2019-05-17 00:29 | カテゴリ:霧丸の日常
瑠璃は暴走し・・・なかった。

でも、暗い顔はしていなかった。

「それは、アニメは忍たま以外はいらないって意味ですよね?
大丈夫。わかってますよ。
霧丸さんは少しづつ変わっているから、私は咎めません。
むしろ、アニオタに戻られても困るので、
これ以上ヒロアカを勧めべきではありませんね」


瑠璃は笑っていた。

変わっている?

どういうことだ?

「だって霧丸さんは、アニメもある程度見てるけど、いろんなバンドの曲を聴き始めてるじゃないですか?
からくりサーカスだって今のEDの曲は飛ばさないし、
最近興味を持っていらっしゃる、あのバンド、私もあのバンドは好きですよ。

それにヒロアカは、騎士さんが興味を持ってくださったようです。
だから、私は寂しくありません。

でももしまた、忍たまとかに籠るようなら、私は怒りますから」

要は、そういうことらしい。


瑠璃は、自分がヒロアカが好きだからヒロアカを勧めたいのではなく、
最後にヒロアカの話をしたのは・・・


本人曰く、試練だったらしい。


音楽はただ、かっこよく思われたいだけの表面だけの趣味ではないか、
(ここでヒロアカを勧めて、戻りたくなるならまだアニオタ化への道はあると考えたとか)

かといって、詰め過ぎていないか

色々と見ていたらしい。



怖いわこいつ・・・

「ねぇ霧丸さん・・・あのバンドって他にどんな曲があるんですか?私、ヒロインとハッピーエンドしか霧丸さんが歌ってるのを聴いてないんですが・・・」

「いや・・・ちょっとまって・・・銀魂の奴とか、高嶺の花子さんとか・・・」



確かに名前だけは有名だったけど、答えられなかった。

(ベースのマガジン見た時、表紙のメンバーが、これちょっと相方に似てね?ってことで、興味を持ったけど・・・)

今まで勇気100%とか忍たま関連の曲しか聞かなかったのが裏目に出たようだ。

いかに自分が『忍たま乱太郎』という狭い檻に閉じ込められていたかが思い知らされる。



「檻に閉じ込められちゃって、かわいそうな霧丸さん・・・私が、檻から出さないと・・・だからヒロアカを勧めたのに・・・なんてね!霧丸さんがアニオタにならなかったのは、私はとても嬉しいですよ。

色々なバンドを見ることは、ギターのモチベを高めるきっかけにもなりますからねぇ・・・」

瑠璃が笑った。

2019-05-16 14:50 | カテゴリ:同居人の事
「思念体が勧める物は、主にとって必要なもの」
「いずれはヒロアカの良さがわかる」

瑠璃がヒロアカ好きだから、ヒロアカを好きにならないといけない。

ヒロアカは嫌いだって瑠璃にいったら瑠璃は「霧丸さんは忍たましか見られなくなっている」って怒る。
思念体は自分より偉いし、思念体は自分のことを思って言ってくれてるんだ。言うこと聞かないと。
思念体に手を上げる自分はタルパー失格・・・


でも・・・

口を開けばヒロアカヒロアカうるさい瑠璃が面倒だった。
でも暴力ふるったりするのはただのDVになる。


でも、僕はアニメは忍たまと他少々があればいいし、
僕のヒーローアカデミアが吐き気がするほど大嫌いな訳で・・・

だから瑠璃に宣言した。

俺はいくらお前がヒロアカを勧めても、
僕はヒロアカが大嫌いなことには変わりない。
でも、お前を否定するつもりはない。

ヒロアカを見るのは勝手だけど、
俺はヒロアカ嫌いだから必要以上に巻き込まないでくれ。


俺は俺だ!!


もう、怖いものなんてなかった。


暴走?


知るかボケ。



それで瑠璃が暴走したところで、
それはただ、自分がヒロアカを受け入れてくれなかったからって逆恨みしているだけになるし、
また手首切ろうが、首吊ろうが、服毒しようが、藤沢島の高層ビルから飛び降りようが、
本気で死ぬ訳じゃないから知ったこっちゃない。

むしろ、ここで無理して、
僕のヒーローアカデミアとかいうゴミを好きになる方が、
自分が壊れると僕は思った。

僕が生きているのは現実世界だ。
現実世界で変な印象を与える方が、
よっぽど辛い。

「今まで忍たま乱太郎とかコナンとかが大好きだった藤沢が変な漫画を見始めた!」
「藤沢ってやっぱりアニオタじゃ・・・」

瑠璃が自●ごっこするより、
こっちの方がよっぽどやばいって・・・!!!

