか能がなかったんです。

人が困っているのを試練といって嘲笑う、人に怪我させる、どうしようもない奴でしたから。
一度こんな目に合わないとわからなかったんです」

瑠璃君は悪くないよ!自分を卑下しないで!と、私はいった。
そんなの、あの酷い「ふじさわ」がそうさせたんだよ!!
だから一緒にあいつに仕返ししよう!

「姉御さんも霧丸さんも、辛い目にあっているのに生きています。いつまで私だけ悲劇の主人公でいるんだろう。
相方さんがいっていました。お前が羨ましいって。

霧丸さんが大好きだったキャラの名前をもらって、9月の誕生石貰えていいなって。
相方さんはきっとそのうち消えてしまうと恐れているけど、私はそうじゃない。

それなのに私が・・・慰み者だってすぐ泣いて・・・酷いことをして・・・」

ひとりじゃないのに・・・バカみたいですね。
と、瑠璃君は笑った。
この子は、バカなのかな?って思ってしまいました。


「霧丸さんに復讐なんてしたら、私が許しませんから。そもそも貴方だって霧丸さんでしょ?
自分だからなにしてもいいって自暴自棄になっている霧丸さんを止めるのも、霧丸さんでしょう・・・

今ここで止めないと、どんどん酷くなりますからね」


彼はなぜか強気でした。

この子はさておき、
酷い藤沢さんへ。
見た目は同じ藤沢霧丸であっても、
私と貴方は他人です。

「他人にはできないけど自分ならいい?」

それっていじめられてる子にクズだからいじめられて当然っていってるようなものなんですよ?

藤沢霧丸は今、藤沢霧丸に呪いをかけている状態なんです。
反射された呪いも自分に返ってきている状態で、どんどん辛くなる一方です。

だからお願いです。
自分だからって粗末に扱わないで、もっと私を愛してください。

オリジナルの藤沢霧丸は確かに数年前に死にました。
本来信頼できるはずの親から虐待を受けて、
とても辛くて、苦しみながら死んでいきました。

あいつらは霧丸が死んでも霧丸への虐待を止めませんでした。

あいつらは数年後に霧丸が息をしていないことに気がつき、
バカみたいに後悔してるように見せかけて、
自分は悪くない、抵抗しなかった霧丸が悪いっていっているクズどもです。

そんな自分を殺したクズにもう関わる必要はありません。


それでも貴方はこうして生きているんです。
生きている死者として蘇ったんです。
大丈夫。今度は死人仲間がいるから、きっとうまく生きていけます。

彼らを・・・身体だけは生を守った自分を信じて下さい。

私は、心は殺されても肉体という器を守り抜いた貴方に感謝しています。

身体を傷つけずに守ってくれてありがとう。愛してるよ。

大丈夫だから・・・
2018-11-21 20:04 | カテゴリ:追憶
仕事中、ふと手は動いているのに意識が飛ぶ。

ふと無意識下で見たもの・・・それは・・・


白い部屋

白い壁

白い天井

病院に似た廊下

でも誰もいない。
点滴をされているわけでもない。

窓の外は静寂と緑。
明かりはついていないけど暗くないし、明る過ぎない。

まるで高原の中にある廃墟のよう。

音もなく、ただ静かに時が過ぎてゆく。


「ここにはお前を縛る物も、プレッシャーも、大量の仕事も、
騒がしいだけの忍たまもない。
静寂と新鮮な空気が、霧丸を癒してくれる空間だ」

椅子に座っているのは見慣れた姿の男だ。

長男

「霧丸は疲れている。このまま抱え過ぎて爆発したら取り返しのつかないことになるから、ここに連れてきた」

「疲れているも何も、僕はもう、逃げたいんだ・・・この立場から・・・前のように戻れば、俺はまた楽になれる・・・」

多い仕事、責任感・・・もううんざりだった。
僕と同年代の人にとってそれは当たり前かもしれないけど、
僕にはそんな資格はなかった。

「それでもいいかもしれないけど、それで霧丸は幸せか?」

「うん。全部捨てちゃえばいいんだもん。僕には向いてないってことで、全部全部・・・
他のアニメがあるから、もうぶっちゃけ、忍たま乱太郎なんてどうでもいいし、
久々に見たけど、クソじゃんって思った。
なんでこんなの好きになったんだろ、なんでこんなもののために『復讐』なんてしたんだとさえ後悔している」

