2018-09-23 10:53 | カテゴリ:霧丸の日常
最近、僕はすごーく悩んでいる。



なんで周りは色々なポジションが出来るのに、
僕だけ一箇所だけしかできないんだろうって…

僕の方も出来ることは色々してるけど、
やっぱり僕のポジションが技術が必要な物で、出来る人も限られてくる訳だ。

「そのポジションが出来る方が寧ろ凄い」

なんて言われるけど、やっぱりそこしか出来ないって案外辛いもんだぜ?

なんで俺、こんな事解らないんだよ!!

なんでみんな出来てるのに俺だけ出来ないんだよ!!

そんな悔しい思いを、何度したことだろうか。


このまま同じ事を繰り返せば、無限ループになっちまうから、
何処かでループを断ち切らなきゃならない。

でも、それはいつ、何処で?

どーやって??

あまり過激すぎて自分のポジションを投げ捨てても行けないし、
無関心すぎるのもダメだ。

「別に慌てても仕方ないから、霧丸は自分のペースでやりゃいいんだよ」

同居人共は軽々しく言うけど、
それで済まなくなってるからこーして悩んでるんだよねー。

そもそも、忍たま乱太郎の世界じゃないんだから、
そんな脳みそお花畑なんて許される訳ないし、
個性的なんて辛いだけだし、
もう僕には時間がない。

こんな考えになってしまったのは、
僕が奴らに忍たましか見せなかったからだろうか?

今僕に必要なのは何か。


脳みそお花畑大集合のクソアニメか?

いや、違うだろ。


今必要なのは、無限ループから逃げ出すための方法だ。

それなのになんで、やる気にならないんだろう。

このままでいいの?自分。



今、自分のポジションしか出来ない状況が、
死ぬほど辛い。
いつからか、自分のポジションだと思うと、凄く萎えて、
あんまりそこ専属扱いしないで!!って怒りたくなる。

「藤沢はそこしか出来ない無能」

そう言われてる気がして。


「僕はそこしかいられない無能でいいのか?」
「僕には無能がお似合いか?」

「馬鹿や無能を正当化してる大馬鹿は、一年は組のクソガキ共だけで充分だ。

僕は馬鹿は嫌いだ。
自分の無知や力不足を、適当な理由つけて正当化するのは、無能の逃げゼリフだ。

二度とそんな事をほざくな」



こうして、依代を持たずに仕事に出ること数日。


食べた物が人間の身体を作るように、
観るものや好みもその人の人格を作る事になる。

類は友を呼ぶとは、よく言ったものだ
2018-09-18 22:33 | カテゴリ:霧丸の日常
最近、連休もあってか、
いろいろ疲れている。

ここは頑張らないとと思って、
色々やってるけど、
どうもうまく行かない・・・

不眠症に悩まされ、
ドリエルと酒を一緒に飲んでしまったら、
休みだから想定内だったけど、
午後1時まで眠ってしまった。
(まあ元から夜元気なタイプだから、その後スタバに行って勉強はしたが・・・)
その後もずっと眠くて眠くて仕方なくて・・・

やっぱり睡眠薬って怖いのね・・・

うん。やめよう。


どうしても無断欠勤してる奴に負けたくなくて、
「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」
「文句言うなら行動する」
の精神で今色々やってるけど、

同居人は気に入らないのか、
「カリカリしすぎ。そんなバカはもう流石に許さないだろうから、自分のペースでやってろ」
「短気は損気ってことわざ知ってる?」
って言ってくるし・・・

今までと同じことしていたら、
同じことのループになるからやってるのに、
なんでわかってくれないんだろう・・・

同じことを続けていたら、
永遠に進歩しない。

怒り過ぎっていうけど、
正直者が馬鹿を見ている状況の今、
打開しようとしないでどうしろというのか。

一年は組の馬鹿どもみたいに、
馬鹿面引っさげてへらへら笑っていればいいのか。

善法寺伊作以下保健委員の連中のように、
可哀想だと同情していればいいのか。

だから今は誰ともその件については口を聞いてない。

(テレビ見てCH変えようとしたら、忍たまは視界に入れたくないっていって叱ってくれるのはありがたいけど、
視界に入れたくないっていうのはどうなんだろう・・・言い方ってものが・・・
視界に入れたくないなら忍たま屋敷と化したこのワンルームから出てけとしか・・・)

