2018-07-22 00:50 | カテゴリ:追憶
自分自身への虐待をしても意味がない。

だったら、嫌われてもいいから、
本音を語らせてください。

過去の僕や、
好きなアニメを聞かれたとき、
忍たま乱太郎って答える方に一言。

「忍たまは、国民からお金をもらってまで放送する番組ですか?」

忍たま乱太郎含めたNHKの番組は、
NHKが国民から貰った受信料で作られています。

正直言って、
今の忍たま乱太郎は、国民から貰ったお金で本当にやらなければならない番組か?と疑問を覚えています。

四方八方肘鉄砲を知ってる身としては、
OPもEDも、毎回ジャニーズである必要はないと思いますし、
(忍たまと同い年だからって山田涼介率いるHey!Say!7使うとか、今思えば片腹痛いです)

昔ほど死と隣り合わせのシビアな戦国時代を描いたではなく、
ただのキャラゲー要素が濃いこと、
なんかミュージカルの宣伝的なやり方がちょっと・・・って思ったことと、

(ミュージカルの新作はたいてい、9月10月に決まります。そのころに特別篇をやったり・・・
今期は厳禁などの山場も後半戦に持ち込み、
早めの再放送に入りましたね笑)

おふざけ的な同性愛的要素も多いし(差別はいけませんが・・・)
見てたら本当に必要なことかなって多々思うことがあります。

偉そうにこんなことをかく僕は元忍たまオタクです。

大好きでしたよ。忍たま乱太郎が。

そりゃ忍ミュにも何回か参加したし、
25周年のイベントにいって、恥ずかしながらも乱太郎たちのキグルミと一緒に写真撮影してきたこともありました。

だからこそ、
大好きな作品だけどトラウマもあったから、トラウマを癒して、楽しみたかった。
そんな思いで、長女を作りました。


でも、ある日僕がNHKに見られないBSまで徴収されていると知り、地上波にしてくれと頼むも聞き入れてもらえない横柄さに、怒って解約⇒、
テレビ封印となり、そこで忍たまも見られなくなりました。
(その代わりに始めた趣味が、ハムとか水槽なわけで・・・)

※ちなみに、NHK解約の際、テレビが壊れた、捨てたなどという理由で辞めるのはお勧めしません。
解約届を送ってこないパターンやリサイクル表を送ってこなきゃ認めないとか、
御丁寧にスタッフを派遣してまで直しに来るケースもあるそうです。
お勧めは、引っ越した、実家に帰った等・・・

今まで楽しみとしていたものが突然なくなってしまう。
その喪失感は、正直答えてます。

だからこそ、長女が言う通り
「忍たまロスで霧丸がおかしくなった」
ってのは強ち間違ってはいないんです。

土曜の9時だったら、
今日のアド街はどこかな♪なんてみんなで言ってたなーとか、
前だったら一緒にコナン見て酒飲んで、
明日もがんばろーwとかいってたなぁとか、

今までの当り前が、
そうではなくなったのです。

それに、長女はましてや、
忍たま乱太郎へのトラウマを克服するための
腐女子のように慰み者扱いしない、
都合がいい忍たま信者として生み出したも当然なので、

その忍たまがなくなってしまうのは、
長女のアイデンティティーを大きく削ぐものになってしまったのも否めません。

長女は僕がテレビを封じてからも、

「悪いのは勝手にBS契約させたNHKじゃん!!なんで霧丸が忍たま捨てなきゃいけないの?」

「MXのアニメやコナンだけでいいから見ようよ?」

と言ってくれたのは覚えてます。


でも、法律には、
民放がみられる=NHKもみられる=受信料を払え
となるので、ちょっとやっかいなことになりそうだったので、辞めました。
しかも、僕は解約者です。
それがばれたら、もう自己責任です。

「瓜田に履を納れず、李下に冠を正さず」

紛らわしいことや、
自分でリスクを上げる馬鹿な真似はしないほうがいいのですから。


それに、なんか複雑です。

NHKの集金人の実態を知ってから、
怪我させられた人、
キスされた人、
怖い思いをした人、
BS見られないのにBSまでぼったくられていた人、
無理矢理契約させられた人・・・