居場所がなくて、
ただボンヤリと興味がない漫画やアニメを霧のように見ていた日々。

それはもう、繰り返したくなかった。


アニオタには、なりたくない。



だから、瑠璃が好きだからとか、
そんな理由で嫌いなものまで無理するのは・・・

辞めた!!


「瑠璃、これが俺の答えだ。余裕があったら単行本は買ってやるけど、
ヒロアカを好きになったりとか、そこまではしないだろう。

だから、ヒロアカを勧められても、正直困るんだ。


ただ流されるだけの流行ものより、
僕は自分が最初にドキドキした気持ちを大切にしたい。

それはゆるしてくれるかな?」



「歴が長い作品を好んでる自分はかっこよくて、
流行ものが好きになった私が愚かと言う言い方は気に入りませんが、
言いたいことはわかりました」

「瑠璃、あのな・・・」

「はいなんでしょう」

「指切りしよう」

「次、僕にヒロアカを濫りに薦めたら、次のお出かけはお留守番ってのはどう?最近だと忍ミュとか、実家行きとか・・・」

「きついですね・・・わかりました」



これくらいじゃ正直甘いだろうが、
『藤沢家追放』とかとなってしまうと、ただの脅しになってしまう。
これくらいでいいのだ。多分。



指切りげんまん

嘘ついたら、

針千本のーます♪

指切った!


2019-05-16 03:17 | カテゴリ:霧丸の日常
前日の夜になってから、
明日1日で出られないかと言われても、
無理なものはある。

俺もそれは断った。

だって、せめて3日前に言うならまだしも、
僕だって事情があるんだから・・・


最近、異常気象からの気象病に悩まされててね、
明日も酷いようなら、医者に行こうかなって思ってたんだよね。

忍ミュだってあるし・・・


それに、将来、ギター教室に通うことを想定しているし、
一週間前とかにいってくれるならまだしも、
突然言われても・・・って感じである。
(誰かが来られなくなったならまだしも・・・)

そりゃあさ、
例えば、イベントがあるとか、
団体が来るってわかってる場合ならまぁいいとしても、
(一週間前くらいにはわかってると思うし・・・)

イレギュラーじゃないなら、
突然言われても・・・って感じなんですわー

こっちも、出来れば振替が効くとか駅に近いとかいう教室を探しているけど、
なかなか見つからないのが現状で・・・



でも、


それでヘコヘコ受けているのは、正直アニオタの入り口だ。

自己中すぎるやつや、
自分の気持ちに自信が持てない奴や、
自分を卑下してヘコヘコしている奴が、
居場所を求めてアニメにすがり、
やがてアニオタになる。


これは思念体相手にも同じでね・・・



瑠璃!!


俺はどんなに悪どい手段でお前がヒロアカを勧めても、
俺は絶対に忍たまを捨ててまでヒロアカを好きになることはない!!

お前がいくら暴走しようが、
お前が自我を失おうが、知ったことはない!!

俺もDVにならないように気をつけるけど・・・
俺はお前を甘やかす気はない!!

流行の産物より、
自分が思い続けたものを愛したい。


イチャイチャ大好きなこの界隈で思うことは、
タルパが好きなものは人間も好きにならなきゃとか、
興味を示さなきゃ的な感じになっていて、

いずれ、自分が自分で無くなるような気がして怖いんだよ。



でも、僕は瑠璃がいくらヒロアカって言っても、
忍たま乱太郎を取るし、
瑠璃がいくら暴れようがなんだろうが、
瑠璃だってヒロアカが好きだから・・・くらいの気持ちでいるけど、

自分までヒロアカを好きになったら、瑠璃の意思になってしまって、
自分じゃなくなる気がするんだ・・・

いいよね・・・俺は俺だもんね・・・

2019-05-14 22:46 | カテゴリ:教訓
今日は休みだったから、たっぷり寝て、ギターの練習をしていた。

昼まで寝たことは後悔していない。

先週は上野に行ったし、
来週は忍ミュあるし、
再来週は実家に帰るから、ここで節約しておこう。

(そしてそろそろ酒を控えよう。自分)