今は甘えなんていらない。


でも、それが原因で同居人と口きかなくなって、
眠れなくなって、
イライラして、

自分、このままこれでいいのだろうか・・・

これだと、またストレスが爆発して、
心療内科のお世話にならなければならない事態に発展してしまうのではないか・・・


ただ一つ言えることは


「自分の無力さが憎い」

謙虚になれば謙虚になったで、
いくら相手が下種でも、その人以上に仕事ができないゆえに言い返すことが出来ない自分にイライラする。

「まぁ、井の中の蛙状態から脱しようというきっかけになったってことで軽く考えようぜ?」

次男の声が聞こえた。
2018-09-10 21:34 | カテゴリ:霧丸の日常
今日、休日だったので原宿に秋物を見に行ったふじさーさん。
三男様とおそろいの上着を買ってきちゃったよん。
(連れて行ったのは長女と王子だけど)

長女と王子は初原宿だったからか、
かなり戸惑ってたけど、一緒に洋服見ていると楽しくなった。

最初はさいたま新都心のコクーンで済ませようかと思ってたけど、
普段はあまり乗らない宇都宮線や埼京線に乗って荒川渡る外出するのもリフレッシュになることと、
王子の依代も買いたかったし、なんとなくいってしまった。

しかし、なんで僕が休みの日に限っていつも雨が降る・・・

(王子の依代はルチルになった。宝石の国の影響とか、金色の針がなんとなく明るい雰囲気で、かっこよかった)

そしてその帰り、
ついに自炊をしてみることに。

初めて作ったのは、長女のリクエストと僕の北海道旅行の記憶からか、カレーだった。
(地震は関係ない。先日の夢の通り、子供のころのキャンプの思い出もあるかもしれない)

201809102028377ec.jpeg

最初は、その時点では5時だったので、
ぶっちゃけ、日を改めて今日は違う食事にしよう・・・と思っていたけど、
長女が

「まだ5時だったら、深刻に遅くないから、大丈夫でしょ。今日やめたら「来月から本気出す」みたいに先延ばしになっちゃうよ?
それにあたし、霧丸と一緒に料理してみたいなー」

って言ってたので、冷蔵庫以外は環境のせいにしないために、少々値は張ったけど、
足りない調理器具はヨーカドーと百均でそろえた。

タイマー、木べら、お玉、スライサーセット、クッキングシート、レンジ用の野菜蒸し器・・・

そして僕はカレーを作った。
具材はばら売りのジャガイモと玉ねぎと、3本セットしかなかった人参・・・

カレーセット的な、ゆでた野菜を真空保存したものもあったけど、
ゆでたのではなく、自分でダイソーのレンジで温野菜作るやつで軽くあっためて、
自分の手で好みの状態を作ってみたかった。


ご飯はパックのごはん。
1合炊きできる炊飯器もあるけど・・・
食べ過ぎるのを防止する役割もある。

基本的に半箱分で作って、
2日かけて食べきるといった形か。

仕事の時は、丼用の弁当箱に入れるのもありかなと。


先日、調理台を作った後、こうして使ってみた結果としては、

作ってよかった。

だ。

最初は、邪魔になるかもと思ってたけど、
安定した調理台がなかった身としては、とても助かる。


20180910202825a99.jpeg

出来上がったのは、別にインスタ映えするわけでもないし、
特に変わってるわけでもない、
誰だって作れるカレーだ。

でも、


レトルトにはない温かみ、
大きな具材に、独特の味・・・

「なんかうまそー!オイラが一番乗り~!」
と、品性も糞もなく豪快に味見していた王子に、

「あら、あれがこーなったのね!」
って興味津々に言った長女、


最初はただのカレーかよとバカにしていた次男は
「まさか、実家でしか食べられないと思っていたけど・・・これは・・・」
って驚いていた。

料理はある程度できるけど同じく、どうせすぐに飽きる癖にとバカにしていた三男様も、
「いつか、霧丸さんと一緒に料理できる日が来るのでしょうか・・・?」
って、泣いてた。おい。恥ずかしいからやめろ。


