健常者のフリするのも、限界な様です。

09/11
単刀直入に言う。

ツイッターでこんな話すると、
おくすりが主食なメンヘラが寄ってくるから避けていたが……

僕は、普通じゃない。
本当は普通に障害持ちなのに、
周りが障害を持っていると言うのが嫌なために、
健常者のフリを強いられていた。


霧丸は普通の子だ。

霧丸は健常者だ。少し変わっているだけで。

霧丸は普通の人達と同じにいればいいの。


霧丸を特殊学級に入れたくないから……


なんもわかってない癖に。


普通じゃなかったら、同居人に手なんて挙げませんし、
会社2年ごとに転々としません。

すぐに感情で走る真似はしません。

身の丈にあった街に住んでますし、
免許は取らずに忍たま乱太郎観てるのがいいよ、とは言われません。

僕は、知的障害なんです。

普通じゃないんです。


もう健常者のフリするのも疲れました。

本当は電車に乗るのも凄く辛い。
毎月10万稼ぐのだってキツい。フルタイムで働けない。

辛い。

なのに誰もわかってくれない。


忍たま乱太郎好きなちょっとアホな人を演じて、
僕は道化師か?

頑張るしかないさ。
やり切るしかないさ。
飛び込むしかないさ。

忍たま乱太郎のオープニングではこんな事歌ってるし、忍たま好きだからバカにされてるってのもあるかもしれないけど、
ホントは、もうしんどいんだよ。

はい、頑張ります!

嘘の自分を演じて、
嘘だらけ……

なんで思う通りに生きられないの?

それは、自分の居場所が此処にはないからかもしれない。

障害者手帳だけは辞めろと親に怒られて、
でも反抗できなくてまた道化師になって、

バカみたい。

上部だけは、一年は組よろしくバカを演じてる。




そんな自分の子供が精神病なのがイヤなのかよ……

もうやだ。

全てから逃げたい。


なんで……


もう消えちゃいたい。



ピエロはもう、ごめんだよ

人間失格

09/10
久々に長男が湧いた。
そして僕を求め、抱き合った。

何の用だ。

「長男は、長女か相方か瑠璃が何か言いたい時に出てくるんだっけ?」

姉御が聞いた。

「霧丸、最近彼らと話した?」

「いや・・・」

思えば、あの3人とは口を聞いていない。
あの3人ってさぁ、なんか話しかけにくいというか、
こんなボロボロな姿、見せたくないんだよ(笑)

だから、どうしても距離を置いてしまう。
自分が生んだ思念体なのに、
どうしても信じられない。ありのままで居るのがきつい。

料理もせず、酒に溺れ、
ただ自堕落に死なないように生きる僕を見せたくない。

もう何もないから、死にたい。
ブログを書くのも億劫。



でも目を覚ますと、またしぶとく生きている。
ゴキブリみたい。
どうして僕は生きているんだろう。

何をやる気もなくて、
味方も信じられない。
ただ引き篭もるだけ。

本当に死んで欲しい。こんなやつ

この世のどん底を見てきた気がする。

09/08
お久しぶりです。
応援のコメント等、いつもありがとうございます。
遅くても10月末までには職が見つかるよう、努めてまいりますので、
これからもよろしくお願いします。

さて、本題に戻ります。

最近はしばらく講習やらなんやらで、
休めていなかったとあってか、
休もうと思ったけど、このクズニート生活に嫌気がさした(鬱の原因たるダメな奴だね)ので、
日雇いのアルバイトに参加することに(ちょっとゆっくり休めよ)

昨日は某紙製品を扱う倉庫へ行ってきたんだけど・・・

行って早々・・・申し訳ないけど、

1時間も持たずにリタイアしてしまった。
雰囲気・・・というか、そこに漂うオーラに耐えられず、
久々にパニックの症状が出てしまったのだ。

どんな場所だったというと、
ぶっちゃけた話、入って早々、
社員やパートの顔を見て、
あ、これまずいなってのは感じた。

そして最初の説明で、完全に思ったことがある。

ここは、収容所だ。と。

社長らしき中年の男が、
僕たち初心者を、

「後で同じ質問をするバカがいるからちゃんと聞くように。まさかここに書いてあること(敬語を使う、間違ったらキチンという、スマホを持ち込まない・・・)をやるバカはいないとは思うが、俺が気に入らないと思ったら帰ってもらう」