そしてギターを弾いていた時に思ったことがある。

コードが難しい!!って。

そして思う。

親父ってただの自己中系クズだと思ってたけど、
科学者として働きながらもこんな難しいコードを理解して、
演奏できているなんて凄いと思うよ。



だからね、

誰かを悪くいったり、
自分が立場が上だからって威張ったりするような真似は、
とてもじゃないけど、できないって思った。

そりゃあ、何処にも一人はたわけ者は、
いるわけだから、絶対に愚痴を言わないってわけじゃないけど・・・

アニオタって、結局、
壁にぶち当たるとか、そういう経験したことないからね、
態度がでかくなったりするんだろうなって思ったり・・・?

まぁ、周囲が部活やら習い事やらで熱心になっている人が多いから、
そう思えるのかもしれない。

そう言う人たちって、キラキラしていて、
うん。悪くないって思う。

逆にアニオタって、根暗で、
リアルに出れば、人を見下すことが主な趣味みたいな感じになってるのが現状だ。


だから、ギターというか、努力する系の趣味を始めて思ったのは、
自分以外の人を、尊敬できるようになった。
この人もきっと、壁にぶち当たっているんだろうな。。。とか思うと、
意外とああだこうだ言えないのが現状だ。

自分はアニオタじゃなくて、アニメ好きと認識している以上、
アニメや漫画が好きだから悪!と決める気はない。
そう認識するようになってから、アニメや漫画への拒絶はやめたわけで・・・

ギターもやるけど、ゲームもやる、
そして忍たまや気に入ったアニメも見る。

それが今の藤沢家なわけだ。


瑠璃がピアノを始めたと聞いてから、
ヒロアカヒロアカ行ってきても、うざいと思わなくなったのは、それもあるのだろう。

前は瑠璃が、ただヒロアカやアニメ以外興味がないオタクだと勘違いしていたが、
実際には違ったわけだった。

藤沢島のふじさわに聞いてみたところ、

どうせ以前ピアノがあった場所は廃墟だったし、
放置されて誰も弾かずに朽ち果てるなら、
ああして瑠璃の手元に渡って、大切にしてくれた方がいい。

あの捨てられていたピアノを再び弾けるように整備したのは、瑠璃本人と長女と相方だった。


瑠璃・・・

何で早く言わなかった!!

俺はお前がただ、痛いヒロアカ信者だとばかり思っていた。

でもお前が、ピアノ弾いてるとか、いってくれたら俺は・・・


お前もヒロアカも、憎まずに済んだ・・・

「最初からピアノを弾いてることを公言してしまったら、
霧丸さんは「趣味持ってる奴は優秀で、アニメや漫画が好きな奴は何の能もないクズwww」と見下すと思ったからです。
能ある鷹は、自分から正体を見せないのですよ。

霧丸さん、私は、ピアノも好きですが、ヒロアカも好きです。
ギター練習でお疲れの後には、一緒に僕のヒーローアカデミアでもどうですか?」

瑠璃がニヤニヤしていた。



「瑠璃、僕をヒロアカに引き込むのが目的でピアノを始めたなら、今すぐにピアノを辞めなさい」


僕は笑わずに言った。

瑠璃は、ドキッとしていた。



瑠璃、お前がヒロアカが好きでも、それを必要以上に勧めるのは良くないし、
相手と似たような境遇になったフリして、自分の道へ引っ張り込むとか、詐欺師と同じ手順だ。

だからお前がそんなことすると、余計に俺はヒロアカが嫌いになる。
また原作者やアニメ公式垢をブロックしようか迷ってるレベルだ。


いくら自分が思念体に救われたといっても、
自分からリアルでそれを公言できるかと言われたらNOな訳だし、
内容が内容なだけに、ヒロアカよりヤバいことになる。

迂闊に自分の手の内を晒すのは愚策だ。


だから、瑠璃よ、

「忍たまもいいけど、ヒロアカもいいよ」といいたのはわかる。


それが目的だったとしても、もっと方法があるだろう・・・


だから、

ヒロアカについてはおととい来やがれ!!

(瑠璃がピアノをやってるのは僕らの影響なのはガチだからそこは咎めないことにしよう)
2019-05-14 02:52 | カテゴリ:霧丸の戯言
僕は忍たま乱太郎が大好きだ。

でも、忍たまオタクなのは自覚してもアニオタだと自分では思っていない。

そりゃそうだ。
別にアニメが趣味なわけでもないし、
基本的に、自分がアニメを観るのは、
普通の人がドラマを見ているのと何ら変わりはないと思っているから。


毎回毎回、今期ドラマを見ている人はドラマオタクか?と言われたら、ぶっちゃけ違う。

ただ、とある作品見てアニメにドン引きしたのは事実。



妹が作ってくれた料理を、妹汁などと下品な呼び方をする作品とかね。

そういえば職場のブスも、
以前、公私関係なくイベント帰りだとかいって、
キモいアニメの絵の大きな紙袋を持ち込んでは、そのままにしていたんだっけ・・・

いやさ・・・持ち帰るならまだしも、放置とかマジなんなのwww


以前話題になった、ラブライバーのマナーの悪さの話を思い出したわー

アニオタって、マナーが悪い人が多くて、
ぶっちゃけ困るんだよね・・・



それに、アニメはあくまでも嗜好品であって、
自己制作アニメ作ってますとか、同人やってますとかじゃなく、
見ているだけなら趣味ではない。

本当の趣味っていうのは、
本来の仕事とは別に、
寝る暇を惜しんででもやりたいと思うくらい、
たとえ難しくても、努力したいと思えるくらいキラキラしてることじゃないかって思う。
(リアル藤沢家の場合、マンションなので夜中にギターを弾くのはアンプ繋がなくてもマナー違反だからやらないけど)


そんな自分も、
忍たま乱太郎を穢らわしいオタクアニメだからと捨てたいとまた最近思ったんだけど、
本当に、あのギターを決めたのは、乱太郎たちあってのことだから、
忍たま捨てたら全部捨てることになるんだよね・・・

だから・・・捨てられない・・・
大好き・・・


確かに瑠璃の言う通り、
地道に練習していれば、出会えるかもね。
親父がギターやめる前に、
るんっ!ってくるベースに。

廃墟帝國では、
ただアニメが好きなら、
アニメ好きな人、

害を及ぼすなら、
アニヲタって識別をしている。

瑠璃の野郎がヒロアカヒロアカ煩くて、
正直どうしてくれようかと思ってたけど、
瑠璃が忍たま視聴中にヒロアカの話をしたことを本当に反省していたことや、
ピアノや読書が好きと知ってから、見方が変わった。

だから、アニメ好きとアニヲタの境界線って、
こんな感じじゃないかな?


・人に迷惑かける人がアニヲタ。
・決して迷惑をかけることなく楽しむのがアニメ好き。

・居場所がアニメしかないのがアニヲタ。
・アニメを生きがいや別の趣味に昇華させているのがアニメ好き。

・三次元をビッチなどと見下すのがアニヲタ。
・三次元と二次元の両方の利点を理解できるのがアニメ好き。

・リアルが悲惨で周囲を見下すのがアニヲタ。
・リアルも充実していて、誰に対しても心が広く接せられるのがアニメ好き。

・アニメは日本の誇りで、避難する奴は非国民だとか決めつけるのがアニヲタ。
・良いと思ったものは、何でも受け入れるのがアニメ好き。

・人に自分の好きな作品を押し付けるのがアニヲタ。
・好きな作品を避難されても動じないのがアニメ好き。

・現実世界にアニメのセリフなどを流用するのがアニヲタ。
・アニメで得たいい知識を生かそうとするのがアニメ好き。

・理想と現実の区別がつかないのがアニヲタ。
・理想と現実の区別がついているのがアニメ好き。

・ただ呆然とアニメを見ているだけで、これといって心に決めている作品がないのがアニヲタ。
・大好きな作品があって、そのために生き生きした生活を送っているのがアニメ好き。

・・・他にもあるけど、ざっくり言うなら、こんな感じか?


僕はもちろん、アニメ好きになりたいけど、
実際はアニヲタになりかけている事を悲観してアニメ自体を捨てたいと思っているのが現状で・・・

ギター弾けて、
でも忍たま乱太郎が大好きでって人間になりたいけど、
どっちかに偏りがちなのが現状だ。


意外って言われるの、案外面白い。


だからFくらいで屁古垂れるな!!
頑張れ!!アニオタになりたくないんだろ!俺!!
(Fマジむずい)