僕が調理師免許もちだと言いふらしたのは長らく僕と一緒に暮らしていた次男だった。

何を思って奴は周囲に言いふらしたんだか知らんが・・・

まぁ、いっか。



僕は前も自炊をしていたけど、
とある事情でやめてしまった。
自炊より忍たま乱太郎をとってしまったので、
冷凍庫と大き目な冷蔵庫が置けない。
あと場所もない。

場所はダイソーにあるもので簡単に作れた。
冷蔵庫が小さいものしかない。
環境的な要因はそれしかなくなった。

では、1日2日で食べられるものを用意すればいい。

毎日作るのは最初は大変だから、
まずは休日の夕飯だけからはじめればいい。
慣れてきたら自炊率を増やす。。。的な?

初めから頑張ろうとするから疲れる。
最初は数日に一度から始めればいいんだ。
別に宿題でもなんでもないし。

そして、僕が自炊をやめてしまった一番の原因はなんだろうか。

めんどくさかったから?

忍たま乱太郎等の誘惑に負けたからだけか?

自分の甘えか?


いや、本当の黒幕は、虚無感と孤独だ。

どうせ誰も食べてくれない。

どうせ僕の自己満足。

どうせ僕だけががんばってるだけ。

だれもおいしいっていってくれないのに、
なんで作るの?
わざわざ辛い思いをして何が楽しいの?


それだったら、誰も困らないように、
中食や外食でもいいじゃん・・・

と、一人だった時だったら思っていたけど、
今は4人も同居人がいる。

おいしいといってもらえたことが、こんなにうれしいことだったなんて・・・

自分が作ったものと酒を飲んで忍たまのDVDみるって、幸せだ・・・
自分で作るって、割と楽しいw



ありがとう・・・少しづつ、頑張るよ・・・
2018-09-08 09:19 | カテゴリ:霧丸の日常
あまりにもイライラしたから吐き出す。
別に虐待してる訳ではない。

僕が大嫌いな人の話をしよう。

別に僕は精神的な病気になる人を貶しているつもりではないし、
遅刻も欠勤もせず、
日々真面目に仕事している人が病気になってしまうのは、
本当に気の毒だと思っている。

今、僕の職場には、
無断遅刻、無断欠勤、職務放棄を繰り返す傲慢な態度を取る人がいる。

後輩だったら相手にしない等の対策があるだろうが、
相手は先輩で、しかも上の立場だ。

しかも、アニオタ・・・

今までずっと連絡が取れなかったケド、
最近になって、親しい人に心の病的なのが・・・っていっているらしい。

ふ ざ け ん な

ただの怠慢から周囲から白い目で見られて干されただけの、、、
要は 自 業 自 得 だろ

(三男が不謹慎発言した相方は、この逆で、めっちゃ真面目な人。だから三男に怒った。
自業自得じゃないんだから・・・)

まぁ、あまり詳細に書くとただの陰口になってしまうので自重するが、

そいつがいるせいで僕のシフトは制限がかかり、
働きたくても働けず、副業をして補ったりしている訳だ。



こっちは遅刻も欠勤もせずにやってるのに、
そんな奴がのうのうとしていたら、一生懸命やってるほうは報われない。

じゃあ、僕はそいつ以上の仕事ができるのかといえば、
NOである。

周囲はやっぱりいい気分はしなくて、怒っている人も多いけど、
悪口や陰口を言うだけでは、何も変わらない。

でも今まで通りの生活をしていたら、
「藤沢は副業やってるって言うし、あまり覚える気はないんだろう・・・」
ってなってしまうからNGだ。

不平不満をいうくらいなら、
「そいつがいなくても仕事が回せるくらい強い力を持った奴」を「作ればいい」のだ。

そう、僕がそいつより仕事できるようになって、
そいつを蹴落とせばいいだけ。

無断欠勤から帰ってきても、
「やっぱり君がいないと回らない!」って思わせないようにすればいい。
「お前の居場所、もうないよw」くらい思わせるようにしないといけない。