「捨てるのは簡単、でも捨てたらもう元に戻せない。
だから本当に捨てるべきか、じっくり考えてから答えを出してほしい」

「考えた結果がこれだ」

「俺にできることは、緊急時に助ける事だけだ。お前の周りの事は、あの3人の仕事だ。
思い出せ、三男の力を・・・ラピスがどんな石だったかを・・・」

ここで正気に戻る。

これは一体・・・
2018-10-21 10:11 | カテゴリ:追憶
神様がいるかどうか確実なあれはないけど、
1つ聞きたいことがある。

人というのは不思議なことに、
何か好きなものができると、
それを護りたいと思ったりする為の行動をとる。

それはたまにマイナスの方向に暴走することもあるが、
基本的にプラスの方向に動くことが多い。


僕にも一時期、
そんな時期があった。

自分の運命を変えてしまったと想うもの、

何かを糧にしたいと思ったことが。


しかし僕の場合、
なんでそれが忍たま乱太郎とかいう、

アホで

バカで

クズで

ロクでもなくて

気持ち悪い

ゴミみたいな

子供に相手にされてないからって、
腐女子に媚びて枕営業しているような、

ポプテピピックもドン引きなクソアニメなんだ!!


いやさぁ、

世の中、沢山のアニメや漫画があるんだよ?

その中でもなんで忍たま乱太郎なんてカスアニメなんだ…

なんで忍たま見てる時が一番酒が美味いんだよ!!

でも認めたくないよ。


一年は組の連中みたいな馬鹿にはなりたくないし、
クールでいたい。

でも、この界隈、

一年は組のクズでボケカス共みたいなのが正義


みたいな雰囲気あるしなー


まぁ、クールなのも度を越すとつまらんだけだと次男も言ってたし笑

クールすぎず、
一年は組のろくでなしのアホどもみたいにフワフワし過ぎずを目指したいなと思う
2018-10-10 01:10 | カテゴリ:追憶
もうダメだなコレ…


いくらダサくても変でも、
僕が忍たま乱太郎を嫌いになるのは不可能なんだな……

そもそも、なんで僕が忍たま好きを隠そうとしたり、
忌避したりしたんだろうと考えた時、

『変人って思われたくなかった』

『虐められたくなかった』

『自信がなかった』

っていう答えが返って来たんだよね。


そもそも、忍たま乱太郎が好きなことの何処が罪なんだ?


犯罪とか、人に迷惑かける事をしなきゃいいんでしょw


嫌いになろうとして、
押しても引いてもダメなら、
もう諦めるしか無いね。

というか、あの理由で長女作った時点でもう忍たまを捨てる事は不可能になったって今更気づいた。




もう素直に、

「俺が好きなアニメは、忍たま乱太郎です!!忍たま大好きだぜコノヤロー!!」

って開き直るくらいの気持ちで生活したらさ、
考え方も変わって来たんだよ。

「自分が好きなアニメは忍たま乱太郎ですが何か?」

って言っても、笑われないくらい仕事できるようになればいいし、

「アニオタの何処が悪い!真面目にやってる奴がここに居るんだぞ!そー言うお前は、夢中になれる物はあるのか?」

って堂々と言えるくらい仕事できるようになればいい。


特に今、
前のどうしようもないリーダーがアニオタだったって事もあってか、
次のリーダー候補の僕がきちんと手本になればいい。

(長女に、霧丸が壊れた)


ただ、ここで僕の欠点も明らかになった。


「1つのことに集中すると、周囲が見えなくなる」

仕事でもそうだ。

1つのことをやると、盲目になり、
仕事に支障をきたしてしまう。

困った性能だ。



今回だってそうだ。

元は、忍たま乱太郎しか観ていなかったせいで、飽食状態になってしまって、
嫌になってしまったのもあると言えよう。

しばらく話さなかった長女が、
僕が最近から見始めたマツコの『月曜から夜更かし』や秋アニメを観ていたら反応するようになった。
(嫁ニー…次男がしてそう笑)

深夜のバラエティって、意外と面白い。
P●Aとか気にしないからだろうか笑

そして、あれこれ言うようになった。
ひさびさに、楽しいと思えた。

だから10月からは積極的に秋アニメや気に入った作品があれば秋ドラマも見ている。

「捨てるんじゃない。もっと好きになるために、色々知る必要もある。
普段はご飯に味噌汁といった日本食になれてるから、普段の食事と思うけど、
修学旅行でNJに行った時、白い米と焼き魚が恋しくなった。それと同じだよ」

1つのことに拘る自分に、そう言い聞かせて……
(今期アニメで気に入ったのは、ゾンビランドサガ。藤沢家は次男と長男と三男はパンク系の服着てるし、廃墟とか退廃的な物は好きだ)


今週の月曜に、
三男トラップ(ラピスの試練と思わしき状態)を食らったが、
そこから学んだ事はたくさんある。

今日は休みだから、自炊をすると決めていたから、
凍ってしまった卵があるし、凍った秋刀魚もあるから、天ぷら&炊き込みご飯を作るために舞茸とか、
天ぷら粉や温度計や安心できるオイルポットや食材を買いに行ったついでに、思わずレジ横にあったクランキーのイチゴ味をだな……うん……

別に自分が空腹のあまり買ったんであって、
チョコ好きの三男に買ったんじゃないんだけど、
この界隈は、思念体とデレデレして大事にしなきゃならないんだっけw


……ああそうだよ!!


