2018-09-19 21:44 | カテゴリ:教訓
「お前はなんで毎日料理しないんだ?」

今日、仕事から帰ってきた時、次男が僕にこう聞いた。

「毎日だと、僕の勤め先は飲食店だから、場合によっては日付を跨いで帰ってくることもあるし、毎日やろうとしたら疲れちゃうし、
やらないとって思うと逆に嫌になるから、今日は疲れたからやめておこうと思ったら、素直にコンビニやスーパーの惣菜に頼る。

あと揚げ物とかも保存がきかないし危ないから様子見で・・・
(揚げ物については現在、最小限の油でできないかと検討中。まぁ、やるとしたら来月以降になりそうだが・・・)

ただ、一応調理師免許所持者・・・っつーか冒険家からか、
極力○○の素ってのは使わないで自分で味付けするっていうルールは作ってる。
不味いの作ってもそれはそれで勉強になるし・・・
今は長女や王子が手伝ってくれるから、失敗しても楽しいと思える。

暇なときに面倒だからコンビニでいいやって思えば、後々高くつくから怠けすぎはやばいと思うし、
残った食材はどうしようって検索した結果、別の料理をしるきっかけになるし・・・

ハムが余ったからどうしようと思ってたけど、セブンプレミアムの袋入りのポテサラを買ってハムを切ってカップにして
ポテトグラタンにしたら、
冷凍食品いらずの弁当ネタができた。

だから今日の弁当の冷食は、ホウレン草バター炒めだけですんだよ・・・
玉子焼きも鮭もフライパン一つでできたし、夕食の一部だしね。

そんなところ考えると、好きで調理師免許取ったんだって思うよ・・・」


次男「・・・そうか。わかった」

次男はふと笑った。

僕にはその意味が解らなかった。
僕はてっきり「おめー、ふざけてるのか!!」って怒られると思ってたけど・・・

これは見捨てられたのか、それとも・・・

その後、次男はこう言った。

「来月から秋のアニメやドラマが始まるけど、何かみたいのはあるか?
忍たまの新作だけっていうのは駄目だから、
どうしてもいいのがないっていうなら相談しろ。
俺でもいいし、長女でも三男でも王子でもいい。誰かしら興味を持つものがあるだろうから。

お前は復讐物も恋愛ものも嫌いというだろう。
それでもいいけど・・・

例えば食べ物なら、から揚げが好きな人が毎日から揚げばっか食べていたらどうなるか」

「ビタミンとかの必要な栄養素が足りなくて病気になる。今話題の生活習慣病とか・・・」

その回答は、早く出た。

「そう。今のお前はその状況。さっきの例のから揚げは=忍たまとすると、今のお前はどうだ?
人間、から揚げだけで生きていけるか?そうじゃないだろ?
生きていくには、主食のごはんやパン、副食で野菜を取っていかないといけないわけだろう?
でも、野菜がいいからって毎日野菜しかとらなかったらどうなる?例えばトマトとか・・・」

「嫌になる・・・つーか、僕はトマトは嫌いだ」

「じゃあ、お前はから揚げなんて食べなければ・・・!って思うのは?」

「それはそれで違うような・・・から揚げが好きならそれはそれでいいと思うけど、副菜に緑黄色野菜や、野菜ジュースを取り入れないといけないと思う」

「そう。世の中、バランスって言うのが大事なんだ。
精神的に死人同然のお前が、生前の記憶を頼りに『自分が好きなものは忍たま』って思い出せたのは良かったけど、
身体だけは成長したお前は、それではいられない。今度は現実を見ないといけない。

『自分は特定作品以外は興味ありません!』って言ったらどうなるか。
相手も会話に困るだろうし、今度は自分語りしかできない人間になる。

まぁ、お前は良く言えば一途、悪く言えば何かにハマると何も見えなくなるタイプだから、それは難しいだろうけど・・・
だったら、俺らと一緒に、色々なことを見て見ない?お前は嫌なら真剣に見なくていいから、
俺らが見たいからと思ってさ」

「じゃあ、お前は秋ドラマなり秋アニメで何が見たいんだ?」

「霧丸が情報見せてくれないと、俺らはわからない」

「・・・・・・めんどくさい。つーか三男とかスマホ持ってるだろ」

「・・・それだから永遠に忍たま好きがコンプレックスなんだよ」

「わかってるけど、我慢してまでつまらないものを見る意味が・・・」

「最初はつまらないと思っても、将来、きっといい思い出や、いい勉強になることだってあるんだから。
『どんなに今はつらくても、積み重ねたものは忘れない』お前が良く聞いてるとあるアニメの曲にもあったな・・・」

そう。次男が言いたいのはだいたい何かはわかってはいる。

本当に、それでいいのだろうか。

最初は真剣に見なくてもいいけどとはいえ、
新しい自分に、踏み出す事が怖いのか、

両立できなくて怖いのか・・・

まぁ、両方だろう。
2018-09-15 14:19 | カテゴリ:教訓
話ネタ作りの為に見始めた情報番組。

別にひ○おび等の難しいシリアスなものばかり見ているのではなく、
(N○Kは先の投稿の通り、BS詐欺されたことがあるので解約済み&忍たま以外見ない方向を取っている)

普通にヒ○ナンデスのようなものも見ていたりする訳で・・・

今日、王様のブランチを見ていたら、
安室奈美恵の話になった訳だ。

僕は正直、安室奈美恵は嫌いで、
寧ろとっとと引退して二度と出てくるな、早く消えろばりの勢いでいた。

「ごめん、俺、安室大嫌いだからCH変える」

といってチャンネル変えようとしたら、

長女「あたしは安室ちゃんより忍たま乱太郎の方が今は無理!嫌!!」

次男「仕事で話ネタを仕入れるだけって割り切れっていったろ!」

三男「人に好き嫌いあるのは仕方ないので、チャンネル変えるのは勝手ですけど、録画の忍たまにしたら怒りますよ。
正直、今は高山さんの声聞きたくないのでコナンも今は見たくないですね」

王子「人でも食べ物でも好き嫌いはよくないべ?嫌いな物でもちょっとは我慢しないと大きくなれんぞー」

と、別に忍たま(と、コナン)を見る気は更々なかったのにブーイングを食らってしまったが、
タカアンドトシと温水さんの川越散歩の番組に替え、

川越って埼京線だっけ?意外と近そうだからいってみたいとか、
もっと涼しくなったら川越行きたいねーとかっていう路線に切り替えられた。


お前ら・・・どんだけ僕が忍たましか見てないことに不満持っていたんだ・・・


次男曰く、
「お前はあくまでこの家の王で、
俺らは水晶3人は召使い。
三男はしいて言うなら、もう一人の王的なもんだろう・・・

その自覚があるなら、自分自身で道を切り開いてみろ。
お前には問題に気が付ける能力があるから、出来るだろう。
お前に気付かせる為に俺らはあえて口煩く言わないし、干渉しない。人に他人は変えられない、コントロール出来ない、だろ?
一人で道を切り開くのは辛いから、俺たちがいるけど、
無理難題をふっかけて強要したりすればヒトラーになる。
間違っていると思えば俺たちだって怒るし、クーデターだって起こせる。
すべての裁量はお前次第。それが王だ。霧丸」

ということらしい。


王とは何か・・・

むつかしい・・・

2018-08-28 23:59 | カテゴリ:教訓
どんなに仕事ができなくても、
どんなに毎日叱られていても、
どんなに理不尽な奴がいても、
どんなに今がつらくても、

これだけは言える。

遅刻や無断欠勤はするな。

(電車遅延の場合は、絶対に遅延証明書を貰え。それだけで印象が大分変わる)