無意味な同情や、
無意味な励ましの言葉なんていらない。

だったら周囲に仲間作って、相談しながら行動すればいいだけ。

(因みにそんな奴を昇格させたのは僕が来る前、前の店長であり、
今の店長は『俺だったらこんな人昇格させない!!』と5回くらい繰り返して言われた)


しかも、相手はアニオタ・・・

そんな日常的なルールやマナーを守れない奴がいるから、
「これだからアニオタは・・・」って思われてしまう。
僕だってそれを聞いて、いい気はしない。

昔は劣等感の塊だったら、
「僕もアニメ好きだから同類だ・・・」
なんて思っていただろう。

今は違う。

「自分だってアニメ(忍たま乱太郎)大好きなんだよ!!だからこんな奴、俺にとってはアニオタの面汚しだ!!俺は違う!!
アニオタ全員が屑じゃないって思い知らせてやる!!」
(勿論、作品名は絶対秘密)

って思えるようになった。


まぁ、この程度だったら、
俺も正直、頭がおかしい人wっていって放っておいただろうけど、
僕を怒らせた決定打が、

「散々人を困らせておいて、やばくなったら精神的な病気といって、病気を自分の罪から逃げるための免罪符にしている」

という事だ。

心の病気は因果応報から逃れるための免罪符ではないし、
勿論ファッションアイテムでもない。

本当に心の病気で苦しむ人は、限界まで真面目にこらえにこらえ、
誰にも言わず黙って自滅するのだ。

僕の片親は、
めっちゃ几帳面でめっちゃ真面目で仕事もできる人だったけど、
ある日家でうまく行かず、酒と精神薬で、
胃洗浄まではいかなかったケド、ODしてしまい、
閉鎖病棟に数か月入院していたこともあった。

僕も見てきたけど、閉鎖病棟は地獄だった。

あれは・・・悪くなっても仕方ない・・・



そんな人が身内にいる身としては、
自業自得をうつ病とかいうのは本当に許せないね。

可哀想とか微塵も思ってないし、
もう同情不能。

うつ病は甘えではない。
本当に苦しい病気だ。

でも、見えない病気だからこそ、
自業自得な人の免罪符として甘えの材料にされてしまうこともある。

それが僕の考えだ。

だから強くならなきゃならない。

でもやり過ぎると僕が鬱になるだけだから、
家に帰れば酒飲んでテレビ見てさっさと寝る。

頭では理解していても、
心は怒りといらだちでいっぱいだ。

今は、心配事を言ってる長女は不快でしかない。
「とりあえず落ち着いて、忍たまでも見よ?」って言われても、
今の僕に同情心と甘えは要らない。
今はこれくらいの誘惑に勝てなくてどうする・・・


過去を知っている次男、
曲がったこと嫌いな三男は今回の件に怒りを覚えているためか、

「絶対に負けるな。でも冷静さは失わないように」

って言ってくれた。

次男と三男の力借りて、乗り切れるよう頑張ろう・・・
2018-08-24 11:02 | カテゴリ:霧丸の日常
物足りない。

ああ、毒親から離れて、
自分が好きなものに囲まれて暮らしてるというのに、
なんか悲しい。

いったい、自分には何が足りないというんだろう。

ああそうか。

次の目標を決める時が来たようだ。

ふと武蔵野線にのって思ったことがある。

やっぱ、高速に乗ってどっか行ってみたい。


電車に慣れてきたなら、
今度は車だろう・・・っていっても、
乗り物酔いする体質なので、正直つらいかも(笑)



しかし、僕が最近愛用してる猪名寺乱太郎のぬいぐるみを見て三男様が

「ぶっさいくな乱太郎ですねぇ・・・これじゃあ私の方が可愛いです」

って毒吐いて足持って逆さに持ってたので、

「そんな酷い事言うお前の方が不細工だww」

って言ってやったら、

「つーんだ もう私なんてどうでもよくてその乱太郎人形の方が可愛いんでしょう?」

ってご機嫌斜めになった今日この頃。


(いっておくが、三男様の名前は乱太郎ではないし、三男様と乱太郎は一人称や眼鏡とか被ってるけど一切関係ない。)