チョコ大好きな三男が喜ぶかなって思って買ってきちゃったんだよ!!
(ファミマでプリンパフェ買ってきたら、ふーんって目で見られて一口食べて終わりだし!!おかげでお腹いっぱいなのに僕が無理して続きを食べる羽目になったよ)


僕は基本的にデレデレは嫌いなんだよ!!

それの何が悪いんだよ!!


俺は自分の欲求の為に思念体を作る奴が嫌い。

俺は版権云々は兎に角、
例えば土井半助が好きな奴が土井半助そっくりな思念体を作って、
デレデレと自分だけの妄想に浸っているのが嫌いなんだよ。

だったら夢小説でも二次創作でもやってろ!!

そんな自分自身の欲求を満たすためだけにタルパを作った人が嫌い。

作られた子が可哀想。


自分の本名が、親父の好きなアーティストの当て字だった事や、
自分も三男に自分が好きなゲームのキャラの名前を付けた時、三男に泣き叫ばれた

「私は慰みモノですか!?」

って言葉、今も忘れないし、教訓にしている。


でも、親父の気持ちもわかるから複雑だ。
というのは、その元ネタのアーティストが活動停止になってしまったからだ。

「好きなものを、永遠に自分の手元に置いておきたい」

親は子供より前に死ぬのだから、そのアーティストを忘れないという事なのかもしれない。


僕も将来結婚して子供ができて男の子だったら、
「らんたろう」女の子なら「らん」ってつけるのかもね……
(流石に「乱」はないが)

自分もそんな想いで、自分の思念体に好きなゲームのキャラの名前を与えてしまったから、ちょっと複雑なのだよ……


今までは嫌だって思ってたけど、
今はなんか中途半端に綺麗事のような名前をつけられるよりはいいと思ってしまっている自分がいて、
ちょっと複雑だ。


まぁ、自分が気に入ればいいって事か。
2018-09-20 00:21 | カテゴリ:追憶
『こんなバカみたいな思いをするなら、いっそのこと、あの事故が起きる前に戻って過去をやり直したい・・・』

もしも僕が、正常にあの時、
「にんたま」ではなくて「ぎんたま(銀魂)」と検索していたらどうなっただろうか・・・
スマホ入力で『か』行の下は『な』行だ。

それを見て見た。

前と同じ日々が続いていた。
食事はコンビニで適当に拵え、
特に好きな作品もなく、ただただ、惰性で生きるだけの生活。

特別見たいものがなかったので録画装置を買ったり、
テレビを買い替えるなんてことはしなかっただろう。

深夜アニメやドラマを観ることもなかっただろうから、
バンドリにも出会えなかっただろうから、
今自分が聴いている、ロゼリアやポピパといった物とは無縁な生活になっていた。


じゃあ予定通りに冷蔵庫を買って料理をしていたかといわれたら、
答えはNOである。

前に料理をしていてやめた原因は、
孤独で寂しかったから。

誰も食べてくれない料理に価値はあるかといわれてもNOであるし、
自堕落なその僕に恋人なんて出来るわけがない。

忍たまに出会ったから、
そのトラウマを克服したくて長女を生んだ。



そしてのちに生まれた王子が食いしん坊だったので、
僕が料理をしていたら、味見をしに来てくれた。

例え多少味が失敗したと思っても、
「美味い!」と豪快に食ってくれる様は、
作った本人にとっては、涙が出るほどうれしいものだった。

『何この味付けw豚のえさかよw下手くそw』
『これでよく調理師免許取れたねww』
『才能ないからやめちゃえば?』

そう、自分の声が聞こえて、
一時は辞めようとさえ思っていたが、


次男も次第に色々、実家で食べていた料理を思い出してあれこれ言ってくれるようになったし、
三男も長女も、リクエストをしてくれた。

休日はスーパーに行くだけで、
とても楽しいと思えた。

あれ食いたい、これ食いたい。
これは翌日○○に出来そう。
そう聞くだけで、僕はうれしかった。


「私の色 本能 取り戻したいから」

僕の本質は、
戦乱の今を能天気に生きる一年は組の阿保共とは違い、
失ったものを取り戻すという記憶喪失な主人公のようなものだろうけど、


殺伐としているのに、何故か涙が出る。

自分の料理を食べてもらえるって、こんな嬉しいことだっけ・・・




どうしてあそこで事故があったのかは知らない。

でも、あの時の些細な事故で自分自身の運命が変わった。


これはいったい、どういう事なんだろうか。
不思議なこともあるものだ。

(よし、明日の昼は人生初のロコモコ丼を作ってみよう。もちろん、味付けは自己流でw)

20日中に圧力鍋も来るから、更に料理の幅が広がりそうで愉しみだ。