ってことを、テーブルに座りながら言ってきた。

トイレは作業場内の木の箱の中にあってどうこうっていっていた。
その言い方はまるで、人を道具のように扱っているような言い方だった。

ベテランのパートさんも、
すぐにチッとか舌打ちしてくる奴が多くて、
なんていうかもう・・・

気温差もあったけど、
空気悪すぎて、
パニックになった。

過呼吸、吐き気、動悸、目眩・・・



結果、途中早退。
給料は貰えたけど、普通にその場で雇うなら時給850円とか言ってる場所だった。
(ちなみに埼玉県だったけど、後々調べたら最低賃金は900円くらいで普通にアウトだった)

後でグーグル先生に聞いてみたら、
その会社は5段階中星1つという何処のAmazonの劣悪商品ですかwって言わんばかりの評価だった。
やっぱり、
「日雇いでもやめておけ」とか、
「二度と行かない」「どうしてもなら覚悟していったほうがいい」といった感じの酷評だった。
(例の箱の中でと言われたトイレも、急でないなら昼休みまで我慢して近くの711で借りたほうがいいと書かれていた)

まぁ、確認不足だった自分が悪いのでそれはいいとして、

そんな劣悪な職場に、前のレストランの仕事ができないかつ悪い子じゃないけどどこか仕事する気が感じられない子だった「はなちゃん(仮名)」を送り込んでみたいと不覚にも思ってしまった自分がいる。

はなちゃんは悪い子じゃなかったんだよ。
(両親曰く、本気で霧丸がキレてるなら、〜ちゃんとか言わないのは分かってるというくらい、僕は好き嫌い激しいらしい)
問題は教育しないでただ人入れるだけ人入れてホールだけしかやらせなかった店長が問題だけど、
ただ、ちょっと勤務態度がちょっとそれどうなの?って思うことはあった。

はなちゃんは元からいた友人と一緒に入ってきた子だ。
だから慣れてないとか無口って子じゃない。

ただ、遅刻ギリギリとか遅刻寸前に来ることは多かったし、
入れなきゃいけないシャツは出しっ放し、
名札も常につけてない。
おまけに先輩にもタメ口、
仕事もちんたらしてる、手を止めておしゃべりだってする。

うん。悪い子じゃないから暴力とかは辞めてって感じだけど、
態度がちょっとアレな「はなちゃん」がどやされてる姿を見てみたい。


「ちょっと霧丸、両親との電話丸聞こえだったわよ。劣悪な場所に気に入らない子を送りたいだなんて、あんた性格悪いわよ!」

御嬢だった。


「いいの。あんまり嘲笑したりするのは人を呪わば穴二つって言われている通り、確かに宜しくないけど、多少の毒もないと、やられるよ」

「まぁ、霧丸って真面目かと思ったら意外と腹黒いわね」

そりゃそうだ。
この世は忍たま乱太郎の世界じゃないんだから、
なんでもかんでもポジティブで馬鹿面引っ提げているのが正義じゃないし、それでは疲れてしまう。
呪いとか恨みに為らない適度に吐き出すことも大事だ。
溜め込めば、爆発して鬱とか精神疾患になるし、