そんな見てない人たちから奪ったお金で、
忍たま乱太郎は成り立っている・・・

そう思うと、心が痛いです。


だからこそ、
NHKの不祥事をいろんな人に知ってほしいし、
ネトウヨじゃないけど、
「不買」という方法もありなんだなって思うようになりました。

(今でも我が家には、かなりの頻度でNHKと思わしき客が昼夜問わず来ます)

忍たまの世界観が好きなら、
朝日新聞社から出ている原作本の、
落第忍者乱太郎をきちんと定価で買ってあげれば、
作者様にもお金が行きます。

世の中、素晴らしいアニメや漫画はたくさんあります。
趣味だって色々やろうと思うばできます。

趣味に上手下手なんて正直ありませんから、
好きにやればいいんです。


そうして、僕は忍たまへの未練を解放しました。
足を洗うんじゃない。見られないのは仕方ないんだ。
いつか見られるようにすればいいんだ。と。

世の中、もっと楽しいこと、
面白いこと、
たくさんあるんだよ?

だから、やってみよう!

って。



だからこそ、長女はそれをサポートしてくれるよう、
お願いしました。

今は僕も、
今の趣味がうまくいくか正直不安です。

趣味のためにはお金も必要です。

そういうこと含めて、不安をぬぐってほしい。と。


そこで長女と約束したのは、
事情で見られなくなっても長女は忍たまが好きなのは変わりないから、
他人の趣味を否定しないって事。

それが唯一の条件で、了承してくれました。


変わることは怖くない。
そう言い聞かせて、
また明日から頑張っていこう。
2018-07-21 18:33 | カテゴリ:精霊の事
先日、ツイッターやブログにおいて、
問題がある投稿をしてしまった件についてです。

僕は、自分をモデルにした架空の忍たまオタクを作り上げ、
精神的、肉体的に虐待をしてしまいました。

その件についてですが、
いくらモデルが憎い自分とはいえ、
公共の電波で虐待の様子を垂れ流す、
そんなひどいことをしてしまいました。

不快な思いをさせてしまって、
申し訳ございませんでした。



結果として、
長男はぶち切れ、
長女は家出、
三男様はパニックを起こし、
僕は以前より深い絶望を感じるようになりました。

自分の劣等感を具現化し、
それを虐待することで、
自分から劣等感を殺せるのではないかと思ってしまいました。

過去にいじめられてもなお、
NHKに受信料詐欺をされてもなお、
忍たま乱太郎のミュージカルに参加したりする自分が嫌で嫌で、
自分で自分に罰を与えたかった。

虐待した僕のコピーは

「私だけで済んでよかった・・・このままでいったら、
貴方は、本当に関係ない忍たまファンを○してしまうことになるよ・・・
二度とこんなことしちゃだめだよ・・・勿論、現実の自分にも、ほかの子にも・・・」

って微笑んで僕を抱いてくれた。

「辛かったね…もういいんだよ…」

・・・?
意味が分かりませんでした。

僕は虐待目的で彼女を生み、
非道の限りをしてきてしまいました。

だから、僕は恨まれて当然だし、
悪霊化しても仕方ないと思っていました。

生あるものを傷つけたら、
必ずそれ相応の報いが返ってくる。

因果応報。
自業自得。

なのに、彼女は笑っている。

「今やりたいことを失敗してでも一生懸命やればいい。
そしたら、劣等感もいつか、消えていくよ・・・」

っていって、微笑んでいました。

本当に、自分が愚かだったと思います・・・

ごめんなさい・・・
2018-07-19 15:34 | カテゴリ:追憶
今から2年前だったか。
僕が初めて「霊臭」とやらを嗅いだのは・・・

僕が依然、アルバイトとして勤めていた会社でのこと。
とんでもない新人が来た。

そいつは俗にいう「メンヘラ」だった。

僕より一つ年上のフリーターの女で、
付き合っていた彼氏がいたらしい。

そのメンヘラは、
とても体が弱く、
しょっちゅう体調を崩しては、休むことが多かった。
(しかも休んでも翌日の謝罪なし)

最初は土日も入れるという事だったのだが、
いきなり、嫌な人がいるしだるいからという理由で土日は突然すべてキャンセルになったりした。

周囲も、彼女を叱るわけでもなく、
彼女が休んだ尻ぬぐいは、
僕に回ってきたわけで・・・

(一度、彼女のしりぬぐいをした際、事情を聞かされた彼女が誤ってきたこともあったが、
「悪かったね!」っていった感じで、謝罪というより、なんで病気で休んだのに年下に謝る必要があるの!って感じの謝り方だった)