まぁ人間だから遅刻するときはある。
やばいと思ったら慌てる前に電話しろ。


自分が間違ってると思ったら、素直に謝れ。
でも人の話はきちんと聞け。

無視されても、笑顔で挨拶はきちんとしろ。

私情を人前に出すな。

仕事場は仕事をする場所だから、必要以上の干渉を求めるな。

仕事場以外に居場所を作れ。アニメでもなんでもいい。

自分に謙虚になれ。

自分の気持ちを素直に認めて、
つらいときは素直につらいと言え。

一人で何でもできることだけが仕事ではない。

悪いと思ったことは素直に悪いといえ。
例え親しき仲でも、曲がったことは許すな。

自分がされて嫌なことは、人にはするな。

愚痴は言ってもいいけど、腐るな。

時には仮面をかぶることも大事だけど、
常に仮面をかぶったままでいるな。

いい人になってもいいけど、便利な人にはなるな。

イレギュラーを極度に恐れるな。

何事にも緊張しすぎるな。軽く考えろ。

一度に十を覚えようとするな。一度に一を覚えることからはじめろ。

嫌われることを過度に恐れるな。


ブラックだと思ったらすぐにやめろ。

自分の直感を信じろ。


そうすれば、いつかは報われるだろう。
2018-07-03 16:05 | カテゴリ:教訓
僕は、人工精霊の依代に、
パワーストーンの丸玉を使っている。

値段は普通のタンブルといわれているものより高価だけど、
それなりに美しくて、とても気に入っている。

その丸玉はどこで買ったかというと、
最初、丸玉の前にタンブルを持っていたころは、
近所の大型のショッピングモールに入っているようなパワーストーンを取り扱っている店で買い、
そこからいろいろ検索したり、
偶然立ち寄ったなどの様々な動機から、
様々なパワーストーンの専門店へ足を運ぶようになった。

僕はそこで実際に石を手に取って、
お目当ての石を手に取ってじっくりと観察して、
気に入ったものやしっくりきたものを購入したり、
別の石がすごくきれいだからとかで、購入したりする事もある。

変な言い方をすれば、石の見た目を見たり、
石と会話したりして決める・・・的な?

依代を決めるというのは、
その精霊やタルパの見た目や性格、
能力や役割を決めるうえで、割と大きくかかわってくるので、
じっくりと見定めていく必要がある。

だからっていって、
高ければいいとか、安いからダメってわけでもなく、
要は、自分の直感で、自分が気に入ったものを使えばいい。
自分が気に入ったものを使うことで、モチベーションアップにつながるからねぇ

実際、僕も最初は、
「人工精霊の初心者は水晶がおすすめ!」
ってネットで実践してる人の大半がいうから、
水晶を買いに行ったんだけど、
そこでイレギュラーに出会ったのが、ラピスラズリだった。

僕の誕生月、9月といえば、
一般的に言われているのがサファイアで、
とても手が出ないと思っていた。

でも、そこでたまたま、
9月の誕生石は、ラピスラズリでもあるということを知り、
サファイアと比べて安価であり、
色も夜空(というか、宝の地図)のようで美しかった為、衝動的に購入。

それが縁で、三男様誕生。
(三男様の事はいづれ、単独記事としてry)

・・・なんて具合に、
意図してなくても出会って、
そこから石について調べて見るようになったなんてこともある。

まぁ、店に行ってみることのデメリットとしては、
必ずしも行った先にしっくりくるものがあるわけではないってことと、
店によっては決済方法が現金のみしかないなんてことだろうか・・・

他に石の入手先として、
ネット通販があるが、
これはぶっちゃけ・・・失敗したと思っている。

というのは、
僕が依代としてアメジストの丸玉が欲しかったので、
いろいろな店に行って、いいものがないかを探し回っていたが、
残念ながら、好みの物が、どこにもなかった。

でも、アメジストはあきらめられなかった。
そこで、手を出したのが、某大手通販サイトだった。

検索をかければ、
アメジストの丸玉は、割と多く出てくる。
その中で僕好みの、紫色がしっかりしているけど黒すぎないくらいの、
丁度いいアメジストの丸玉が比較的安価かつ、
翌日配送、ポスト投函OKという好条件で売られていた。

僕は通販というと、
宅急便で家にいないと不在票いれられてまた申請して・・・
という事がめんどくさいと思ったことと、

N〇Kとか招かざる客が宅配業者にくっついてくるとかいう
二次被害も嫌だったので敬遠していたけど、
こんなにいい機会、二度とないだろうなって思い、
躊躇わずに購入。

そして翌日、確かにアメジストは来たけど・・・

なにこれ・・・

写真では鮮やかな紫色してたのに、

実際に来たのは、ほとんどまっ黒で、
パッと見、アメジストというより、黒水晶って感じの丸玉だった。
(確かに光にすかせれば紫だったけど・・・)

確かに綺麗といえばきれいだけど、
やっぱり、ネットとかだと加工とかもお手の物だから、
必ずしもそれが来るとは限らないし、

大事な相棒の依代だからこそ、
自分で選び、自分で納得できるものを用意したいし、
用意すべきだという、教訓になった。


一失敗者として言えることは、

これから、人工精霊やタルパを始めようと思っている方で、
依代はAmazonや楽天で買えばいいや~なんて考えている方は、
折角だから、休日や寄り道の際、一度でいいから
パワーストーンの店にいって見ることを、強くお勧めしたい。
【ジャンル】: 【テーマ】:タルパ
コメント(0)