かといって何も考えず、常にみんな仲良しで脳みそお花畑ですごす、一年は組のおバカさんたちとは違う。


こう思ってしまう自分はダメだ!最低だ!
って無理にポジティブに持っていこうとすると、
クソ真面目系の闇属性人間の場合、逆に疲れてしまうことがわかった。

だったら、この場合、受け入れていいのだ。
ああ、こんな子がいて、疲れたなぁって・・・

大切なのは、その先だ。

「姐さん、ネガティブはダメ!って、いうだけじゃあただのおバカな一年は組と同じでっせ?
じゃあなんではなちゃんに、
そう思ってしまったんだって考えるんだよ」

「そう。私はその、はなちゃんって子がどんな子だったのかわからないから、何とも言えないわ」

「はなって、アイツだろ?やる気あるんだかないんだかわからんけど、愛嬌だけある的な」

困惑する姐御に助け舟を出すように、
相方が口を挟んできた。

「うわっ!相方いつの間に!?」

なんだよ、オメーはどっかの国民的RPGに出てくる元山賊かよ・・・と、相方が僕を睨みつける。

「気持ちはわかるが、アイツは例のブスと違ってオメーに暴言吐いたとか危害がなかったんだから、そこまでにしておけ。あんまいうと、恨みに変わるぞ」

「うん、わかった」

相方に釘をさされ、
この話はおひらきになった。

「まぁ、反面教師とか、人のふり見て我がふり直せって諺もあるから、聞いててちょっと笑っちまったけどな。
霧丸も次の職場や面接の時、そう思わんように気をつけろよwww」

そうだね。

僕は相方に笑った。

反省はしているけど、後悔はしてない。

09/05
今まで研修を得て、
20社と面接だったわけだが・・・

はい。

全滅でした(笑)

元が飲食からの異業種への転職。
難しいのはわかっている。

6年間、飲食だけやってきた人間が、
いきなり他業界へ行く。

自分がやってきたことを、全部放り投げるようなものだ。


実際、僕は途中から、
自分が持っている調理師免許を、
やっぱり自分は免許ありません!って、経歴詐称するつもりで挑んだ。

それくらいのつもりだった・・・


「藤沢さん、それは仮にも国家資格なんだから、持ってるものは簡単に捨てない方がいい」
「せっかくだったら飲食極めたらよかったのに・・・」

言ってくれた人たちがいてくれたおかげで、
自分が何から逃げたかったのか。
なんでこの資格を取ろうとしたのか。

向き合うことができた。



逃げたかったのは、本当に飲食業界?

それとも、前の店の腐ったやり方?




僕が飲食をやりたいって思ったのは、


料理って大変だけど自由だと思ったから。



研修で卵料理を挙げるって話になった時、
多くの人が、鉄板の答えを言う中、
僕だけが、プリンと言っていた。

授業で卵について学んだ時に、
乳化性、熱凝固性、気泡性っていう3つの特性があったのを思い出し、
具体例として、熱凝固性=料理でいうならちゃんと蒸して作ったプリンって覚えていた時期があった。

(気泡性はメレンゲ、乳化性は主にマヨネーズって感じで覚えた)

(単純にファミマのプリンうまそうってのがあったんだけど)



料理人に癖がある人が多いのも、うん、わかる気がする。



無駄な時間に、未来はあるの?

08/25
こんな時間に、意味はある?

昨日も急いで講習から戻ってきて、
蓋を開ければ、
お盆明けで暇。

そして人数過多。

俺、いる意味ある??

そして今日も・・・


なんで、
こんな日々が続くのに、
わざわざ来なきゃならない?

昨日、手違いで、
9月は男の人向けの講習&面接会で、
女子向けの講習と面接会は28日からだと知らされた。
でも、28日はまだ仕事。

どうする・・・?

未来を取るか、
平穏を取るか。

なんでシフトの関係とかで、
有給先伸ばされた?

後任育てるとかそんな流れもなく・・・

つーか本当に有給取れるのか?
もう25日だというのに、未だでてない9月のシフト。

28日〜30日
どうせ、代わりを探せだなんだっていわれて、
終わりだろうな・・・

たとえ31日までいたとしても、
就活が遅くなるだけ。

急遽28日からになった・・・これはきっと、
グダグダ過ごそうとしている自分への警鐘か?

もうどうせ辞める会社だし、
後任がいないがばっかに、
僕の人生を決められても困る。

僕は転職活動などもあるので、
法律上最低限の14日前には退職届を出したし、
繁盛期も過ぎたので有給は31日までに全消化にしてくれ。
そう頼んだのに、却下された。



「霧丸は丸め込まれそうで困る」

ただ流れるだけの無駄な時間。

もう無駄な時間には、
オサラバしよう。

「本日はどうみても人多過ぎですので、自分、帰っていいですかね?」

そこから始まった店長との言い争い。

帰るなら解雇にする?

社保付きなんだから正社員と同じ仕事するのが普通?

は?