散々周囲を引っ掻き回した挙句の果てに、彼女は突然
「明日から彼氏と関西に旅行にいくからしばらく休みます」
といって突然休みだした。

(当然、僕はしりぬぐいは絶対にしない!と宣言したので、僕に尻拭いが回ってくることはなかったが・・・)

というのは、メンヘラさんは、
彼氏とラブラブを皆に公言している時は元気になるタイプだった。


そしてメンヘラが帰ってきた時、
僕はキレそうになるを抑え、
あいさつもせずにいたのだけど、
大好きな彼氏との旅行から帰ってきたメンヘラは、どことなく暗かった。

他のパートさんが無視したってわけではなさそうだ。
(まぁ、パートさんたちも怒っても無理はないとは思うけど)
ただ、入ってきたときより暗くて、正気がなくて、
なんか重たい感じがした。

その数日後、彼女は辞めた。

うつ病が酷くなったから。といって。

身内に双極性障害で苦しんでいる、真面目な人がいる身としては、
「あ?てめぇごときが鬱?ふざけんな!!○ね!!」だったけど・・・

後日聞いた話だと、
彼女は旅行中だか後に、生理痛に襲われ、苦しんでいたが彼氏に
「あ、お疲れwじゃあねw」ばりの勢いで捨てられ、4時間近くその場で苦しんでいたらしい。

言っちゃ悪いけど、身体目的だったんじゃないかと思う。
生理=Sexできないし、メンヘラは心の飢餓を癒すために、
股を開く事なんてザラにあるし。
(下品な発言でごめんなさい)

その数日後、
手続きのために職場に来ていたメンヘラ女とすれ違って、
チーフの場所を聞かれたとき、彼女から、物凄く不快なにおいを感じたのだ。

芳香剤や香水臭いのではない。

口が臭いわけでもない。

風呂に入っていなくて身体が汗や垢で汚れている臭いではない。

ペット系の生き物の臭いでもない。




一言で言えば、

全身から発生している、
死や負や穢れを纏った臭い。

溝のような、下水のような、
不快なにおいだった。


そして、彼女から感じた、
ずーんと重たい空気・・・

うつ病とかとはまた違った暗さ、重さ・・・


今思えば、彼女は、彼氏依存症だった故に、
彼氏という大きな穴が開いてしまった為に、そこを突かれたのではないか・・・と思われる。

違法や害をなすものでないなら何かに依存するのは構わない。
酒もたばこも、節度を守ればいい。

でも、依存していたものがなくなった時、
それは霊的には隙になるという事も理解しなければならない。

依存症は、まず、自分が依存症だと認め、
向き合う事が大事と言われている。


そんな事を書く僕も、認めたくはないケド、
実は重度の忍たま乱太郎依存症だと薄々感づいてはいる。
彼氏依存とか馬鹿じゃないのwwwとか思ってたけど、
忍たま見られなくなってっから、イライラしたりしているのが最近はわかっている。

周囲曰く「藤沢さんは、感情をすぐに無意識に表に出すタイプだから、何かあったとかわかりやすいから」

でも、相談できるわけねーだろ!!


つーか、認めたくない。
自分がそんな恥ずかしい物に依存していたなんて。

相談しても笑われるのが目に見えてるし、
ヤダヤダ…

依存症…

しかもあんなポプテピピックもドン引きなクソアニメの…

最悪…

リアルで忍たま乱太郎信者だっていう行為は
京浜東北線に飛び込むくらい恥ずかしい事だと思ってる。
2018-07-17 23:12 | カテゴリ:長女
長女は僕が水槽を置いたことについて、
納得がいってないようだ。

「霧丸が水槽を置いたのは、臭いものにふたをしているのと同じに見えるわー」
らしい。

長女は僕がテレビを封じたのは、
自分が過去に抱いた劣等感(トラウマ)から忍たまを封じて、
水槽に逃げたと思ったらしい。

実際、長女は

『僕が忍たま乱太郎へのトラウマを克服するための、
腐女子のような忍たまを慰み物扱いしない、
言ってしまえば自分にとって都合がいい忍たま信者』

として生み出された存在であったので、
今、N○Kを解約し、テレビも封じ、その跡地に水槽を置いたことは、
彼女にとっては、

「僕が忍たま乱太郎を捨てて違うことに逃げ、忍たまを自然に記憶から消すの?」

だとか

「自分はもう要らないんじゃないか?」

とか思ったのだろう。



まぁ、実際、
フリーターの現状を知って、
「三度の飯より忍たま乱太郎!」とか下らないこと言って、
忍ミュとかに行ってる暇があったら運転免許を取ってればよかった。とか、

「忍たま乱太郎が好きってバレたから変人扱いされた、苛められた」
とか、思うこともあって、それこそ声に出さなかったけど、長女にはいろいろばれていたらしい。

本当に、当時の興味を、
忍たまではなく、ほかの、もっと有意義なことに向けていたら、
履歴書に運転免許有とかけたりしたのだろう・・・

長女が言うには

「あたしは霧丸の過去に何があっても、山田利吉が好きなの!
だから忍たまの悪口は、聞きたくない!!貶さないで!」

「魚とかは男三人が好きだから、
彼らと一緒に愉しめば?」

といって、籠り続けている。


確かにそうだ。
僕が水槽を始めたのは、
人に笑われないような趣味が持ちたかったという、
コンプレックスの裏返しでもあった。

忍たま好きだったら笑われたりドン引きされたりするけど、
水槽だったら、笑う人はあまりいないはず・・・

大丈夫、自分は変人ではない。

笑われない・・・

けなされない・・・

「完璧で完全な人間」でいたかった。


僕はネットで見逃し配信されている名探偵コナンを見せ、
こんな感じで、民放だったらアニメやドラマを観れることを説明し、
僕は忍たまを嫌いになったわけではないことと、
9月の学園祭は応募する意向を説明した。

それでも、長女はまだ半信半疑って感じだ。
「どうせ、閉所恐怖症だとか、仕事に迷惑かかるとか理由をつけて、逃げる気なんでしょ?」
って感じで。



確かに、一般的に好きなアニメを聞かれて「忍たま乱太郎」と答えれば、
ドン引きされるのは事実だ。

一般的には「え?子供向けアニメだよね?」って思われて終わりだろう・・・
かといって、腐女子とかファッション系のオタクでもない。

じゃあどうしたらいいか。


・・・!

そうか・・・そういうことか・・・

人工精霊と僕の忍たま乱太郎への考え方は同じなんだ・・・!

「僕は自分から、人工精霊をやっているとリアルで言うか?」
と言われたら、答えはNOである。

こんなこと言ってしまうのはあれだけど、人工精霊やタルパは、
自ら人に話すものではないし、話したところで、変な人扱いされるのと同じだし、
病人扱いされるのは、目に見えている。

自分で霊感あるという人が、変な人が多いのと同じで、
堂々と好きなアニメを聞かれて忍たま乱太郎と答えるような人とは関わらなければいい。

実際、N〇Kに騙されたので解約した人間としては、
好きなアニメを忍たま乱太郎と堂々という人を観ると、
「うわー、N〇Kやジャ〇ーズに踊らされてるって気づいてるのかなぁ」
なんて軽蔑と憐れみを含んだネトウヨ的な目で見る事も。。。

(その代り、たとえば高山みなみさんといったら?と言われたら、コナンとか、
田中真弓さんは?といわれたらone-pieceのルフィ等と答えられるようにする必要がある。。
まぁそれはそれで、声優さんやアニメへの知識が広がることにもなって一石二鳥だけど笑)

第一、真性なら黙っていて、自分の中で楽しんでいる。そう思えばいい。

いいんだよ。

人工精霊も忍たま乱太郎もぼっち宗教で
人に迷惑かけないで、僕一人が楽しんでいれば。



職場は遊びの場ではないから、
仕事は仕事で割り切ればいいし、
人がどんな趣味、どんな宗教を信仰してても関係ないし、
それで万が一露見して、
笑ったりするやつがいればパワハラになるし、
逆に笑い返してやればいい。

そりゃ、シフト申請せずに突然前日になって
「明日、忍ミュだから休みます!」とか言ったら問題だけど、
きちんと忙しい時を避けてシフト申請をするなど、
人に迷惑かけなければいいし、人に笑われないような行動を普段から心がけていればいい。

水槽にしても、
正直やってよかったと思ってる。

忍たまに興味がなかった、次男や長男、
潮江文次郎というキャラが好きってだけで熱心なファンではなかった三男との話題が増えた。

あと、早寝早起きは魚にも生活リズムをつけるうえで大切だと物理的にわかったし、


いつかは、水槽の背景に廃墟の写真を張って、
墓の模型とか壊れた樽のオブジェとかいろいろ入れて、
プチ水中廃墟を作りたいなーとか思ってる。

(廃墟って実際に行くのは危ないから嫌だけど、
通りかかったり、写真とかで見る分には、ものすごく楽しい)


やっぱり世の中、
卑下することは良くないけど、
言わない方がいい事もある。

で、やっぱり、
普通の趣味を持つっていいね。
2018-07-14 01:05 | カテゴリ:追憶
N○Kは本当に悪質だ。

5年前、一人暮らしを始めて間もなかった僕の家に、
午後10時過ぎに電波調査と称して押しかけ、
一方的に契約を迫った。
突然、高額な金額を見せられた僕は、
ちょっと考えさせてくれといっても義務だからなんだといわれ、
クレジットカードを使ってその場で契約させられた。

しかも僕のマンションにはBSのアンテナがあるからといって、
僕の家では設備不足で見られないBS代まで要求された。

当時の僕は無知だったので、
テレビがあるからN○Kと契約しないと!といって、
いわれるままに契約してしまった。

当時は、忍たま乱太郎も見ておらず、
テレビは両親が引っ越しの際に勝手においていった物で、
民放を暇なときにチラチラ見るしかなかったのに・・・


でも僕は3年前、
忍たま乱太郎に再会し、どハマりしてしまったため、
高いDVD代だとか、忍たまへのチップと思ってあきらめていた。
(というか、BS代まで徴収されていると気が付かないでいたし)

そして去年の冬。
僕が見られないBS代まで徴収されていたことを知り、
ネットやTwitterでN○Kの醜態の各々を知り、
僕と同じように無知をダシにして契約させられた方や、
集金人のせいで怪我をしたり等と酷い目に合った人や、
消費者センターに寄せられたN○Kへの相談(外部リンクへ)などの現状を見て、
解約を決意。とある方法で解約した。

酷いケースになると、
女性が集金人に無理矢理キスされたり
N○Kの記者に強姦されたりといったケースもあるので、
女性は特に注意が必要だ。

解約した後も僕は、
テレビを撤去しないで民放をみていた。
リアタイじゃなくて録画なら・・・といって、忍たまも見ていた。

N○Kが来てもばれなきゃいいと、思っていたけど、
もしばれた際のリスクは大きいことと、
僕の家は新しい世帯として、
集金人がしつこく押し寄せている事を目の当たりにし、
テレビを封印することにした。

もしも何かあった場合、
テレビを見ていたという罪悪感で、
N○Kに負けてしまっては意味がないと思ったから。

再度言うが、
N○Kのやっていることは本当に悪質だ。
見る、見ない関係なしに料金を徴収し、
使わない人間であっても平気でオプション料金まで上乗せで払わせるのだから。

電車で例えよう。
例えば、大宮から宇都宮まで帰るAさんがいる。
お金を払うのが嫌なら、大宮から宇都宮まで歩くなり自転車で行き来すれば、代金はかからないが、
そんなことできないので、大宮駅からJRにお金を払って東北線の普通車に乗った。
座れなくっても困らないから普通車でもいい。その分安く帰れるし(笑)←わかる

同じく大宮から宇都宮まで帰るBさんがいる。
彼も同じくJRにお金を払って東北線に乗った。
でも彼は大宮から宇都宮まで2時間近くたっているのは辛かったから確実に座りたい為に、
追加オプションとして追加料金を払ってグリーン車に乗り、快適に宇都宮まで帰った。←わかる。

しかし、N○Kはそうはいかない。
嫌ならN○K見なくてもいいけどテレビがあるなら金払え。
BS見られなくってもマンションにアンテナがあるならBS代まで払えというのは、
↑の例の大宮から宇都宮まで帰る人全員に対して、

「大宮から宇都宮まで立って帰るの大変だから、勝手にグリーン券付けたから!
その分料金いただきますよ!
あ、使わなくても座れなくてもグリーン券代はいただくから!」

と言ってるのと同じくらい横暴である。
(因みに、グリーン券はグリーン車が満席等で座れなかった場合、返金保障的なのがあるそうだ)

・・・という、どうでもいい話が多くなったが、
解約した当初は、
「忍たま乱太郎なんて見てなかったらもっと早くN○Kを解約できた」とか、

「忍たま乱太郎の信者は僕含めて、N○Kに騙されていることを知らない頭が弱い人だらけだ!」とか、
思いこむことが多かった。

僕自身、ものすごい罪悪感と嫌悪感に苛まれ、
忍たま乱太郎のグッズもすべて処分し、
記憶からすべてを消そうとした。

忍たま乱太郎に費やした金や時間を集めたら、
一体どんだけ自分は良い方向へ進めただろうとさえ思えた。

運転免許だってとれたはずだし、
もっと人から笑われないような、
高貴な趣味だって持てたはずだ。

自分、

忍たま乱太郎、

N○Kを解約する時に相談に乗ってくれた両親、

他の忍たま乱太郎のファン・・・

皆がみんな敵に見えて、
辛かった。

どんどん自分がやんでいるのを感じた。

そんな時、僕を励ましてくれたのが、
僕の精霊たちだった。

長女は
「家で忍たまが見られなくなっても、あたしが利吉さんが好きなことは変わらないし、
今度はあたしを忍ミュに連れていってほしいなぁ~」
って言ってくれたし、

三男と長男は、N○Kへの怒りを露わにした後、
「悪いのはそんなことをするN○Kであって、
乱太郎君や忍たま乱太郎という作品には罪がないんだから、
そんな理由だったら忍たままで嫌いにならないでありのままの僕でいてほしい」
といってくれて、

姉御もまた
「その‘忍たま‘と再会して嫌なことだらけじゃなかったんでしょ?
楽しい思い出だってあってよ?」
って言ってくれた。

そして次男が言ったことが、
「お前、BSまで契約させられてるってわかったとき、なんで消費者センターに相談しなかったんだ?
見られないのにBS代まで取られてたんだったら一相談しにいったり、地上波契約だけにしてもらえばよかっただろ。
それで駄目なら仕方ないけど、お前はそれを怠り、一方的に突っ走って解約したんだろ?
だったら見られないのは仕方ないだろ。厄介ごとになる前にテレビは封印した方がいい。

コナンとか民放の番組だったら一週間以内なら無料配信してるところもあるからチェックしてみるといい。

ただ、ほかの奴が言う通り、忍たま乱太郎っていう作品に罪はないから、
俺は忍たまから足を洗えとは言わない。

でも、折角だったら、テレビの跡地を使って、なんかもっと堂々と人に言えるようなことしてみたら?
忍たま乱太郎が好きって言ったら笑われたり、ドン引きされたりしたけど、そんなことがないような趣味を見つけてみない?」

と。

そこで始めたのが、水槽・・・という訳だ。

アクアセラピーという言葉がある通り、水の音を聞くと確かに落ち着くし、
水槽で泳ぐ魚を見ていると、心が癒される。

それに、生体故に自分の生活がだらしなくなっているかなどが表れやすいし、
水槽の掃除などで休みの日なども充実した日々を送れるようになり、
魚も夜遅くまで起きているのはストレスになるからといって、過度の夜更かしをするのを控えるようになった。

確かにテレビが見られないのは辛いけど、
忍たま乱太郎へのトラウマが酷くなることなく、
忍たまから足を洗わないで、自分の思いを大事にするという決断ができたのは、
彼らのおかげだ。

(忍たま26期が再開される前に実家に僕の家のテレビを持ち帰って録画にしとこうか検討中…
流石に、実家に元からある両親の外付けHDDを週五日、忍たま乱太郎で埋めるという暴挙、
僕には無理だ…orz)

無音が耐えられないならラジヲを導入するなど、検討しているので、
次の休みに都内やさいたま新都心のヨドバシにでもいってみようかなって思ってる。
(radikoはいいけど、時報の音が流れないのは寂しいなぁ・・・)

ラジヲってやっぱいいよね笑