こんな暇な時に人数過多で、
あからさまに人余ってるのに?

だったらさっさと休んで、
28日からの就活に備えていた方がいい。

瑠璃が買ってくれた余所行きの服。
天気もいいし、
それをきて、どこか行こうか?

「霧丸を殺そうとした場所に、情けを掛ける意味はない。さっさと辞めちゃいな!!」

そう言ってくれた親、
そして、過去に正社員をやっていたとき、上司の不条理に抗って辞めた先輩。
今思うと、僕に似ていると言われたのも、うなづける。
当時の先輩と僕が同い年になった今、同じ辞め方しようとしている。
その先輩も、家族や趣味が大事という思いが強かったんだっけ?
今、僕の育った街の隣街で、家族と一緒に幸せに過ごしていることを祈る。

その先輩が辞める時、有給で色々教えてくれたりした。
その知識が、まさかお守りのようになるとは・・・



こんなことをした俺は最低?
そんなのどうでもよかった。

今までの不満、全部ぶつけて行ったら、

おやまぁ・・・

本音は、ただ善人ぶってるだけの屑だったんだから。
(しかも僕のこと、殴ろうとしてたし。
それを聞いたら、ただ箱を蹴ろうとしていたとかいったから、
それもパワハラだと行ったら、
藤沢だってパワハラしてたとか、藤沢意味がわからないこと言われた・・・)

化けの皮が剥がれたって感じ。

僕が従業員のある人に無理をさせていたこと、
打刻押してからのサビ残を強要させていたこと、
全部聞いたけど、

人を道具としてしか見てない本性が丸見えだった。


ついている摂津のきり丸のストラップをお守りがわりにして、
スマートフォンをボイスメモにして、一通り録音はしてある。
もし不当な扱い(解雇とか)になれば、戦えるだけの準備はしてある。

なんだかんだいって、
31日まで出勤させようとする気満々だったけど、
相手の本性がわかった以上、
此方も忍たまの綾部喜八郎になりきって、飄々として譲らなかった。

(綾部になりきるあまり、ガチで「おやまぁ・・・」と口にしてしまった)



だって、代わりを探すのが嫌っていう魂胆丸見え31日までいろって言うんだろ?
だったら8月全部休みでいいから、ロスタイムを減らした方がいい。

まぁ、なんかね、
前々から、変な気配は感じていたんだよ。
DQNとか老害とかの客が増えたという意味ではなく、
変なオーラを纏った常連が増えたという事。

いい客に見えて、
なんか変なものが憑いてる感がする親子とか・・・
店のオーラが歪んでいった感じがする。

世話になった学生たちにはラインのグループで、
簡単な挨拶と竹谷八左ヱ門のバイバイスタンプを添えて退会した。

両親に報告して、
4人の思念体も全員招集して説明した。

「なんでそんな乱暴なことを・・・」
と、瑠璃は呆れていた。

「綾部喜八郎のモノマネして戦ってやめた」
ということで、長女を中心とした面々からは、
当面の間、綾部という、あだ名をつけられた。
(綾部くん好きな人、ごめんなさい)

まぁ、長女たちが綾部綾部って言ってくれなかったら、
僕は今頃、調子乗ったとか後悔していたに違いない。

ただ、おかしな場所は本当にやめられてよかった。
ありがとう、思念体たち。
ありがとう・・・僕


28日からの就活、頑張らないと。
かうんたー


プロフィール

藤沢 霧丸

Author:藤沢 霧丸
一人暮らし系20代の生きる屍です。

まったりやってます

Twitter→@dancing_junk

Instagram→Instagram@kirimaru_fujisawa



≪同居人紹介≫
【人工精霊(主要)】
・相方(サファイア)AB型

・長女(アクアオーラ)B型

・瑠璃(ラピスラズリ)O型

・玻璃(水晶)?型

【サブ要員】
・姉御(ローズクォーツ)A型
※主役はあくまで⬆️4人とのことです。

【備考】
・廃墟帝國は相互リンク募集中のようだ!
・本名や見た目等詳細については思念体たちとの約束で非公開とさせていただいております。ご了承ください。

時計
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]

134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オカルト・ホラー
61位
アクセスランキングを見る>>
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: